政治家・山田俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田俊男氏のプロフィール
山田俊男氏のホームページの採点は、65/100点


山田俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttp://www.yamada-toshio.jp/



山田俊男氏のホームページの評価

総得点 : 65/100点

評価日付: 2015/9/28


評価コメント 1)実績を明記する政治家は少ないです。他の政治家もどんどん書いていただきたい。

2)TPPに強く反対している政治姿勢は、日々のニュースで知っていますが、
しかし、意外にもホームページには強く書いていません。
ブログのどこかに書いてあるかもしれませんが、日々の日記ブログなので読者はそれを探すことはできません。
山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられませんが、
ここにTPPに強く反対している理由と情熱を書くべきでしょう。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
に書かないと読者は気づきません。

情熱をもって取り組んでいるテーマ(TPP反対)があるのですから、それをホームページでアピールしないのは、もったいないです。

更新度の評価  採点 :20/20点 (頻度と更新内容の読み応えで採点しました。)
採点理由
ブログ等を頻繁に更新しています。

政策記述の評価  採点 :5/20点 (掲げた公約、政策。その理由。達成のための課題と打開策、実施計画などの記述量で採点しました。)
採点理由
農政を中心に、個人としての政策テーマが記載されています。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
が、標語に毛の生えた程度で、内容が薄いです。
内容が薄いので、どこまで本気なのか熱意が感じられません。

真剣に政策テーマを書いている人は、文量が書きすぎる書いてあり、文章から情熱を感じるものです。
しかし、山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられません。

活動記述の評価  採点 :20/20点 (政策達成につながる、課題解決のための日頃の政治活動報告の記述量で採点しました。)
採点理由
コン教報告をブログに頻繁に更新しています。

実績記述の評価  採点 :20/20点 (過去の政治成果の実績、達成した公約などの記述量で採点しました。)
採点理由
自身が作成した法律を一覧に書いており、実績のアピールが明記されています。
Http://www.yamada-toshio.jp/law/index.html

その他の記述の評価  採点 :0/20点 (率先的情報公開、政治レポートなど、ホームページの情報量で採点しました。)
採点理由
とくになし

山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
【正月の年始の交歓会での事々について】ふるさとでの新年の会で、各地区の役員の皆さんから出された意見をどう受け止めるか、ともかく、多くの地区の皆さんのご意見は、びっくりするくらい一緒だった。
それは、水田の用排水の問題だった。
これまでは、営農組合や土地改良組合が事業にして、何とか改修していたが、高齢化して担い手がいない、工事費もかさみ、農業者がそれを負担するには金額が大きい、自治体にはその予算がない、という事々が背景にあるなかでの切実な声だった。
このことは、その後、他の県で紹介した時も、懇親会で、「同じ問題を抱えています、何とかしてください」との訴えがあったし、その後、私がメルマガにして紹介した後(令和2年1月14日付第438号)で、コメどころの県の県議さんがわざわざ事務所を訪ねていただいて、工事に関わる事業費の国・県・市町村の負担割合等の問題と関連して、何としても改善が必要とのご意見と提案もいただい

これは重要で深刻だ。
このことが、個々の農業者にとって、どれほど重い課題なのか。
自らも、そして地域も、さらに国としても、どういう農業を作り、地域をつくるのか、を考えてゆかねばならない、ということだからである。
もっと言うと、地域において、担い手も、リーダーも、必要とされる負担について、描ける人がいなくなっているのかもしれないのです。
とすると、誰がどんな形で地域を支えるのか。
そこまで行かなくても、誰が困難地域の現状と課題と将来を描くというのか、その力というか、そういうものがあるのか。
また、そういう意識があっても、負担できる資金のみならず、後を託す子供達にそれを維持し発展させていく、そういう絵を描き切れていない、力を与え切れていない、ということなのかもしれないのです。
とすると、改めて誰が、どんな形で地域を支えるのか。
そこまでいかなくても、誰が困難地域の現状と課題を克服し、将来を描けるのか。
残った

まさに今、人口減、高齢化の下で、生活・営農の基本である農地整備と、その営農を担う農業者の経営所得安定制度を実現する、その方向に向かって、歩み出さねばならないのだ。
これを農業者のみならず、地域の大きく、かつ重大な政治的課題として実現を目指す動きを行うことなのだ。
財源がどうのこうの、誰が担うのか、その担い手がいない、等々の事々を言い募りつつ、前に進むことをやっていこうではないか。
というのは、それをやらないと何も前に進まないからだ。
自らの制約や、自らの関心事等々、云々と泣き言続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

お正月は、例年の通り故郷の、富山県小矢部市の自宅で過ごしました。
母親が90歳を過ぎて、高齢者施設に入居しており、今年は、次男夫婦と孫娘が一緒に帰省したので、私ら夫婦と正月を過ごすことが出来ました。
もっとも私は、毎年恒例の新年賀詞交歓会を村の公民館で2日間にわたり行っていただきました。
村の皆さんにお世話をいただき、ありがとうございました。
元日は、どうしても、私のふるさとの誇りでもある埴生(はにゅう)護国八幡宮への初参りが必須の行事です。
村の世話人の皆さんがお集まりになった初参りが厳かに行われた。
この埴生護国八幡宮というのは、700年前に、源氏の木曽義仲が、平家の平維盛との戦いに臨むにあたって戦勝祈願した由緒ある八幡宮で、義仲が、牛の角に松明を付けて、夜襲をかけ、平家軍を石川県との県境の倶利伽羅峠の地獄谷に追い落とした「火牛の計」の故事でも有名です。
また、松尾芭蕉がこの地で詠んだ「義仲の、寝覚めの山

