政治家・松田学氏のホームページの評価と最新情報


  目次
松田学氏のホームページの最新書き込み、最新情報
松田学氏のプロフィール
松田学氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


松田学氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党維新
選挙区南関東
議員以前の職大蔵省
ホームページhttp://matsudamanabu.jp/



松田学氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 松田学氏のホームページは、ただいま調査中です。

松田学氏のホームページの最新書き込み、最新情報


松田学氏のツイート
【近日公開】対談!河添恵子×松田学 COVID-19の本当の恐ろしさとは・・中国共産党は果たして持つのか!?河添先生に訊きます!  2020/02/19 22:45:29
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 戦略科学者 中川コージ氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #中川コージ  2020/02/18 16:59:22
【新着動画】 #小松正之 #公共事業 #哲学 特番『小松&生田&松田 鼎談第2弾 日本の公共事業に物申す! 今こそ”哲学”を取り戻せ!』ゲスト:生態系総合研究所代表理事 小松正之氏&魚河岸仲卸3代目生田よしかつ氏  2020/02/16 17:18:46
【松田政策研究所CHより御礼】 お陰様でチャンネル登録者数4万件達成しました。これも番組をご覧頂いている皆様のおかげでございます。当Chは開設当初より”リアリズム”に基く情報発信とそれに伴う政策形成・提言を基本として活動して参り…  2020/02/15 12:17:07
【新着動画】 #新型コロナウイルス #上昌弘 #感染症 特番『上昌弘先生に訊く!医学的見地から見る新型コロナウイルスの現状』ゲスト:医療ガバナンス研究所 上昌弘氏  2020/02/14 10:59:01
松田まなぶ 公式ブログを更新しました。 『動画ろんだん@松田政策研究所⑯~(特集)国際情勢と日本の外交戦略~』  2020/02/14 01:02:27
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 医学博士 医療ガバナンス研究所 理事長 上昌広氏 収録中! #松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #医療ガバナンス研究所 #上昌広  2020/02/13 15:14:31
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 東京財団政策研究所上席研究員 農学博士 小松正之氏 & 魚河岸仲卸三代目 生田よしかつ氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #小松正之 #生田よしかつ  2020/02/13 13:37:24
対談シリーズ@松田政策研究所動画チャンネル 著作家 宇山卓栄氏 収録中!#松田政策研究所 #松田政策研究所動画チャンネル #松田学 #宇山卓栄  2020/02/12 14:14:39

当人のホームページの更新内容 
 世界全体を見渡すと、今年は新たな国際秩序の形成に向けて「世界の景色が変わり始める年」になりそうです。
では、日本は何を軸にして激動する世界情勢のなかで外交戦略を打ち立てていくべきなのか。
国際情勢といえば、松田政策研究所でも最近は韓国や中国に焦点を当てた発信が続きましたが、世界一のスーパーパワーである米国は今年は大統領選の年、ロシアについても、安倍政権が在任中にどこまで北方領土問題に答えを出せるのかが気になります。
他方で、今年に入って英国はEUをついに離脱、これが国際秩序と日本の選択にも大きな影響を与えることになります。
さらに、不安が増すのが国際金融情勢。
ここでは以下、外交問題では日本を代表する有識者である加瀬英明氏による全体観をご紹介し、外交戦略を考える上で不可欠な地政学の観点からは茂木誠氏との対談を、そして大統領選については米国の政治情勢に詳しい渡瀬裕哉氏による分析を、ロシアについては

 米中新冷戦による分断に加え、世界のデカップリングの要因がまた一つ…。
こちらの分断はヒトの移動の阻止とか隔離ですが…。
横浜港では、たまたま大型クルーズ船の乗客として人生を楽しんでいただけの人々が長い監禁状態に。
いつ自分が村八分に遭うかわからない不安が多くの国民を襲っているのではないでしょうか。
武漢で極秘の細菌兵器開発に関わっている疑いのある研究所からウィルスが漏れたとの記事が、トランプが朝起きて読む新聞とされるワシントンタイムズに掲載されるなど、真偽不明の色々な噂が飛び交ってきましたが、今般の新型コロナウィルスが未曽有のパンデミックになる可能性が高いのは事実のようです。
●今回のウィルスがなぜ脅威なのか 疫病の世界的流行が起きるのは、ウィルスの保持者が動きながらまき散らすからであり、今回のウィルスのように致死率が数%と低い場合です。
特に、新型コロナは子どもが感染しても発症せず、元気に動き回

