政治家・山田俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田俊男氏のプロフィール
山田俊男氏のホームページの採点は、65/100点


山田俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttp://www.yamada-toshio.jp/



山田俊男氏のホームページの評価

総得点 : 65/100点

評価日付: 2015/9/28


評価コメント 1)実績を明記する政治家は少ないです。他の政治家もどんどん書いていただきたい。

2)TPPに強く反対している政治姿勢は、日々のニュースで知っていますが、
しかし、意外にもホームページには強く書いていません。
ブログのどこかに書いてあるかもしれませんが、日々の日記ブログなので読者はそれを探すことはできません。
山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられませんが、
ここにTPPに強く反対している理由と情熱を書くべきでしょう。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
に書かないと読者は気づきません。

情熱をもって取り組んでいるテーマ(TPP反対)があるのですから、それをホームページでアピールしないのは、もったいないです。

更新度の評価  採点 :20/20点 (頻度と更新内容の読み応えで採点しました。)
採点理由
ブログ等を頻繁に更新しています。

政策記述の評価  採点 :5/20点 (掲げた公約、政策。その理由。達成のための課題と打開策、実施計画などの記述量で採点しました。)
採点理由
農政を中心に、個人としての政策テーマが記載されています。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
が、標語に毛の生えた程度で、内容が薄いです。
内容が薄いので、どこまで本気なのか熱意が感じられません。

真剣に政策テーマを書いている人は、文量が書きすぎる書いてあり、文章から情熱を感じるものです。
しかし、山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられません。

活動記述の評価  採点 :20/20点 (政策達成につながる、課題解決のための日頃の政治活動報告の記述量で採点しました。)
採点理由
コン教報告をブログに頻繁に更新しています。

実績記述の評価  採点 :20/20点 (過去の政治成果の実績、達成した公約などの記述量で採点しました。)
採点理由
自身が作成した法律を一覧に書いており、実績のアピールが明記されています。
Http://www.yamada-toshio.jp/law/index.html

その他の記述の評価  採点 :0/20点 (率先的情報公開、政治レポートなど、ホームページの情報量で採点しました。)
採点理由
とくになし

山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
 はじめに、6月18日、山形県沖を震源とする地震で、新潟県、山形県を中心に、多くの方が負傷され、住居の損壊などの被害が発生し、被災された全ての方々に謹んでお見舞いを申し上げます。
余震や土砂災害など二次災害の恐れもあり、引き続き、被害状況の把握と災害対策に全力で取り組んでまいります。
岩手県へは、ふるさと富山の県連支部定期大会に出席し、大宮駅で東北新幹線に乗り換え、盛岡に遅く着き、翌早朝からJA岩手ふるさと、JA江刺、JAおおふなと、JAいわて平泉を訪ね、翌日は、中央会・連合会、JAいわて中央、JAいわて花巻、JA新いわてを訪ねた。
2日間で、600キロの走行距離となった。
ご案内いただいた、中央会の久保会長さん、翌日は小澤副会長さん、ありがとう続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

岩手県の各JAは、准組合員の割合が小さいので、准組合員の利用規制問題は、そう問題になっていないようだったが、やはり地域によっては大問題だった。
北上山地のど真ん中を横切って、深い緑の中の曲がりくねった山道を走ったが、鹿やイノシシや猿等が増えて困っているという。
原発事故の汚染が心配で、猟師さんが鹿を獲らなくなったという。
太平洋岸に向かう山中の、村々の暮らし、生産、所得をどう実現するのだろうと思いながら、突然、海が開け、大船渡市に入ったが、街に海が迫っている。
地震津波の災害直後に訪ねたときは、街は、本当に壊され流されていた。
今は、街内は、すっかり、きれいに片付けられているが、空き地には建設機材が積みあがっている。
そして郊外の流された市街地は、従来の地平線に土盛りし、宅地に整備されているが、空地が目立つ。
水田や畑地は、従来通り、一段と低く、稲苗が植えられていた。
街を囲む丘の上は、宅地に整備され、

 岩手県から新幹線で東京へ帰り、翌早朝、羽田空港から鹿児島県へ向かった。
空港から、JA北さつま、JA鹿児島いずみ、JAさつま日置、JA南さつま、JAいぶすきと、薩摩半島をぐるりと回る形でJAを訪問した。
水田は、水が張られているが、田植えはまだで、何かの後作なんだろう。
山は、ずっと緑が濃い。
岩手県では、太平洋を眺めていたが、鹿児島県では東シナ海を眺めて走った。
 ところが、JAさつま日置へ向かう道は、高速道路が対面の2車線で、前を走る重い積荷のトラックを追い越せない。
結局、JAには30分以上遅れてしまった。
昼を過ぎてしまい、JAの役職員や農業者の皆さんも、きちんと揃ってお待ちいただいていた。
本当に申し訳なく、そして、ありがとうございました。
 JA南さつまは、茶畑がずっと続き、JAいぶすきへの道は、開聞岳が綺麗で、甘しょの畑も葉が茂っている。
さすが、北海道に次ぐ農業生産額を誇る県だ。
 JAいぶすき

宮城県への訪問は、散々たるものになった。
準備いただいていた高橋会長はじめ、皆さんに本当に申し訳ない。
 というのは、国会の会期を控え、急遽、参議院予算委員長の解任決議案と麻生財務大臣の問責決議案が野党から提出された。
当然、本会議は、「禁足」となった。
前後、3時間かかるということで、宮城県への8JAの訪問は、諦めざるを得なくなった。
結局、一番最後のJAいしのまきだけは間に合うので、伺った。
 JAいしのまきの松川組合長からは、「8年前の大震災時にお見舞いに来たが、その後は、訪ねてきていない」と叱られてしまった。
石巻市は、震災直後に、小学生の子供達にとっては、グランド裏の丘は急峻で登れないと判断し、グランドに待機させられていたが、そこへ津波が襲い、子供達の多数が逃げきれず、亡くなった。
私が、その地を訪ねた時、子供達のランドセルを捜すご家族の姿を見て、私も涙した。
 今、振り返ると、この間、何度も宮城県

