政治家・國場 幸之助氏のホームページの評価と最新情報


  目次
國場 幸之助氏のホームページの最新書き込み、最新情報
國場 幸之助氏のプロフィール
國場 幸之助氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


國場 幸之助氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttp://www.konosuke.com/



國場 幸之助氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 國場 幸之助氏のホームページは、ただいま調査中です。

國場 幸之助氏のホームページの最新書き込み、最新情報


國場 幸之助氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

これから国防部会です 2022-10-04 06:28:19

 本日の国防部会・安全保障合同会議は、・北朝鮮によるミサイル発射について・防衛省のセクハラ問題で幹部が謝罪した件について・防衛省が提供したワクチン大規模接種会場について・「防衛力を総合的に考える有識者会議」について・日米豪防衛省会談と重要案件が続きます。
 北朝鮮は今年過去最多のミサイル発射を繰り返し、特にこの一週間は異常な回数で我が国と地域、国際社会を危険に晒しています。
変則軌道、低空飛行、極超音速、固定燃料と、現行の迎撃体制ではより困難なミサイル発射となりつつあります。
改めて、迎撃能力、探知、反撃能力を含む能力向上は、急務です。
 セクハラ事案に対する防衛省の幹部が謝罪した案件は大変残念なことであり、これから3文書の改定や抜本的な防衛力の向上を目指す上で、国民の信頼を失わせることは許されません。
徹底した再発防止と原因の解明を求めます。
 大規模接種会場において自衛隊は、先月まで日曜日も休みな

「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」の初会合が行われました。
12月上旬には提言がまとめられるであろうと報道されています。
設置の目的は、必要な防衛力の内容、予算規模、そして財源の確保を、一体的に、強力に推進していくためです。
そして、そもそも論として、国防力を抜本的に強化することは、今年の国政選挙、参議院選挙の公約であり、国民との約束でもあります。
 その項目内容を改めて確認すると、・3文書の改定・NATO諸国並みの国防予算対GDP比を2%以上を念頭に 真に必要な防衛関係費を積み上げ、来年度から5年以内に 防衛力の抜本的強化に必要な予算水準の達成を目指す・最先端技術を駆使した戦い方の変化に応じた能力強化と 態勢構築・反撃能力の保有と抑止力と対処能力の向上・防衛産業・技術基盤の維持強化・自衛隊の処遇改善と記されています。
 北朝鮮がかつてない頻度でミサイル発射を繰り返しています。
変則軌道、低空飛

9月25日の北朝鮮によるミサイル発射は、我が国と国際社会の平和と安全を脅かすものであり、断じて容認できず、関連する安保理決議に違反するものであり、北朝鮮に厳重に抗議し、強く非難します。
 北朝鮮は、今年、かつてない頻度で、多種多様なミサイル発射を執拗に繰り返し、国際社会を危険に晒しています。
 9月26日、米韓海軍は、約5年ぶりに、原子力空母、「ロナルド・レーガン」が、参加する合同演習を日本海で実施しました。
 そして、今回は、韓国政府が北朝鮮の発射兆候を事前に公表するという異例の対応をしました。
 EEZ外とはいえ、変則的な軌道で約650キロ飛翔したと推定されますが、反撃能力の課題整理を含め、待った無しの危機です。
 

防衛費の他国の動向 2022-09-23 21:57:00

国防部会を担当することになり、集中的に資料の読み込みやブリーフを受けていますが、GDP比2%を念頭に、5年かけて防衛力を強化していくことを実現するのは、大変な責務であると痛感しています。
 現状のGDP比は、0.96%で、NATO基準を参考に海上保安庁予算等を含める含めないも、党内で多様な意見がありますが、仮に含めると、1.24%となります。
 対GDP比の1.24%という数字は、諸外国との比較でも、1.49%のドイツ並みですが、ショルツ首相もロシアのウクライナ侵攻の3日後に、2%以上を目指すことを宣言していましたし、イギリスのトラス首相も、2030年までに現行の2.25%を3%までに引き上げるとしています。
 ドイツは今年度予算から日本円で約13兆円の特別基金を設立し、新規借り入れによって特別基金の財源を調達し、借入の償還方法については、別途法律で定める予定だそうです。
 ウクライナ侵攻前から防衛予算の増額を決めていたスウ

 総務省消防庁が、北朝鮮からの弾道ミサイル発射を想定した住民避難訓練をすると発表し、対象の8道県10市町村の中に、沖縄県は、与那国町と那覇市が入っていました。
 全国47都道府県、市町村は1724ある中、11月30日は与那国、来年1月21日は那覇市で、国と共同する県内初の訓練が行われるのは、意義があります。
 北朝鮮のミサイル開発は脅威的に加速しています。
 かつては、発射にあたり数日間時間がかかり、充填すると保存ができない液体燃料が中心でしたが、いまや、発射の兆候を事前に探知するのが難しい固体燃料に切り替わっています。
 発射の秘匿性、即時性も高まり、発射台付きの車両、鉄道、潜水艦から発射実験をしていると推定されます。
 低空を変則的な軌道で飛翔し、マッハ10の極超音速ミサイルの発射など、我が国のミサイル防衛能力を超えかねないレベルにまで達しています。
 南西諸島は、2016年に与那国島に沿岸監視隊

