政治家・山田俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田俊男氏のプロフィール
山田俊男氏のホームページの採点は、65/100点


山田俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttp://www.yamada-toshio.jp/



山田俊男氏のホームページの評価

総得点 : 65/100点

評価日付: 2015/9/28


評価コメント 1)実績を明記する政治家は少ないです。他の政治家もどんどん書いていただきたい。

2)TPPに強く反対している政治姿勢は、日々のニュースで知っていますが、
しかし、意外にもホームページには強く書いていません。
ブログのどこかに書いてあるかもしれませんが、日々の日記ブログなので読者はそれを探すことはできません。
山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられませんが、
ここにTPPに強く反対している理由と情熱を書くべきでしょう。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
に書かないと読者は気づきません。

情熱をもって取り組んでいるテーマ(TPP反対)があるのですから、それをホームページでアピールしないのは、もったいないです。

更新度の評価  採点 :20/20点 (頻度と更新内容の読み応えで採点しました。)
採点理由
ブログ等を頻繁に更新しています。

政策記述の評価  採点 :5/20点 (掲げた公約、政策。その理由。達成のための課題と打開策、実施計画などの記述量で採点しました。)
採点理由
農政を中心に、個人としての政策テーマが記載されています。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
が、標語に毛の生えた程度で、内容が薄いです。
内容が薄いので、どこまで本気なのか熱意が感じられません。

真剣に政策テーマを書いている人は、文量が書きすぎる書いてあり、文章から情熱を感じるものです。
しかし、山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられません。

活動記述の評価  採点 :20/20点 (政策達成につながる、課題解決のための日頃の政治活動報告の記述量で採点しました。)
採点理由
コン教報告をブログに頻繁に更新しています。

実績記述の評価  採点 :20/20点 (過去の政治成果の実績、達成した公約などの記述量で採点しました。)
採点理由
自身が作成した法律を一覧に書いており、実績のアピールが明記されています。
Http://www.yamada-toshio.jp/law/index.html

その他の記述の評価  採点 :0/20点 (率先的情報公開、政治レポートなど、ホームページの情報量で採点しました。)
採点理由
とくになし

山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
【久しぶりに快哉を叫びました】それは、3年前に、涙を流した、JA改革に関する政府・党・団体の三者会談で決定した農協中央会の処遇に関する我慢出来なかった措置について、今回、自民党がきちんと方向を決めたことです。
【苦しい選択を迫られたJAグループ】 当時、規制改革推進会議や、政府・農林水産省の攻勢が強く、農協全国連の会長さん方が揃った中で、農水省から、准組合員制度の改変と、中央会の改廃のどちらを選ぶかを迫られたのです。
私は、当時は、党サイドの少人数幹部会(インナー)に加えられておらず、三者会談には出席できず、会合の行われていたホテルの近くにある議員宿舎で、小春日和の暖かい陽射しにもかかわらず、一人、畳を掻きむしって悔し涙を流していました。
後刻聞いた話ですが、結局は、団体側としては、准組合員制度を守る立場で、中央会の廃止(ただし、連合会となっても中央会を続きをみる『著作権保護のため、記事の一部の

 この議論を経て、3年経ち、JA全中は、一般社団法人への移行をすすめつつ、JAの自己改革の推進を全国運動として展開し、着実な成果を上げながらも、一方で、会計監査人監査への移行の準備をしてきていた。
また、県中央会は、中央会と名乗れるものの、農協連合会としての移行を控え、業務や要員さらには活動費たる賦課金の確保を深刻に議論してきていた。
 こうした中、来年には組織の転換を行わなければならないぎりぎりのところで、税制上の措置がこれまで通りとすることが決められたこと、会計監査の実施について、JAの負担が増加しないよう国の支援措置を講ずること、そして、今後、最も重要な課題となるとみられる准組合員の事業利用の規制について、農協改革の原点を踏まえ、JAグループの自己改革の支障とならないようにすると続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

――――――――――――――――――――【農協改革の推進に関する決議】(平成30年8月24日:自由民主党農林・食料戦略調査会、農林部会、農協改革等検討委員会) 現在、JAグループにおいては、平成二十六年六月に我が党において取りまとめた農協改革推進の目的である農業所得の向上に向けた自己改革に取り組み、全国各地において、農業生産資材価格の引下げや農産物販売方法の見直し、担い手への対応などの積極的な動きが見られる。
農協改革集中推進期間や会計監査人監査への移行、農協中央会の組織移行に関する期限が残り一年となる中、こうしたJAグループの取組を加速するため、政府は、左記の実現に全力を挙げるべきである。
以上、決議する。
           記 一 組織変更後の都道府県農協中央会が、農協の農業所得の向上に向けた取組や経営管理能力の強化等に向けて、引き続き機能を適切に発揮できるよう、税制上の所要の措置を講ずること。

全国を飛び回っています 2018-08-22 12:18:12

【皆さんに感謝】 皆さんに、来年夏の3期目の挑戦について、ご支援をいただき、そして党の公認もいただき、今、全国を飛び回っています。
JA等への本格的な訪問は、来年以降の取り組みになると考えています。
現段階でお伺いしている形は、従来から年間計画で予定されている農政懇談会での、御礼と国政報告と私の決意を申し上げるものから、JA組合長と農政連役員の合同の国政報告会であったり、地区の数JA合同の農政学習会であったり、都市県のJAによる都市農業施策に関する情勢報告会、中央会理事会での挨拶と決意表明、農政連総会での推薦状授与式での決意表明等です。
また、災害対策で日程が容易でない中央会の会長さんはじめ役員の皆さんへの早朝での挨拶だったり、ブロック県の会長はじめ役員の皆さんの農政対策懇談会での挨拶もありました。
また、わざわざ上京の機会をとらえて、会長さん以下で推薦状をもって議員会館を訪問いただきました。
感謝、感謝で

