政治家・川田 龍平氏のホームページの評価と最新情報


  目次
川田 龍平氏のホームページの最新書き込み、最新情報
川田 龍平氏のプロフィール
川田 龍平氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


川田 龍平氏のプロフィール

役職
議会参議
政党立憲
選挙区比例
議員以前の職松本大学非常勤講師
ホームページhttp://ryuheikawada.jp/



川田 龍平氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 川田 龍平氏のホームページは、ただいま調査中です。

川田 龍平氏のホームページの最新書き込み、最新情報


川田 龍平氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
いよいよ、来週17日(月)から、第208回通常国会が始まります。
初日は、岸田内閣総理大臣の所信表明演説が行われます。
19日から代表質問が衆議院→参議院の順番で行われます。
翌週から、予算委員会が始まり、2月に衆議院、3月に参議院の順番で審議され3月末に予算成立⁈というスケジュールです。
今国会では合計58件の法案と、検討中の法案12件が予定されています。
この他に、議員立法があり、川田議員はローカルフード法案(仮称)を提出・成立をめざしています。
厚生労働省から提出される法案は3件ありますが、例年に比べ少ない数です。
3件の中の1つの法案に、雇用保険法等の一部を改正する法律案があり、コロナ禍で失業し雇用保険の申請が増加したため雇用保険の基金残高が少なくなっていることから国庫負担金と、労使の保険料率を段階的に引き上げていくものです。
他の省庁の法案もありますので、参議院YouTube放送チャンネルにてライブ配信しますので、

1月12日は川田議員のお誕生日で、事務所スタッフの奥様が手作りしたケーキを食べて46歳のお祝いを致しました。
人生100年時代と言われております。
まだ半分にも来ていませんので、お体を大事にされて、いつまでも元気に長生きしてください。
スタッフ一同、心より、お祝いを申し上げます。
本日も、川田議員は朝から分刻みのスケジュールで会議や打ち合わせを致しました。
午前中は、今国会で成立を目指しているローカルフード法案についての党内の議員さんへ説明と賛同のお打ち合わせを致しました。
午後からは部会での会議に参加しました。
厚生労働委員会では、閉会中審査を要求致しましたが、衆議院が委員会を開催をせず理事懇談会という形になったため、参議院も理事懇談会での質疑となりました。
川田議員は、デルタ株の国内感染が他国に比べて急減した要因の総括について質問されました。
厚生労働省からは、行動制限、ワクチン接種などの回答がありました

コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大が広まっています。
1月9日~31日まで、広島県、山口県、沖縄県に発令されました。
この三県全て、米軍基地が関係しており、基地関係者から感染が広まっています。
米軍基地内では、水際対策が行われていませんでした。
地位協定を改定してでも、軍関係者にもPCR検査を実施させていくように求めて参ります。
先週末の三連休がありましたので感染拡大は続います。
オミクロン株は、爆発的な感染力がある一方、重症化しにくいとの報道もされていて、季節性インフルエンザと変わらないように、推移していくものと思われます。
しかし、病床確保など医療資源は最悪の状況も想定して、対策を打っていかなければなりません。
対策強化については今後も政府に強く求めて参ります。
詳しくは、前回のメルマガで告知をさせて頂きました、川田龍平「国政報告会」をオンラインで開催致します。
皆様と直接お会いしての報告会を開催予

来週から始まる通常国会にローカルフード法案の提出を目指して政策顧問として一緒に準備して下さった印鑰智哉(いんやくともや)先生が翻訳した「ゲノム編集問題」のガイドブックができあがりました。
ゲノム編集の問題点を科学的に解説するガイドブックができました! | OKシードニュース | OKシードプロジェクト「外来の遺伝子を挿入しないので、遺伝子組み換えではない」「自然の変異と区別できない」「短期間で効率的に新品種が作れる」ーゲノム編集をめぐるさまざまな言説が日本を覆い尽くしています。
しかし、科学的に検証された事実を基に、こうした言説が根拠を持たない神話に過ぎないことを明らかにしたのが、欧州議会に提出されたこのガイドブックです。
ゲノム編集されたトマトだけでな…okseed.jp ゲノム編集についての「神話」と「現実」について書いてあります。
この本を読んでみたいという方がおりましたらOKシードプロジェクトへお問い合わせしていた

約140年ぶりにルールが改正され今年から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。
今年は1月10日が成人の日です。
以前は1月15日でしたが、ハッピーマンデー法の制定により1月の第二月曜日に変わりました。
成人の日は、「大人になった事を自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い、はげます」という日です。
日本で最初の成人式を開催したのは、埼玉県の蕨町(現在の蕨市)です。
第2次世界大戦終戦直後の1946年に、将来を担う若者を激励し希望を与えるために企画した「青年祭」の開幕式典として開かれました。
「成年式」と名付けられた式典や青年祭は大変好評で、全国各地からも高い関心が寄せられ、広まっていきました。
青年祭がきっかけで成人の日が制定され、全国で新成人の門出を祝う式典「成人式」が開催されるようになりました。
近年は会場内での悪ふざけやケンカなど「荒れる成人式」のニュースがあり、成人式当日にトラブルを起こす若者もいましい

