政治家・山田俊男氏のホームページの評価と最新情報


  目次
山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報
山田俊男氏のプロフィール
山田俊男氏のホームページの採点は、65/100点


山田俊男氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職全国農業協同組合中央会専務理事,全国農業協同組合中央会常務理事
ホームページhttp://www.yamada-toshio.jp/



山田俊男氏のホームページの評価

総得点 : 65/100点

評価日付: 2015/9/28


評価コメント 1)実績を明記する政治家は少ないです。他の政治家もどんどん書いていただきたい。

2)TPPに強く反対している政治姿勢は、日々のニュースで知っていますが、
しかし、意外にもホームページには強く書いていません。
ブログのどこかに書いてあるかもしれませんが、日々の日記ブログなので読者はそれを探すことはできません。
山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられませんが、
ここにTPPに強く反対している理由と情熱を書くべきでしょう。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
に書かないと読者は気づきません。

情熱をもって取り組んでいるテーマ(TPP反対)があるのですから、それをホームページでアピールしないのは、もったいないです。

更新度の評価  採点 :20/20点 (頻度と更新内容の読み応えで採点しました。)
採点理由
ブログ等を頻繁に更新しています。

政策記述の評価  採点 :5/20点 (掲げた公約、政策。その理由。達成のための課題と打開策、実施計画などの記述量で採点しました。)
採点理由
農政を中心に、個人としての政策テーマが記載されています。
http://www.yamada-toshio.jp/philosophy/index.html
が、標語に毛の生えた程度で、内容が薄いです。
内容が薄いので、どこまで本気なのか熱意が感じられません。

真剣に政策テーマを書いている人は、文量が書きすぎる書いてあり、文章から情熱を感じるものです。
しかし、山田氏の政策テーマ記述は標語に毛の生えた程度で、熱意が感じられません。

活動記述の評価  採点 :20/20点 (政策達成につながる、課題解決のための日頃の政治活動報告の記述量で採点しました。)
採点理由
コン教報告をブログに頻繁に更新しています。

実績記述の評価  採点 :20/20点 (過去の政治成果の実績、達成した公約などの記述量で採点しました。)
採点理由
自身が作成した法律を一覧に書いており、実績のアピールが明記されています。
Http://www.yamada-toshio.jp/law/index.html

その他の記述の評価  採点 :0/20点 (率先的情報公開、政治レポートなど、ホームページの情報量で採点しました。)
採点理由
とくになし

山田俊男氏のホームページの最新書き込み、最新情報


山田俊男氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
【広島‐中山間地の農業を元気にする政策を】中央会の籾田会長さんと一緒に2日間440キロを走り、県内のJAを訪問した。
広島は、中国自動車道が山地の脊梁を走っているが、平成26年の豪雨による土砂災害の崩壊跡が、一面の緑の中でいまだに茶色に残っている。
加えて、瀬戸内に面する河川が氾濫した地域では、1年前の豪雨による洪水被害で、果実連の工場が水没し、住宅が土砂に沈んだが、河川の浚渫と河岸の修理が続いている。
しかし、高速道路から見える谷々の集落の赤色の石州瓦の家々は美しい。
とりわけ、庄原~尾道~福山へ向かう谷間の平野の集落は美しい。
これらは、長い年月の協同の取り組みの中での営農と生活で造ら続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

連日、各県を訪問 2019-05-21 19:22:16

【奈良‐1県1JAで「まほろばキッチン」が大人気】 改元の連休明けは、奈良県を訪ねた。
京都駅から近鉄奈良へ向かう、奈良盆地のレンゲの花と、復旧された広大な庭園に囲まれた平城京の大極殿が見事だ。
 まず、再選された旧知の荒井知事を表敬し、選挙戦を終えられた知事から、しっかり各県ごとの選挙実務の担当者を定めて取り組むことの重要性など、親身に指摘いただいた。
感謝です。
 JAならけんは、かつては42JAがあったが、20年前に、1県1JA となった。
そこで、奈良・天理・山辺の総括本部を訪ね、皆さんに挨拶した。
JAならけんの各支部は、総括事業機能と施設を持った形であり、農業機械整備や育苗・種子センター等を備えている。
地域に存在する以上、各種施設を備えておかねばならないということだ。
県内数か所に置いた「まほろばキッチン」は、地元産の野菜・食肉類も豊富で、出荷の生産農家も元気が良く来店者も多かった。
職員の皆さんは、男性・女性問