 ゴーン国外逃亡と、その後のレバノンでの記者会見をめぐって、日本の司法制度や国としての信用に関わる論点まで、国際社会からも議論百出です。
今回は、この問題をどう考えるべきか、私からの問題提起に加え、ゴーン被告をめぐって提起されているさまざまな議論について、年明けから松田政策研究所チャンネルで何人かの有識者の方々に発信していただいた動画をご紹介します。
 国外逃亡に関しての日本の国境でのチェック体制については、すでに本ブログの次の議事で発信しておりますので、ご参照ください。
https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12566563583.html Ⅰ.松田学からの問題提起さて、レバノンで行われたゴーン氏の記者会見、期待?に反して抽象的、感情的で内容空疎なものでした。
映画化も予定されているこのサスペンス物語は今後も展開が続くでしょうが、私たち日本人として考えるべき論点がたくさん提起されているように思います。
●国際世論戦へと舞台は移った

 正月から最も人気のあったテレビ番組といえば、カルロス・ゴーン主演のサスペンス劇場?だったかもしれません。
私もテレビの取材で、探偵ポアロの如く、国外脱出の手口の推論?をする羽目となりました。
  1月4日にテレビ局から電話が入り、5日に六本木のテレビ朝日で収録。
今回も「元成田税関支署長」の肩書で、今度は朝のワイドショー番組「羽鳥慎一のモーニングショー」。
1月6日に放映されました。
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
 では、なぜ脱出できたのか?日本の国境でのチェック体制は?当初は楽器を入れた木箱とされましたが、私のようにオーケストラをしている者は、コントラバスを運搬時に入れる大きな木箱を「棺桶」と称しています。
ゴーン被告はよくぞ棺桶入りにならなかったものだ…それがどうも、音響機器を入れる四角い箱だったということになり、2つの箱を持ち込み、一方を開けて見せたとの情報も。
「もう一方の箱ま

 雑誌の世界では新春号の時期ですが、2誌の1月号に、私、松田学の政策論が掲載されています。
Ⅰ.「先見経済」誌 本年1月号、巻頭の特集「2020年に問われる日本の選択~世界の新潮流と『日本新秩序』~」…日本が令和の新時代を迎えた昨年に続く今年は、令和時代の「新しい国づくり」の中身がいよいよ問われる年になる。
では、令和時代に日本はどんな国をめざすのか、若干の素描を試みてみたい。
…以下、小見出しです。
●世界の潮流の大転換とブロックチェーン革命●いまこそ政府暗号通貨「松田プラン」と「みらいのお金」を●朝鮮半島情勢と中国に日本はどう向き合うか●サイバー時代の安全保障と憲法改正●分断される世界をつなぐ「日本新秩序」を 私が寄稿した文章をそのまま後掲します。
Ⅱ.THEMIS(月刊テーミス)創刊28年新年号「政府暗号通貨(松田プラン)」 私がかねてから提唱してきた「松田プラン」も、中国によるデジタル人民元発行が現

 昨年の令和元年に天皇陛下が即位され、関連して執り行われた一連の行事が国の内外から広く注目されました。
これことを通じて、日本は万世一系の皇室のもとに国民がまとまる世界唯一の国であることを、私たち日本人自身があらためて認識することになったと思います。
そして、これを契機に、巷でも皇位継承問題がさまざまに議論されるようになっています。
今回の「動画ろんだん」では、この議論について、著作家で松田政策研究所の研究員でもある宇山卓栄さんが、歴史的かつ国際的な視点から詳細に整理した対談3本に加え、歴史家で徳島文理大学教授の八幡和郎先生が、では、現実にどうしていけばよいかについても触れながら、この問題を考える視角を提起した対談を、ご紹介します。
●皇位継承問題を論じるに当たって宇山氏によれば、欧州各国の王室では、万世一系の王位男子継承がほとんどの国で崩れてきましたが、歴史的にみれば、それによってさまざまな混

