政治家・山田俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田俊男氏のプロフィール
山田俊男氏のホームページの採点は、65/100点


山田俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttp://www.yamada-toshio.jp/



山田俊男氏のホームページの評価

総得点 : 65/100点

評価日付: 2015/9/28


評価コメント 1)実績を明記する政治家は少ないです。他の政治家もどんどん書いていただきたい。

2)TPPに強く反対している政治姿勢は、日々のニュースで知っていますが、
しかし、意外にもホームページには強く書いていません。
ブログのどこかに書いてあるかもしれませんが、日々の日記ブログなので読者はそれを探すことはできません。
山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられませんが、
ここにTPPに強く反対している理由と情熱を書くべきでしょう。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
に書かないと読者は気づきません。

情熱をもって取り組んでいるテーマ(TPP反対)があるのですから、それをホームページでアピールしないのは、もったいないです。

更新度の評価  採点 :20/20点 (頻度と更新内容の読み応えで採点しました。)
採点理由
ブログ等を頻繁に更新しています。

政策記述の評価  採点 :5/20点 (掲げた公約、政策。その理由。達成のための課題と打開策、実施計画などの記述量で採点しました。)
採点理由
農政を中心に、個人としての政策テーマが記載されています。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
が、標語に毛の生えた程度で、内容が薄いです。
内容が薄いので、どこまで本気なのか熱意が感じられません。

真剣に政策テーマを書いている人は、文量が書きすぎる書いてあり、文章から情熱を感じるものです。
しかし、山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられません。

活動記述の評価  採点 :20/20点 (政策達成につながる、課題解決のための日頃の政治活動報告の記述量で採点しました。)
採点理由
コン教報告をブログに頻繁に更新しています。

実績記述の評価  採点 :20/20点 (過去の政治成果の実績、達成した公約などの記述量で採点しました。)
採点理由
自身が作成した法律を一覧に書いており、実績のアピールが明記されています。
Http://www.yamada-toshio.jp/law/index.html

その他の記述の評価  採点 :0/20点 (率先的情報公開、政治レポートなど、ホームページの情報量で採点しました。)
採点理由
とくになし

山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

三期目の選挙と私の決意 2019-08-21 15:10:11

【皆さんのご支援に感謝】3期目を目指した参議院議員選挙は、皆さんのご支援で当選させていただきました。
ありがとうございました。
もう開票日から4週間過ぎ、この間、本会議も開催され、党も幹部会・合同会議等も経たし、ご支援をいただいた各県からの要請に応え、ご挨拶に伺い、JA全中の臨時総会もあり、御礼の挨拶の機会もいただいた。
ご支援、ありがとうございました。
ところで、1期目に比べて、さらに2期目と比べても、何故、これだけしか得票が得られなかったのか。
全体の投票率が下回ったことや、インターネットのSNS等を活用した候補者の得票が大きく伸びていること等の要因があったとはいえ、自分のどこが悪かったのか、これまでの議員活動の評価がもたらしたものなのか、従来通りの選挙戦術続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

尽きない反省が駆け巡る 2019-08-21 15:07:33

当然、私自身に帰する問題であれば、私の不徳の致すところであり、徹底して反省し、改めて、これからの6年間で皆さんの信頼回復や、新しい努力を積み上げなければならない。
多くの皆さんの指導や支えのもと改善し、見直しを徹底します。
私は、謙虚に、真摯に、それを行う覚悟です。
一方で、それ以外の、組織全体の意思的な取り組みや、技術的な諸活動に関わる事々であれば、それはきちんと見直さないと、将来のあり方に影響します。
ちなみに、JAの役職員を中心に投票をお願いする選挙であることからして、JAの役職員の関心に応える訴えをどう行う必要があるのか等々について検討・協議して、戦略を立てたのだろうか、場合によれば、これまでと同じやり方だったかもし続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

さて、私の田舎の同級生で前市議である友人と私の息子の二人から、三年ほど前の党本部内でのトラブルに関するインターネット上の記事が候補者紹介として載せられていたと、開票後に知らされました。
自身を省みて反省も多いのですが、当時、多くの方々には「あれは山田さんが嵌められたな」と言われました。
そもそも記事は誇張され、事実と異なる事が多過ぎましたが、私はすっかり忘れていたくらいでした。
ところがインターネットの私の紹介欄に、その記事がそのまま掲載されており、私の友人と息子がそれに気づき、私への票数が伸びなかった原因でないのかと言ってきました。
さすがにそれが主原因とは思いませんが、改めて読まれた方々には、少なからずの影響もあったのではないかと思います。
単なる昔の記事であるならば検索して出てくるのは致し方ありませんが、よりによって私の紹介欄にそれをクローズアップさせられたのは、記載表出者による悪意を感じざ

【岡山 - 通常総会で、国政報告をさせていただきました】6月29日に、岡山県農政連は、総代会の終了後に、わざわざ私の国政報告会を開催いただき、青江会長からは、何としてもトップ当選を目指そうと、檄を飛ばしていただきました。
これまで、何度も日程調整をいただいていたが、どうしても無理で、結局、妻のけい子が代理でJAを回る形で、挨拶をさせてもらっていましたが、改めて総代会で私の決意表明の機会をいただきました。
感謝です。
私は、規制改革推進会議によるJA攻撃は許せず、JA全中を選ぶか、准組合員の事業利用を制限するか、どちらを選択するかと迫り、結局、JA全中を農協法から外しておきながら、その後、准組合員の利用制限を改めて持ち出して、自己改革を迫るという「だまし討ち」を行うという、とんでもないことをやってきていることの問題があります。
さらには、株式会社の農地所有による農業参入を大々的に推進していること、高齢化

