政治家・山田 俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田 俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田 俊男氏のプロフィール
山田 俊男氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


山田 俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttps://www.yamada-toshio.jp/



山田 俊男氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 山田 俊男氏のホームページは、ただいま調査中です。

山田 俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田 俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
 私は15年前に、皆さんのご支援で参議院全国比例選挙に出馬して当選させていただき、その後、3回の選挙を経て、今3期目の議員として活動させていただいています。
この間、大学の先輩であり、私のよき理解者でもあった長野選出の吉田博美先生に誘われ、参議院平成研究会に参加しました。
先輩からは「本格加入でなくてもいいよ」ということで、一度も「正式に加入しろ」とは言われず、定例の正式の会合に出席するのではなくて、しかし、幹事長との意見交換や、新年会や忘年会、懇親の場に呼ばれて出席しました。
また、グループでの外国訪問にも加えていただき、交流を深めることもできたし、その先輩の田舎での会合に出席し、挨拶の機会もいただきました。
今になって考えると、大切にしていただいていたと思います。
しかし、一昨年に吉田先生は、病気で早世されました。
以降、正式会員にもならないまま過ぎていました。
 この一方で、私は若輩ながら、農政

 これらの事々が重なり、農政転換というか、市場原理、競争原理導入の議論が激しくなるなかで、とりわけ規制改革推進会議等の主導による株式会社の農業参入議論と、国家戦略特区での強行実施、さらにはコメの先物取引市場等の関係で、森山先生とご一緒に、兵庫県養父市での株式会社の農業経営への参画の動きを実際に見るべく訪問し、党の部会での「到底認められない」との決議や、コメの先物取引の導入反対の決議に結びつく動きを、森山先生とご一緒に取り組むこととなり、先生の問題意識や行動に強い共感を得ることとなりました。
 今続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

1年前の決算委員会の質疑の後、久しぶりに質疑しました。
野上農林水産大臣は、ふるさと富山の選出で、富山からの農林水産大臣は、戦後の農地改革を断行した松村謙三さんに次いでお二人目です。
この困難を乗り切ってもらえる、新進気鋭の大臣です。
野上大臣は、現下のコメの状況の困難を把握されていて、初めての大臣とは思えない、力強い答弁を頂きました。
必ずや、我が国の中心作物であり、国民の主食であるコメを取り巻く困難な状況を乗り切ってくれる大臣です。
私が、松村謙三さんを引き合いに出すまでもなく、立派な大臣としてリードしてもらえると確信します。
実は、私は、小学校6年の卒業前に、隣町の松村謙三さんの質素なご自宅を訪問し、書斎でお会いし、その場で「友情」の書を頂き、それを小矢部川の河石に刻んで、小学校の正門前にあった「薪を担いだ二宮尊徳さんの少年像」の隣に置いたのです。
その後、十数年たち、小学校の統廃合があり、石

(今、改めて問う、「我が国の農業・農政は、どこへ向かおうとしているのか」) 党の今国会に提出する法案審議の委員会で、何人かの議員から、5年前に養父市をモデルとして出発した株式会社の農地所有による農業経営への参入について、今年の8月に全国展開を進めるとしていたことについて、これを改め、「2年間先延ばしし、時間をかけて取り組みをさらに点検して進める」とする国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案に関する党の会議がありました。
残念ながら、私など参議院議員は、それぞれテーマの異なる国会の「調査会」に分散して配置されており、私は、「国民生活・経済に関する調査会」と重なり出席できなかったのですが、何人かの衆議院の議員から、「株式会社の農地所有による参入は当然の措置であり、先延しは問題である」「大々的に進めるべき」との発言が相次いだという。
私などからすると、驚くべき発言であり、出席しておれば、激しいやり取

そのために、以下の事々について整理がなされなければならないのです。
・きっちり利益を生み出せること、生き甲斐があること、そのために必要なことは何かについて、しっかり整理されなければならない。
・また、農外の株式会社の儲け主義で農業政策を進めていいのか。
・家族農業か、または、それを超越して、法人化、共同経営、地域の仲間による法人化、JA等協同組織の取り組みになるのか。
・政策の方向として、「目指す方向」が定まっているのか、定まっていないのではないのか。
なお、このことは、政府だけの責任でなく、与党の国会議員の間でも定まっていないし、内閣内でも定まっていないのではないのか。
それは、決して資本を投下した儲け主義ではないのであって、自然相手であることや、生産の喜びや、安全・安心を届けるということであって、それは株式会社が万能ではないはずです。
もっとも、「株式会社で財産を守れる」、「発展させられる」と言うなら

