政治家・松田学氏のホームページの評価と最新情報


  目次
松田学氏のホームページの最新書き込み、最新情報
松田学氏のプロフィール
松田学氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


松田学氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党維新
選挙区南関東
議員以前の職大蔵省
ホームページhttp://matsudamanabu.jp/



松田学氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 松田学氏のホームページは、ただいま調査中です。

松田学氏のホームページの最新書き込み、最新情報


松田学氏のツイート
【新着動画】 #中川コージ #戦略論的考察 #監視社会 特番『紅い方程式発動!中国では既に収束したのか?月刊戦略論的中国最新情報3月号』ゲスト:戦略科学者 中川コージ氏  2020/03/28 14:07:09
@kozijp ご紹介ありがとうございます。サムネ修正いたします。中の人より 2020/03/28 14:05:33
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル スウィングバイ株式会社 代表取締役社長/ 元アクセンチュア代表取締役/ 海野塾 塾長 海野恵一氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #海野恵一 #海野塾  2020/03/25 16:40:46
【新着動画】 特番『”子ども目線”の子育て支援を。家族、女性の社会進出、LGBT支援』ゲスト:自民党衆議院議員 杉田水脈氏 #杉田水脈 #自民党 #真の保守政党  2020/03/24 11:43:15
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 戦略科学者 中川コージ氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #中川コージ #戦略科学者  2020/03/23 16:57:28
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 株式会社アゴラ研究所 代表取締役所長 池田信夫氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #池田信夫 #アゴラ  2020/03/23 13:22:40
政府暗号通貨「松田プラン」第2回~国の借金をお金に変える政府暗号通貨「松田プラン」の概要  2020/03/22 19:58:07
松田まなぶ 公式ブログを更新しました。 『政府暗号通貨「松田プラン」第2回~国の借金をお金に変える政府暗号通貨「松田プラン」の概要』  2020/03/22 00:15:13
【新着動画】 #小名木善行 #ねずさん #国史 特番『日本の疫病対策は2500年前から。”和”の国ニッポンの文化と協働型コモンズ』ゲスト:国史啓蒙家 小名木善行氏  2020/03/21 21:10:04

当人のホームページの更新内容 
[財政と金融の究極の一手、政府暗号通貨「松田プラン」第2回]日本の財政は先進国最悪とされる。
2020年度末で、将来、税金で返さなければならない国の借金である普通国債の発行残高は900兆円を超えることになる。
国債は60年かけて返すのが日本のルールである。
子どもや孫たちの負担は大変ではないか、と、心配される方も多いであろう。
しかし、そのすべてを税金で返さなくても済む方法がある。
国債をお金に変えてしまうことで、現状でも、国の借金の半分以上を消してしまうことができないわけではない。
しかも、そのお金で、いまよりもっと便利な世の中が実現する。
そんなマジックがあるものか?何かまやかしがあるのではないか?と思われるかもしれない。
しかし、情報技術の進歩は、いままで考えられなかったことをどんどん実現していく。
そこから新しい発想が生まれる。
「仮想通貨」の基盤となっているブロックチェーンを活用して「法定通貨」を発行すればどう

 いまや世界的な広がりをみせている新型コロナウィルス。
安倍総理が2月末に全校一斉休校などの自粛要請を発し、3月14日には二度目の会見を行いましたが、日本でも着地点がまったく見通せない状況が続いています。
この新型肺炎問題について松田政策研究所チャンネルでも各界有識者による発信を続けていますが、今回は、6人の論者との対談をご紹介した<その1>に続く<その2>として、4人の論者との対談をご紹介します。
最初にご紹介する河添恵子氏のご発言は、この感染症で中国では何が起こっているのか、いまから少し前の状況ではありますが、生々しい実態を報告しています。
そのほかの3氏は、主として、日本政府の措置を中心に論じています。
八幡和郎氏は、経済とのバランスとの重要性を指摘、新田哲史氏は、安倍総理のリスクコミュニケーションについて論じ、渡邉哲也氏は、政府に代わって?今回のウィルスにどう向き合うべきか、国民にわかりやすい