令和時代に日本はどんな国をめざすのか。
「令和二年を迎えて~問われる日本の選択…世界の新潮流と『日本新秩序』」の前編では、主として経済面から、「ブロックチェーン」革命を軸に、日本の新しい道について考察してみました。
今回の後編では、外交や安全保障に加え、人類社会に訪れる大きな波を展望し、これからの国際社会における日本のあり方について論じることとします。
< 写真> 前編はこちらをご覧ください↓https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12563944647.html 【新年を迎えて:松田学の論考…後編】本稿の前編で論じたように、まずは、世界の潮流変化を踏まえながら、日本のこれからの繁栄の道は何なのかを見極め、経済面で足元を固めることが何よりも重要だと思います。
日本としての経済成長の道を拓き、ここに一定の将来展望を描くことなくしては、現下の日本の最大の課題である少子化・人口減少問題や、超高齢社会における社会保障の持続可能性の問題の解決

あけましておめでとうございます。
令和の世の中になって2年目となる本年は、新しい時代がいよいよ本格的にスタートする年になると思います。
今年の干支は「庚子」。
「庚」には、一つの波が終わり、改まるという意味があり、「子」は次の波が始まることを意味すると言われます。
しかも、その波は長期に続く波であり、意識して自ら作り出す波でなければならないとされています。
干支も示すように、私は、今年2020年はズバリ、世界が大きく変わり始める年になると考えています。
日本は、平成の30年を支配した世界の潮流が逆転、あるいは転換しつつあるなかで、令和時代を迎えました。
では、どうやって日本は自ら新しい道を切り拓いていくのか。
新年を迎え、私の思うところを動画でお届けいたします。
ご視聴いただければ幸いです↓ おかげさまで、松田政策研究所は、昨年、動画チャンネルによる発信活動を通じて大きな飛躍を遂げることができました。
本年は旧年に増

 令和時代が始まった今年の2019年は、どんな年だったのか、来年からの課題は何なのか。
松田政策研究所では年末の「2019年を振り返る」シリーズとして、科学者としての立場から工学博士として著名な武田邦彦先生、国際情報戦に国益の観点から取り組む山岡鉄秀さん、いまも政財界のご意見番としてご活躍の江口克彦・元参議院議員、国際情勢とメディア問題に切り込んでおられる批評家の西村幸祐氏、そして、日本人以上に日本の愛国者であるケント・ギルバートさんの5人の識者と、松田学が対談を行い、順次発信いたしました。
以下、ご紹介しますので、ぜひ、動画をご覧ください。
●武田邦彦(工学博士)「2019年を科学的に振り返る!過去30年とこれからの30年」科学者の目からみても、やはり、30年ごとに世界は大きく変わるようです。
いつも目からウロコの発言で著名な工学博士の武田邦彦先生は、これからの30年は自由の時代に入る、中国は自然とダメになる…

 最近はユーチューバーとも言われる私ですが、実はチェリストなんです、とお答えすることもあります。
2019年の私の音楽カレンダーは、10年ぶりのウィーン訪問から始まりました。
ピアニストの妻と、オペラ歌手の長女が音楽活動の拠点としているウィーン別宅、私もかつては年に1~2度はオペラやコンサートを楽しみに訪れていましたが、選挙に出る身となって以降は全くのご無沙汰でした。
●1月、ウィーンへ今回、音楽の圧巻は楽友協会ムジークフェラインでもなかなか聴けない名演、ティーレマン指揮で、かのドレスデンシュターツカペレによるブルックナー交響曲第2番でした。
なんと言ってもブルックナーの交響曲はこの楽友協会ホールのために作曲されたのかと思うほど、響きがぴったり、チロルからアルプスの山々を走ると眼前に渓谷が現れ思わずハッとする経験のある人しかわからないブルックナーの響きをあますことなく聴かせてくれるホールだということは10年以



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部