皆さんの声 2020-01-23 11:04:36

(A地区)・遠くの山裾の河から用水でため池に貯水し、地域の水田で活用しているが、毎年、その改修に労力がかかっている。
あと10年経つと後継者がいなくなる。
・山裾を走る国道より南側は、中山間地指定がなされていない。
もっと細分化して、助成が出る対象にしないとやっていけない。
(B地区)・イノシシが出没し、ワクチンを撒いたが、まだ出てきている。
道路の法面が崩されて、その修復に、市と県との間で分野争いがある。
・営農法人化(50ha)しているが、60~70歳代が主で、専従者がおらず、後継者もいない。
地域の一部の人に負担がかかっている。
(C地区)・一級河川が流れる地域で、年月をかけて、国営の洪水・用排水対策工事が行われた。
上流域ではJA主導で、たまねぎ産地ができている。
機械補助も含めて産地づくりが進み、JAの加工・市場出荷等の取り組みの成果だ。
JAのエリアを越えた結びつきが必要だ。
農家は、作るのはうまいが、加工や市場のマネジメ

皆さんの声 2020-01-23 11:02:36

(J地区)・農地集積が一定割合以上になると、地元の負担がない仕組みになった。
県下でもトップクラスの75ha規模を進めている。
(K地区)・少子化が田舎でも顕著である。
市役所でも、少子化対策、結婚・お見合い対策をすすめてほしい。
(L地区)・由緒あるため池のコンクリートの構造物が入っていないところが崩れてきている。
また、イノシシが土手を崩しており、対策が必要。
・山手の地域で、斜面の土を取っているので、保水力が落ちている。
一番の心配は、洪水等の問題だ。
(M地区)・山間地の段々の水田地帯だが、水源が3つに分かれており、町内で負担できなくなっている。
一つの集落は、もう農家はいなくなっている。
・設備も荒れ、ポンプも老朽化している。
設備更新も、集落ごとに意見が違う。
・土地改良を行って40年が経つ。
ポンプ等も老朽化しており、また、ため池の管理もできていない。
・稲作だけではだめだ。
薬草づくりと加工の計画がでているが、具体

皆さんの声 2020-01-23 11:00:08

(R地区)・用水の維持・管理にお金がかかる。
頼みの用水が土に埋まっている。
・担い手より、設備が壊れていることの方が問題が大きい。
多面的機能支払交付金を拡充してほしい。
(S地区)・河川の排水、水門の取り換えが必要。
地元負担が問題になるが、耐用年数がきたものから順番に進めてほしい。
(T地区)・中山間地対策事業の5期対策で、ドローン購入やオペレーター養成、高性能草刈り機の導入を実現したい。
2つの地区で1セット購入し、「相互利用する」ことを考えているが、市では駄目と言う。
・大変なのは、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

【災害対策が一番の課題】私にとっての今年の1年は、ともかく全国を飛び回ることでした。
そして、皆さんの温かい励ましで3期目の当選を果たすことが出来ました。
感謝です。
ところが選挙後、大きな台風、洪水等の災害が各地を襲い、多くの人命も喪いました。
被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。
そして、寒い冬が迫る今も、いまだ多くのご苦労を抱えておいでだと推察します。
こうした中で、国会も党も、災害対策に全力を上げました。
私は、台風15号による暴風雨で、大きな被害を受けた千葉県の房総半島のJAを訪ね、園芸ハウスがことごとく倒壊している惨状を見ました。
そして、その後の豪雨で、九州・関東・甲信越・東北を中心に各地で大きな被害を受けました。
党は、二階幹事長が先頭に立っての指揮の下、連日の会合を行い、私も欠かさず出席しました。
こうした中での、臨時国会の開会であり、私は、参議院農林水産委員会の質疑に際し、一番先に手を

ところで、一番の課題は、食料・農業・農村基本計画の改訂問題です。
今年の早い段階から、政府が設置した食料・農業・農村政策審議会で議論が進められてきており、参議院選挙が終わってから、党での検討が進められてきている。
まもなく新年に入り、党の意見も集約して、審議会で成文化が進められる。
その意味では、今は大切な検討の機会なのです。
私は、事務局長として、党内の議論の司会と集約の役を担っているのですが、これが容易ではない。
当然、これまでの経緯をないがしろには出来ないのですが、急速な環境の変化に対応し、将来を展望し、そして農業者はもちろん、JAも市町村も意欲的に取り組めるものにしなければなりません。
 その中で、私は、最大の課題は、わが国の農林水産業の担い手の確保だと思っています。
というのは、わが国の農林業の就業者は、今、圧倒的に高齢化している。
確かに、49歳以下の新規就農者は毎年2万人にのぼるが、49歳以下の基幹

改めて、ヨーロッパ並みに経営所得安定対策を充実させ、地域を守る農業者を中心とする担い手をつくり上げる政策が必要なのです。
確たる担い手がいなければ、早晩、わが国の中山間地や、都市近郊の農地も消えてしまう。
「地域の農業を支える」、「地域としての協同の活動がある」、それがあってはじめて「地域」が支えられ、地域の皆さんと国土が守られるのではないのか。
ヨーロッパでは、株式会社の参入は認めていないのです。
そして、農業経営を担い、地域を守る農業者には、きちんと国による経営所得安定対策を講じている。
その思想と政策が必要なのです。
わが国にお続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部