シェルターとミサイル 2022-09-18 13:34:49

 先島諸島に住民避難用シェルターの整備するというニュースが流れて、石垣島の中山市長から「内容を詳しく知りたい」と電話が来ました。
 住民避難を必要としない平和と秩序を目指すのは当然のこととして、現実には移動の困難が予想される離島地域にとり、シェルターの検討は不可避です。
 国家安全保障戦略等3文書改定でも、国民保護は当然、必須の項目です。
 先週の日米防衛大臣会談で、米国も、中国を最重要の戦略的競争相手と位置付けている国家防衛戦略を策定中であり、我が国の3文書見直しの時期と合わせ、台湾海峡の平和と安定のために、バイデン政権の統合抑止力を踏まえ、そのコンセプトの明確化と、両国の役割分担と連携がますます重要となりました。
 中でも反撃能力を含むミサイルの協議は大切で、相手の脅威圏外からできる限り遠方において阻止する能力を高め、抑止力を強化する、スタンド・オフ・ミサイルの早期整備化と運用能力の向上が必要

部会を振り返って 2022-09-14 19:22:23

 国防部会の担当となりましたが、私よりはるかに優秀な部会役員に恵まれましたので、小野寺調査会長のご指導を頂きながら、衆知を集める国防部会にしていきたいと考えています。
 改めて安全保障環境は多岐にわたり複雑で重責であると痛感しています。
 防衛省からは随時、ブリーフが入りますから、非常に勉強にもなります。
 先週金曜日からの動きとしては、特別防衛監察となったハラスメント対策関連では、不起訴処分となっていた男性自衛官3人について、郡山検察審査会は、不起訴不当となりました。
 全自衛隊を対象にしたハラスメント調査に関する特別防衛監察は極めて重い。
 今後、防衛力の抜本的強化のための必要な防衛力の内容、予算、財源の確保や、国家安全保障戦略、防衛大綱、中期防の改定といった戦後の安保政策の大きな転換期にありますし、国会のスケジュールにも影響を与えかねない内容です。
 だからこそ、信頼回復を急ぎ、国民の理解や支援

知事選挙を振り返って 2022-09-14 16:04:26

知事選挙が終わり3日が経ちます。
選挙の翌日から、定例街頭演説(県議候補の下地ななえさんも一緒でした)、主要な推薦団体への訪問、期日前に取り組んでいただいた支援者への電話、一区議員団会議、そして、佐喜真候補を支援していただいた同日投票の市町村議会議員の方々への対応等に取り組んでいます。
先週今週と東京日程がありますが、全て日帰りです。
また、さきま淳さんも、街頭に立ち、地道に丁寧にお礼回りをしている話を聞いて、立派な姿勢であると感じています。
再選された玉城知事には佐喜真さんに託された27万4771人の県民の思いも大切にする県政運営を心掛けてほしいと切に願います。
お礼回りをしながら、様々な声を聞きます。
選挙の総括には、組織体制、広報、政策、支援方法、候補者等々、切り口は無限にありますが、私自身がどうであったのかという点で5点記します。
まず、那覇を基盤とした支援体制が強化出来なかったことへの猛省で

 明日の、もう今日になりましたが、国防部会の関連資料を観ています。
 最初の議題は、ハラスメントの根絶に向けた措置に関する防衛大臣指示等について。
 防衛大臣の指示にあるように、ハラスメントは基本的人権の侵害であることは無論、部隊行動を基本とする防衛省、自衛隊において、隊員相互の信頼を失わせ、精強性を揺るがす許されない行為です。
 その根絶を図るため、全自衛隊を対象としたハラスメントに関する特別防衛監察を実施し、対策の抜本的見直しのために有識者会議も設置し、その結果に基づいて早急に、改善策に取り組むと聞いています。
 米国国防省は2006年以来、年次報告書を出し、改善と予防に取り組む独立部署を立ち上げ、対策を強化しているようです。
 議題の2番目は、4年に1度のロシアの大規模軍事演習「ボォストーク2022」について。
 2018年の参加人員は29万7千人、今回は5万人。
 しかし、私が注目したのは、4年

3日もある 2022-09-08 22:39:00

 今週から市町村議会議員選挙、そして、宜野湾市、本部町、伊是名村、大宜味村の首長選挙も期日前投票が始まりました。
 41市町村の内、首長、議員は保守中道が多数を占めていますから、2010年の知事選挙の様に、これから勢いが倍増すると手応えを感じています。
 3日しかないではなく、3日もある。
 最後まで全力を尽くします。
 佐喜真淳さんの知事選挙、下地ななえさんの県議補欠選挙と同時に、今週は本島内の自民党公認の事務所も訪問しています。
 次世代の将来楽しみな候補者も多く、実に期待できます。
 明日は国防部会が開催されるので、日帰りで上京します。
  選挙戦の合間の中で、防衛省からの事前ブリーフ、そして今は関連資料に目を通しています。
 



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部