[財政と金融の究極の一手、政府暗号通貨「松田プラン」第1回] 最近、新聞などでも「デジタル人民元」という言葉がしばしば登場するようになった。
仮想通貨(暗号資産)は「仮想」という名のとおり、私たちが日常、使っている本物の通貨、つまり、国が法律によって通用力を与えている「法定通貨」とは異なるお金だという前提が、暗黙のうちにあった。
ところが、中国はこの仮想通貨の技術基盤であるブロックチェーンを使って、デジタル人民元と呼ばれる法定通貨を、早ければ今年2020年のうちにも発行するのではないかと言われている。
暗号通貨の世界にもいよいよ、法定通貨が本格的に誕生するのか…。
かたや昨年2019年にはフェイスブックがリブラ(Libra)を提起し、これも現実に発行されるのかどうか、各国の通貨当局がいま、その規制の枠組みについて議論している。
欧州はじめ各国の中央銀行も、デジタル法定通貨の検討を本格化させている。
こうした暗号通貨での大きな

 最近では危機管理の議論はもっぱら新型肺炎に集中していますが、そもそも日本は軍事面での危機管理は大丈夫なのか。
実は、日本が今回の事態に的確に対処できていない背景として、感染症のような事態にもいざとなれば軍が対応するのが各国の通例で、軍事の仕組みも発想も乏しい日本政府の手に負えない面があるという指摘もあります。
リアリズムを標榜する松田政策研究所では、防衛・安全保障というテーマについても繰り返し発信を続けています。
すでに、(その1)で、この分野の専門家である4人の方々との対談をご紹介しましたが、その後、昨年末から今年にかけて、5人の方々と対談いたしました。
(その1)については、こちらからご覧いただけます↓https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12545870667.html今回、登場するのは、現職の政治家として、いずれもテレビなどのメディアでもお馴染みの自民党の国会議員である、佐藤正久(元外務副大臣)と松川るい参議院議員に、政府与党

 このところ毎日、ニュースのトップは新型肺炎。
松田政策研究所チャンネルでは、この新型コロナウイルスをめぐり、多角的な観点から、各界さまざまな論客たちとの対談を次々と配信しています。
そもそもこの感染症の特徴は何であり、どのような対策が必要なのかについては、パンデミックに詳しい藤和彦・経済産業研究所上席研究員や、テレビでも頻繁に解説をしている医師の上昌広先生に語ってもらいました。
発生地の中国の状況については、評論家の宮崎正弘氏が衝撃的な中国崩壊を予測しています。
習近平政権は今般の事態にどう対応し、何をめざしているのか、戦略科学者の中川コージ氏が意外な側面を指摘。
日本の対応のあり方については、危機管理の観点や国際社会との関係で極めて問題が多く、著作家の宇山卓栄氏と情報戦略アナリストの山岡鉄秀氏が鋭い問題提起をしています。
 以下、上記を配信の時間順に6本の対談動画をご紹介いたします。
●< 対談>

 世界全体を見渡すと、今年は新たな国際秩序の形成に向けて「世界の景色が変わり始める年」になりそうです。
では、日本は何を軸にして激動する世界情勢のなかで外交戦略を打ち立てていくべきなのか。
国際情勢といえば、松田政策研究所でも最近は韓国や中国に焦点を当てた発信が続きましたが、世界一のスーパーパワーである米国は今年は大統領選の年、ロシアについても、安倍政権が在任中にどこまで北方領土問題に答えを出せるのかが気になります。
他方で、今年に入って英国はEUをついに離脱、これが国際秩序と日本の選択にも大きな影響を与えることになります。
さらに、不安が増すのが国際金融情勢。
ここでは以下、外交問題では日本を代表する有識者である加瀬英明氏による全体観をご紹介し、外交戦略を考える上で不可欠な地政学の観点からは茂木誠氏との対談を、そして大統領選については米国の政治情勢に詳しい渡瀬裕哉氏による分析を、ロシアについては