 それにしても阿蘇山系は美しい。
噴火地域は除き、全山緑。
圃場も、隅々まで耕されている。
そして、訪問したいずれのJAもお集まりいただいた皆さんは、農業者が中心だ。
中央会の宮本会長と経済連の加耒会長のご同道をいただいた。
 阿蘇から菊池・鹿本と、圃場がきれいに、ことごとく耕作されている風景を見た。
すごい生産力であり感動的だ。
玉名市は、「金栗四三」のゆかりの地で、旗がなびいていた。
JAでの集まりは、農業者が多い。
皆さん、農業の将来を支える人だ。
そして、農業の経営所得安定対策についての日米・日仏の比較について大変関心が深い。
当然だ。
我々は、各国、とりわけ、地域重視、家族農業重視の農業国であるフランスやスイス等の取り組みを評価すべきである。
農業者の農業所得に占める補助金の割合も、日本は30%だが、フランスは95%、イギリスは91%、ドイツは70%だ。
いかにヨーロッパの国々が農業、とりわけ家族農業を大事にしているかがわか

宮崎県への訪問も、晴天で、緑が美しい。
中央会の福良会長さんにご同道いただいた。
JAえびの市から、JAこばやし、JA都城、そしてJA宮崎中央へと山地から平野部へ向かったが、圧倒的な畑作地帯で、きちんとマルチをかけて作物が栽培されている。
もっとも、ニュージーランドのキウイフルーツの会社が、平屋の超大規模ハウスを建設し、すべて外国人就労者で栽培を行っているというのは、その大規模さに異様な感じを受けた。
こうした形がさらに進むのだろうか。
ともかく異様だ。
JA串間市大束は、かんしょの産地で、見事にきれいに栽培されている圃場を見ることが出来た。
生産者の皆さん中心にお集まりいただいたが、若い女性農業者も含め、皆さん元気で自信があふれていた。
作物で、きちんと所得を実現しているという誇りなのだろう。
口蹄疫で大変な苦労をされた。
しかし、徹底して対策に取り組まれ、これを乗り越えられた。
その結果が続きをみる『著作権保護のため

【政策集会での二階幹事長の私を名指しての激励に感謝】 前回のメルマガで紹介したJA訪問に続き、各県・各JAを訪問し、国政報告を行っています。
4月24日の午後には、JA全中が主催した政策集会に出席し、開会の前に挨拶させていただきました。
私は、JAグループの皆さんの自己改革の取り組みの決意とあわせて、「准組合員の利用規制は絶対に認められない」ことを訴えさせていただきました。
ところで、集会の冒頭に、訪中されていて欠席された二階幹事長のビデオメッセージが流されましたが、幹事長は、私のことに触れて、応援を訴えていただきました。
感謝です。
【10日間の連休は、中学校の同級生による後援活動で、全戸を訪ねました】 天皇の即位と改元に伴う10日間の祭日を、私は、故郷であり、そして今も住居を残す富山県の小矢部市の町部と、私の田舎の村部の家々を訪ねました。
中学校の同級生の皆さんと市議さんが、私の後援会を組織してくれて、その働き

 町部の家々を訪問しての印象は、連休中ということもあり、お留守の家が多かったのですが、一方で、故郷を離れていた家族が戻っておいでの家々もあり、多くの人にお会い出来ました。
小矢部市の中心市街地である石動(いするぎ)町には、木曽義仲軍と平維盛軍が戦った倶利伽羅峠があり、牛の角に松明(たいまつ)を括り付けた火牛の計で、義仲軍が勝利した地であり、義仲は、その勢いで京都に攻め上り、源氏が平氏に取って代わる端緒になる戦いでした。
市内のどこの地からも倶利伽羅峠の峰が見え、この峰につながる小高い山々に沿う形で町が形成されている。
そして町の南側は、広大な砺波の平野が広がり、その先に、立山や剱岳等の北アルプスの山々が連なる。
連休中は天気が良く、白く雪に輝く山々を遠くに見ながら、そして近くには、新緑に映える倶利伽羅の峰々を眺めながら歩き回ることが出来た。
町の背後の城山には、加賀前田の支藩の城跡があり、町内に