【茨城 - 12年前のJA北つくばの感激を再び】茨城県は、先に2日間かけて、太平洋に沿って福島県と隣接するJA常陸とJA日立市多賀からJAなめがたしおさいへ、そして2日目は、JAやさとからJAつくば市谷田部へ、順次JAを訪ねていた。
3日目の今回は、内陸のJA北つくばから、南の利根川まで、JA常総ひかり、JA茨城むつみ、JA岩井、JA茨城みなみを訪ねた。
ところで、JA北つくばは、強烈な思い出がある。
私が最初に選挙に出た時は、当時、組合長だった加倉井さんが、すごい集会を開催された。
大きな体続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

 秋田県は、茨城県を終えた後、羽田空港から夜に秋田空港に着き、翌日早朝にJA秋田おばこを訪ねた。
数年間に渡り、県外の卸売業者に米を出荷していたが、代金の精算が滞り、それが積み重なり、その業者が倒産し、農協は大きな損失を被っていた。
この間、農協は、組合長がご病気で亡くなり、新しい体制のもと、役員責任等を問う形で5年計画の清算計画を立てられ、着実に実行に移されている。
この間のJAの役職員の苦しみは、どれほどだったか、想像できないほど大きかったと思う。
ともかく、JAは体制を改め、新しく出発する。
JAの雰囲気には、緊張感がにじみ出ていた。
大変なご苦労ですが乗り越えましょう。
 ところで、昼の時間には、中央会・連合会で集まりを持っていただきました。
そこへ、私の30年来の親友(私がJA全中の水田農業課長をしていた時の全国農協青年組織協議会の会長を担っていた柴田正敏さん、現秋田県議)がおいでになり、集まりで

つい最近、日本の米取引に関して、先物市場の扱いについて継続か、廃止かが議論となっているが、いたずらな期待をあおる危険性がある一方で、需要に基づく価格形成への指標を求める声もある。
いずれも簡単ではない。
 土地利用、作目の動向、需給変動、輸出入、備蓄、生産と流通の担い手像、他の作物との関係等々、改めて、歴史を振り返りつつ、また、作物の取り組み等々を検証しつつ、早急な詰めが必要である。
 ところで、全国の米卸・販売業の皆さんが組織する全米販の総会後の懇談会に出席した。
ちょうど秋田県のJA訪問と同時期だったことや、また、堂島の先物取引の存廃が議論になっていることもあり、私は、改めて米のあるべき政策、とりわけ、価格形成について時間をかけた議論がきちんとなされるべきであると申し上げた。
 私の問題意識は、近年の米の生産・流通・販売、そして価格形成について、「一貫した政策が確立されていない」のではないのか

 ところで、秋田県では、JA秋田やまもと、そしてJA秋田たかのすへも訪ねた。
 JA秋田やまもとを訪ねた時、道路脇の花壇に、女性グループの皆さんが新しい花を植えておいでだ。
私は、どんなグループなんだろう、行政の仕事なのだろうか、もしかしたらJA女性部の皆さんの取り組みかもしれないと思ったが、その後の私の国政報告会に、その女性グループの皆さんが出席されて続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

全国を飛び回っています 2019-06-14 10:34:03

【長野 - 南信州の各JAを訪問】全力で、全国のJA訪問を続けています。
国会の日程もあり、どうしても調整できず、妻のけい子にも、各県に出かけさせていただいています。
皆さんには、ご心配をお掛けしています。
3日と4日は、どうしても都合がつかず、岡山県のJA訪問を妻に頼みました。
帰ってから本人に聞くところによると、初日は、緊張してしまって混乱したらしい。
岡山県の各JAは、昨年の豪雨災害で甚大な被害を受け、私は災害の直後に農林水産委員会の調査で伺っていたのだが、復旧の状況も含めて、お見舞いしなければならなかったのに、申し訳ありませんでした。
5日には、早朝に、農林幹部会(インナー会議)に出た後、愛知県の健康会議に出た。
本当に多くのJA女性部の皆さんがご出席で、挨拶をさせていただいた。
その後、名古屋駅から名鉄バスで中山道をどんどん走り、長野県飯田市のJAみなみ信州を訪ねた。
JAの窓からは、南アルプスの仙丈

 翌7日は、北海道の十勝を訪ね、地元のJA幕別町の組合長と、そしてJA北海道中央会の会長であり、私の全国後援会の会長でもある飛田会長と御一緒に、十勝のJAを訪ねた。
常に本当にお元気なJA帯広かわにしの有塚組合長さんからは、本当にありがたい励ましをいただいた。
職員の皆さんも、朝早くから集まっていただき、感激だ。
有塚組合長さんには、中川一郎先生、そして中川昭一先生の時代から、私もご指導と励ましをいただいていたが、改めて、全力で応援するとの激励をいただいた。
そして、十勝のJAの訪問を終えて、夕方から、二階幹事長が声をかけていただき、そして中川昭一先生の奥さんの中川郁子前衆議院議員、今度参議院に出馬される岩本剛人道議会議員と御一緒に、私の国政報告を開催していただいた。
本当にありがたい。
大きな会場は満杯だっ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部