 米中新冷戦による分断に加え、世界のデカップリングの要因がまた一つ…。
こちらの分断はヒトの移動の阻止とか隔離ですが…。
横浜港では、たまたま大型クルーズ船の乗客として人生を楽しんでいただけの人々が長い監禁状態に。
いつ自分が村八分に遭うかわからない不安が多くの国民を襲っているのではないでしょうか。
武漢で極秘の細菌兵器開発に関わっている疑いのある研究所からウィルスが漏れたとの記事が、トランプが朝起きて読む新聞とされるワシントンタイムズに掲載されるなど、真偽不明の色々な噂が飛び交ってきましたが、今般の新型コロナウィルスが未曽有のパンデミックになる可能性が高いのは事実のようです。
●今回のウィルスがなぜ脅威なのか 疫病の世界的流行が起きるのは、ウィルスの保持者が動きながらまき散らすからであり、今回のウィルスのように致死率が数%と低い場合です。
特に、新型コロナは子どもが感染しても発症せず、元気に動き回

 ゴーン国外逃亡と、その後のレバノンでの記者会見をめぐって、日本の司法制度や国としての信用に関わる論点まで、国際社会からも議論百出です。
今回は、この問題をどう考えるべきか、私からの問題提起に加え、ゴーン被告をめぐって提起されているさまざまな議論について、年明けから松田政策研究所チャンネルで何人かの有識者の方々に発信していただいた動画をご紹介します。
 国外逃亡に関しての日本の国境でのチェック体制については、すでに本ブログの次の議事で発信しておりますので、ご参照ください。
https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12566563583.html Ⅰ.松田学からの問題提起さて、レバノンで行われたゴーン氏の記者会見、期待?に反して抽象的、感情的で内容空疎なものでした。
映画化も予定されているこのサスペンス物語は今後も展開が続くでしょうが、私たち日本人として考えるべき論点がたくさん提起されているように思います。
●国際世論戦へと舞台は移った

 正月から最も人気のあったテレビ番組といえば、カルロス・ゴーン主演のサスペンス劇場?だったかもしれません。
私もテレビの取材で、探偵ポアロの如く、国外脱出の手口の推論?をする羽目となりました。
  1月4日にテレビ局から電話が入り、5日に六本木のテレビ朝日で収録。
今回も「元成田税関支署長」の肩書で、今度は朝のワイドショー番組「羽鳥慎一のモーニングショー」。
1月6日に放映されました。
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
 では、なぜ脱出できたのか?日本の国境でのチェック体制は?当初は楽器を入れた木箱とされましたが、私のようにオーケストラをしている者は、コントラバスを運搬時に入れる大きな木箱を「棺桶」と称しています。
ゴーン被告はよくぞ棺桶入りにならなかったものだ…それがどうも、音響機器を入れる四角い箱だったということになり、2つの箱を持ち込み、一方を開けて見せたとの情報も。
「もう一方の箱ま

 雑誌の世界では新春号の時期ですが、2誌の1月号に、私、松田学の政策論が掲載されています。
Ⅰ.「先見経済」誌 本年1月号、巻頭の特集「2020年に問われる日本の選択~世界の新潮流と『日本新秩序』~」…日本が令和の新時代を迎えた昨年に続く今年は、令和時代の「新しい国づくり」の中身がいよいよ問われる年になる。
では、令和時代に日本はどんな国をめざすのか、若干の素描を試みてみたい。
…以下、小見出しです。
●世界の潮流の大転換とブロックチェーン革命●いまこそ政府暗号通貨「松田プラン」と「みらいのお金」を●朝鮮半島情勢と中国に日本はどう向き合うか●サイバー時代の安全保障と憲法改正●分断される世界をつなぐ「日本新秩序」を 私が寄稿した文章をそのまま後掲します。
Ⅱ.THEMIS(月刊テーミス)創刊28年新年号「政府暗号通貨(松田プラン)」 私がかねてから提唱してきた「松田プラン」も、中国によるデジタル人民元発行が現



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部