【皆さん、准組合員の利用規制を心配】毎日、全国を駆け回っています。
各県JAの皆さんには、年度初めのお忙しい中、ご迷惑かもしれませんが、時間をとっていただいています。
感謝です。
桜の花が綺麗で、南から北へ、北から南へと飛び回るので、ずっと桜を見ていた気がします。
桃の産地は、赤色の花が綺麗でした。
 各JAでは、皆さん、准組合員の利用規制について心配されており、家族と地域に支えられてきているJAが潰されると心配されています。
このことは、何としても、はね返さねばならない。
【女性職員と涙】 愛知県は、自動車産業が基幹であることもあって、各方面に縦横に高速道路が走っている。
4月1日の最後の訪問は、長野県境の木曽川沿いのJA愛知東を訪ねた。
元気一杯の河合会長さんに励ましていただいた。
「規制改革推進会議の内容は、論理的でない。
ただ、JAを潰す狙いを持った動きではないのか。
それとも、どんどん続きをみる『著作権

連日、各県を訪問① 2019-04-27 14:30:10

【組合長はカーリングの先駆者】 北海道は、3月に、札幌で中央会の総会の終了後に、挨拶と決意を述べさせていただいており、その後、ホクレンはじめ各連の職場で挨拶をさせていただいた。
 その後、4月4~5日に、JAこしみずをスタートし、網走・北見・オホーツクの各JAを訪問した。
各JAは、特産の馬鈴薯のでん粉工場を持っており、しかし、シストセンチュウが発生しており、その駆除が最大の課題になっているという。
植物防疫法上の卒業ルールが強く求められているが、それができていない。
ヨーロッパは卒業できている。
これが最大の課題だということだった。
もう一つの課題は、ビートの集荷・運搬対策であり、トラック輸送の運転手の確保と、JRの貨物輸送の適切な運行対策だという。
 加えて、酪農家の生乳出荷の仕向け先の問題だという。
どうしても、メリットを求め、特定のグループによる生乳出荷が、加工仕向けから飲用乳仕向けに流れており、こ

連日、各県を訪問② 2019-04-27 14:26:46

【美しい農村を走る忍者電車】 大阪府では、4月8日に国政報告の機会をいただいたが、出席の組合長さんからは、准組合員の実態調査と自己改革の進捗状況の把握と報告等について、強い反発が投げかけられた。
 三重県へは、大阪の難波から近鉄線に乗り、伊賀上野へ向かったが、農村の景観が美しい。
「忍者の里」ということもあり、外国人の旅行者も多かった。
また、「伊勢街道」は、家並みが揃い、きちんと残しておきたい美しい街道だ。
また、三重県下の圃場は整然とした区画整備が行われており、歴代にわたる政治力なのか、それとも三重大学農学部を中心とする熱心な教授陣や、農水省に就職した役人の力なのか、それとも伊勢神宮とも関連した、伊勢志摩サミットなど、わが国のモデル的な農村景観として、「美しい国日本」を見せるための取り組みなのかとも考えたりもした。
 JA訪問は、JAいがふるさとからJA伊勢に向かい、そこから北上して愛知との県境

 滋賀県は、天気が良くて、穏やかでキラキラ輝く琵琶湖を一周する形でJAを訪問した。
左に比叡山、右に琵琶湖、の街道にはお寺が多い。
比叡山で修行し、ふもとに降りてお寺を開かれたのだろう。
余呉湖を過ぎて、これも左に伊吹山、右に琵琶湖の街道も集落の真ん中に高い甍造のお寺が必ずある。
そして、長浜城、彦根城が続き、大津へとつながっている。
 群馬県は、2日間で全JAを訪問した。
私の国政報告は、ついつい時間が長くなり、迷惑をかけた。
初日は、結局、道が混んでいたことも重なり、初日最後のJA前橋市では、組合長さんはじめ皆さんを30分も待たせてしまった。
2日目の世界遺産である製糸の富岡のJA甘楽富岡からJA碓氷安中、そして妙義山から赤城山、そして榛名山、谷川岳へと続き、そのふもとのJA赤城たちばな、そしてJA利根沼田への山々の景観は素晴らしかった。
そして、山間の傾斜地の圃場も良く耕されている。
しかし、山間の小規模農



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部