選挙の裏話 2022-01-07 18:29:21

昨日に続いて、今日は選挙活動のお話をさせて頂きます。
皆様は、「選挙活動」と「政治活動」の違いをご存じですか? 選挙運動は、公示日(告示日)から投票日前日迄の間に、特定の候補者への投票を呼びかける運動で戸別訪問はできません。
政治活動は、選挙期間中以外に活動報告をするなど投票を呼びかけない運動で、戸別訪問はできます。
立憲民主党が青空集会をしていますが、政治集会になり、街頭で不特定多数の方々にアピールできます。
コロナ禍では対面での集会は難しい状況にありますが、コロナが落ち着きましたら集会に参加して頂き、政治のお話を聞いて頂ければと思います。
ここだけ話は、中々聞けないかもしれませんが、裏話が聞けるかもしれません。
《お知らせ》国際ジャーナリスト堤未果さんの『デジタル・ファシズム』の紹介をさせて頂きます。
未果さんの本は、点と点の情報がつながって線になり、線と線が面に、面と面が立体を作り、読んでいて

戦いは始まってます! 2022-01-06 17:24:08

今年は参議院議員選挙があります。
予定ですが、7月10日が投開票日と思われます。
1月1日の新聞各紙に候補者の顔ぶれが出ております。
立憲民主党は、現職の議員さんを中心に候補者が決まってきていますが、候補者を何人出すか?が重要です。
泉代表は、自公を過半数割れにするのが目標と年初の会見で話されました。
改選数が124議席なので62議席を獲得しなくてはなりません。
【年頭会見】「自公の(参院)改選過半数割れが目標」泉代表 泉健太代表は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝後、同市で年頭会見を行いました。
 泉代表は冒頭、自身が寅年の歳男であることから、「虎は千里行って(往って)千里cdp-japan.jp 前にもお話ししましたが、参議院選挙は個人名と政党名のどちらを記入しても構いません。
候補者にとっては個人名を買い手もらわないと政党内の順位が上がってきません。
総務省|投票www.soumu.go.jp そのため、政党の候補者名簿はあいうえお順なので、あ行

元旦に思うこと 2022-01-05 18:44:35

川田議員は、昨年から京都の都七福神巡りから神社⛩仏閣の参拝と御朱印めぐりをされており、今年の元日にも地元の神社へ初詣に行かれたそうです。
神社⛩等へ訪問して、御祭神、建立についてなど歴史を勉強するが楽しいそうです。
川田事務所にも神棚を飾っており、事務所スタッフも毎日拝んでおります。
1月17日から通常国会が開かれるため、川田議員は今年の国会や参議院選挙への取り組み等、どこで役割を果たしていけるのか日々考えながら活動されています。
皆様、たくさんの年賀状をご送付いただき誠にありがとうございました。
川田議員は全ての年賀状に、目を通しておりました。
公職選挙法の規定により選挙区内の方々に自ら年賀状を出す事は禁止されています。
そのため、昨年末に「国際報告ニュース2021.12月号」を送付させて頂きましたので、ご覧頂ければと思います。
今年の通常国会で提出を目指しているローカルフード法案につきまして、党内の議員さ

皆様、明けましておめでとうございます。
年末年始は、いかがお過ごしでしたでしょうか。
本日、川田事務所の仕事始めです。
本年も、よろしくお願い致します。
川田議員は、昨年10月より参議院政審会長として、党運営に携わってまいりました。
新しい立憲民主党2年目ですので、国民の皆様に寄り添い、信頼していただける党になるよう、党の運営に全力で取り組んでまいります。
今年の通常国会は、1月17日に開会、6月15日が会期末になる予定です。
今国会では、ローカルフード法案を国会へ提出致します。
地域で育てられたタネを守り大企業に支配されつつある地域農業を保護し、食と農業を守ることで、私達のいのちを守ります。
また、地元食材を使った学校給食を通して、地域経済を循環し持続可能にすることで、地元農業や経済を守ります。
ゲノム編集食品は、昨夏から配布されていますので、一刻も早い成立を目指してまいります。
7月には、参議院議員選挙(半数

何度かお話をさせて頂きました、離婚やDVなどで親権を持つ親が給付金を受け取れない世帯にも給付できるように政府へ提案した結果、政府は、地方創生臨時交付金を活用して給付するように都道府県へ通達を出す事が決まりました。
川田議員達が目指していた「誰一人として取り残さない」考えを実現することができました。
「離婚で受け取れない」 交付金で10万円支給へ (fnn.jp) 各省庁は本日が仕事納めなので川田事務所も本日が仕事納めになります。
新年は、1月4日が仕事始めとなります。
2021年も多くの皆様からの支援と協力に支えられて、終えることができました。
事務所スタッフ一同心より感謝と御礼を申し上げます。
3年前の12月に発見されたコロナウイルスは今なお私達の生活に悪影響を与えています。
コロナ禍の中で、飲食店経営者、非正規雇用労働者派遣労働者の皆様は厳しい状況が続いています。
一時的に景況が、良くなっている所も、見え始めていますが、オ



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部