「一体、我々は、この段階で、何をやるんだ、何をすべきなんだ」ということを、関係者を集めて、各種の段階で行ことが求められるのです。
「ともかく高齢化している」、その中で「何が求められているのか」、自分が、仲間が、「どんな形で全力をあげて取り組むのか」、「その柱は何か」、そこに確信を持たねばならないのです。
知恵を出す、意見交換する、反省する、挑戦する、何が、今一番大事なのか、今やるべきことは何なのか、それを協議しなければならないのです。
「地域や、職場や、行政や、国会や、作目対策としても、当面の政策としても、ともかく詰める、そのため続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

(豪雪・コロナ・鳥インフルエンザの被害にお見舞い申し上げます) 今年は、正月から内外の数々の問題に加え、コロナが収まらず、緊急事態宣言も発せられ、国会と自宅を行き来する1カ月を過ごしました。
先のメルマガにも書きましたが、正月を東京で過ごしたのは大学に入学してから、そして全国農協中央会に勤め、その後、議員になってからも初めてでした。
この間、地元の新年の会、成人式等に出席できず残念でした。
加えて、立派な経営を行っておいでの地元の大規模養鶏農場でも鳥インフルエンザが発生し、関係者皆さんの大変なご苦労を心配しつつ、過ごさざるを得ませんでした。
こうした中で、GotoトラベルやGotoイートなどの縮小・停止、緊急事態宣言の延長という環境下にもかかわらず続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

新しい農業への挑戦に取り組む農業者や法人等に対するA-FIVEによる取り組みが破綻したなかで、日本政策金融公庫、農林中央金庫、JA全農、JA共済連、JA全中が出資する「アグリビジネス投資育成株式会社」に関わる法律(農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法)の法改正が今国会に提出されます。
これまでも、同法律の下で、全国の中央・地方の銀行、日本政策金融公庫、リース会社、信用組合・金庫等が連携して出資し、23の投資会社や投資組合が設立され稼働しています。
私が参議院議員に初めて当選させていただいた3年後に、自民党は衆議院選挙で敗北し、なんと私は与野党逆転の中で党の農林部会長に選ばれました。
その際、農業法人に対する出資を行うA-FIVEが作られたのですが、残念ながら、そのA-FIVEは、十分な成果を出し切れないまま破綻したのです。
今回、農林中央金庫が中心になり、JAや信連が役割を果たす形で投資を進める「アグリビジネス投資育成株式

山田俊男の新年挨拶と決意 2021-03-11 09:28:30

新年あけましておめでとうございます。
皆様には、ますますご健勝で、新しい年をお迎えのことと拝察します。
私は、今年の正月は、初めて東京で元旦を迎えました。
コロナの問題で、自粛を求められたこともありますが、とりわけ、年末に親しくしていた国会議員がコロナの感染で突然逝去したこともあり、大学に入学して、JA全中に勤め、そして皆様のご支援で国会議員になってから、幾十年にもなりますが、初めて正月を東京で過ごすことといたしました。
元旦には、必ず、家族そろって、故郷の埴生八幡宮にお参りしていましたが、今年は近くの門前仲町の富岡八幡宮に初参りしました。
参拝者が、長い列を作り何列にも重なり、とてもコロナの環境とは思えない状況でした。
正月の4日にJA千葉県連合会の新年の会に、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「山田です。
今日、中家会長のお話を伺い感激しました。
また、各常勤役員の皆さんからも、気持ちを一つにした話がありました。
このような機会を持たれることは、大変素晴らしいと感じたところです。
 それでは、山田はどうするのだと言われるわけでありますが、率直に申し上げます。
この3年余り、ないしは、1年余り、市場原理、競争原理の導入を主張する形で、まさに協同の取り組みを軽視する動きになってきていることについて、本当に納得できない時期を政治家として過ごしてきたと思っています。
その典型は、農協法の改正であったり、JA全中を協同の基である農協法の世界から外していくとか、そういう事々を含めて、全く納得のいかない日々を政策の渦中で受けてきたわけです。
これから大事なことは、我が国の協同組合が抱えているコメの生産流通・販売について、間違いなく地域の協同の取り組みや集落の取り組みや家族の取り組みなど、いろんな取り組みの根



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部