 私は、以前にも、当メルマガでも報告していましたが、経団連等経済界が出資している日本経済調査協議会(日経調)が、平成29年5月に出している報告書が気になるのです。
委員長は、農水省の元次官です。
優秀な方で、私もJA全中の時、食糧法や生産調整問題等で議論した方ですし、座長は、東大の教授で規制改革推進会議のメンバーです。
ほかにも、食品流通関係者や商社や食品加工や農業生産法人等の委員で構成されています  その報告書は、大部のものですが、私が要約しました、下記の「提言1、フロンティアの支援を基本とする農業政策」は、報告の全体を総括したものですが、私の意図的な改ざんは無くただ要約したものです。
――――――――――――――――――提言1、フロンティアの支援を基本とする農業政策 農業政策が後ろ向きであり、現状維持ないし平均的な農家の維持を目的に行われてきた日本農業の成長は、皆が手を携えて仲良く歩を進めるもので

 ところで、8月15日に毎年恒例になっている、私の故郷である富山県小矢部市の集落で(といっても、私の実家がある集落とは10キロほど離れているが、私の実家は、農家をしていたので自宅と納屋や蔵も含めて、そのまま残っており、シロアリ等で朽ち果ててしまわないのか心配しているのですが)、その集落出身の馳浩衆議院議員(子供のころに隣の石川県に養子に行かれた)、橘慶一郎衆議院議員(隣の高岡市在住)、笠井亮衆議院議員(夫人が当集落出身)、そして私の4人で、2時間議論しました。
集落はじめ、近辺から市長さんや議員さんはじめ、地域の皆さん100人余がお集まりいただきました。
 馳先生が当日、その場でテーマを設定し、馳先生の取り仕切りで議論するのですが、プロレスラーとは思えず、しかし、高校の先生だったという実力をいかんなく発揮される楽しい会です。
何と、テーマは今回は7つで、①今国会における各自取り組みの報告、②日

【JAの役職員が総出で活躍】豪雨で大きな被害を受けた中四国各県、とりわけ岡山・広島・愛媛の被災状況がテレビに映るたびに、自らがボランテイアに出かけることも含めて、胸を痛めていたが、国会閉会を控えて禁足が続くなど、身動きが出来ないでいた。
こうした中で、愛媛から、「被災の状況をきちんと見ておくべきだ」という声掛けをいただいて、7月26~27日に出かけることが出来た。
中央会の田坂会長はじめ、JAえひめ南の黒田組合長、JAひがしうわの大野常務、JA愛媛たいきの菊地組合長さん方にご案内をいただき、ひどい被災の状況を目の当たりに出来た。
それにしてもすごい。
山間の道路沿いの大規続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

海岸側に向かう道々では、随所でみかんの畑が崩れており、道路わきや小川をふさいでいる。
そして風光明媚な海岸に沿った山々は、天の鬼が鋭い爪の両手で峰の上から一気に引っ搔いたように三角形に削り取られている。
それらが海岸沿いの家々を流し、道路を超えて海に流入している。
崩れたミカン園も、モノレールを走らせる一本の鉄路も、潅水のためのパイプも壊れてしまっている。
まさに、日本一のみかん産地で、苦労して育ててきた樹々が失われている。
元に戻すことが出来るのか、鋭い爪で削り取られたところは無理だろう。
ではモノレールは元に戻るのか、残された畑で今年の収穫は確保できるのか。
否、その前に、潅水し、消毒できるのか、容易でない。
川の増水で、高い道路を超えて溢れ、ハウスが壊され、トマトが全滅していた。
次作のキュウリもほとんどが作付けは無理だという。
JAの選果場も冠水し、選果機も動いてくれるのかどうか、これから調べるという

何故、自己負担が必要なのか、改めて詰められなければならないと思う。
先祖代々、この地を選んだわけだが、営々として作り上げてきた経営を一気に失った者達から見て、相当の支援対策がなされたとしても、どうしても残る負担について「運が悪かった」ということで片づけていいのか。
原状回復には、国を挙げた対策が講じられてしかるべきだ。
政治はこのことを突き詰めなければならない。
ところで、これを行うとなると、当然、国の財政が問題になるのだが、わが国の公共事業は、平成10年には当初予算で9兆円、補正5兆9千億円、計14兆9千億円あった。
ところが、平成24年に民主党政権は4兆6千億円にまで削減した。
その後、安倍政権が復帰する中で、平成25年に5兆3千億円にまで回復させ、社会資本特別会計分6千億円も追加され、6兆円まで復活させた。
以降、平成30年まで当初予算で毎年6兆円台で推移している。
つまり増えていないのです。

【参議院の付帯決議を活用すべきだ】国会の会期末を控え、閉会後は、総裁選さらには地方議会選挙、そして参議院選挙という、12年に一度これらが重なる「選挙の年」を迎える。
その中で、夏から始まる税制と予算の議論においては、JA改革に伴う中央会の税制の扱い、JA監査の監査法人監査への移行に伴う負担増問題、そして来年には准組合員のあり方や信用事業の代理店化等の問題が俎上に上る。
まさに、この時期に、参議院農業・農協研究会を開き、各議員に情報を承知しておいてもらうことが必要だ。
 このことは、6月7日のJAグループの与党幹部への政策確立要請集会でテーマにされていたが、一般の議員には出席を呼び掛けていなかった。
そこで、参議院の農業・農協研究会で議員に承知しておいてもらうための会合だった。
私が設立以来事務局長をや続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部