 早朝に、京都駅に着き、車で、日本海側の京丹後市への移動は2時間かかった。
山は低いが、トンネルは、この間、長短合わせて30本以上もある。
 天橋立の宮津湾を見て、舞鶴市に向かった。
「パワースポット」らしいので、ささやかでも恩恵に与りたい。
山中の道には、鹿出没の警告板がある。
しかし、山の緑は綺麗だし、京都に向かう京丹波も山ばかりだが、さすがに北山杉の産地の誇りだ、山は植林され、綺麗に手入れされている。
 JA京都グループは、5JAに広域合併してあり、JA京都、JA京都にのくに、JA京都中央、JA京都市、JA京都やましろの各JAの主要支店に、支店の皆様が集まる形で、私の巡回訪問を開催いただいた。
 第1日目は、日本海側のJAと京都府中央のJA、2日目は、京都市の中心、そしてJA京都やましろの3支店を訪ねた。
それぞれ、各本店・支店では生産部会の代表、女性部・青年部、そしてJAの役職員が参集され、大勢の皆さん

 はじめに、梅雨前線の影響で、九州南部を中心に記録的な大雨が続いており、すでに河川の氾濫による浸水や土砂災害が一部で発生しています。
特に、鹿児島県、宮崎県、熊本県、愛媛県で100万人以上に避難勧告が出されているほか、避難指示や土砂災害警戒情報が出されている地域もあり、各自治体の情報をご確認いただき、厳重な警戒のもと、安全を最優先に、早めの避難等の行動を心がけてください。
【鳥取 - なつかしの「白バラ牛乳」の大山乳業農協大ホールで訴え】 会期末を迎え、「禁足」が続き、東京を離れられないでいたので、会期末前日の25日も、訪問を予定している鳥取県へ果して行けるかどうか心配でしたが、梅雨の晴れ間のごとく、雨が降らず、鳥取県へ行くことができました。
 鳥取市で、中央会・連合会の役員の皆さんとの面談、そして、天気が良かったこともあり、県JAビル会館の玄関前の駐車場で国政報告を行い続きをみる『著作権保護のため、

 前号のメルマガで紹介した通り、宮城県への訪問は、国会の「禁足」で1JAしか訪ねられなかった。
このことが、私にとっては、申し訳ない残念な思いとして残っていた。
ところが、会期末の国会が、3時間余りで終わることから、ありがたい提案が宮城県農政連から投げかけられた。
 というのは、県北の5JAが合併し、7月1日に、JA新みやぎを誕生させるための役員予定者会議が開催されるので、その最中に時間を割いていただくことができたということです。
もう総代会は終えているのですが、詳細な運営と体制のあり方についての大事な会議ですが、時間をいただきました。
感謝です。
 JAみどりの、JA栗っこ、JA南三陸、JAあさひな、JAいわでやまの5JAで、津波で大きく被災し、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

 国会終了後、2日間かけて山形県を訪ねることができた。
山形県は、JA全中に同期で入会した妻のけい子の里でもあるので、妻を同道した。
 2日間ずっと、山形県の農政連会長でもあり、同時に私の全国後援会の副会長である柴田会長にご同道いただいた。
感謝です。
 JA山形おきたまは、私がJA全中の時の全青協の委員長だった若林さんが、木村組合長のもとで副組合長を務めておいでになる。
畜産農家で、包容力のある人柄で、いい仕事をしていただけると思う。
また、当地が選挙区でJA青年部委員長の経験者である舩山県議さん、私の事務所の秘書を長い間務めてくれて、現在はJA全中のJA経営改革推進部に所属の島貫君、そして、私の大学時代のサークルの農村社会研究会の後輩であり、JA山形おきたまの地区内にある飯豊町の後藤幸平町長さんもいらっしゃる地域です。
木村組合長さんに、しっかり激励をいただいた。
 JAさがえ西村山へは、月山・湯殿山

 はじめに、6月18日、山形県沖を震源とする地震で、新潟県、山形県を中心に、多くの方が負傷され、住居の損壊などの被害が発生し、被災された全ての方々に謹んでお見舞いを申し上げます。
余震や土砂災害など二次災害の恐れもあり、引き続き、被害状況の把握と災害対策に全力で取り組んでまいります。
岩手県へは、ふるさと富山の県連支部定期大会に出席し、大宮駅で東北新幹線に乗り換え、盛岡に遅く着き、翌早朝からJA岩手ふるさと、JA江刺、JAおおふなと、JAいわて平泉を訪ね、翌日は、中央会・連合会、JAいわて中央、JAいわて花巻、JA新いわてを訪ねた。
2日間で、600キロの走行距離となった。
ご案内いただいた、中央会の久保会長さん、翌日は小澤副会長さん、ありがとう続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

岩手県の各JAは、准組合員の割合が小さいので、准組合員の利用規制問題は、そう問題になっていないようだったが、やはり地域によっては大問題だった。
北上山地のど真ん中を横切って、深い緑の中の曲がりくねった山道を走ったが、鹿やイノシシや猿等が増えて困っているという。
原発事故の汚染が心配で、猟師さんが鹿を獲らなくなったという。
太平洋岸に向かう山中の、村々の暮らし、生産、所得をどう実現するのだろうと思いながら、突然、海が開け、大船渡市に入ったが、街に海が迫っている。
地震津波の災害直後に訪ねたときは、街は、本当に壊され流されていた。
今は、街内は、すっかり、きれいに片付けられているが、空き地には建設機材が積みあがっている。
そして郊外の流された市街地は、従来の地平線に土盛りし、宅地に整備されているが、空地が目立つ。
水田や畑地は、従来通り、一段と低く、稲苗が植えられていた。
街を囲む丘の上は、宅地に整備され、



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部