政治家・櫻井 充氏のホームページの評価と最新情報


  目次
櫻井 充氏のホームページの最新書き込み、最新情報
櫻井 充氏のプロフィール
櫻井 充氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


櫻井 充氏のプロフィール

役職
議会参議
政党無所属
選挙区宮城
議員以前の職
ホームページhttp://www.dr-sakurai.jp/



櫻井 充氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 櫻井 充氏のホームページは、ただいま調査中です。

櫻井 充氏のホームページの最新書き込み、最新情報


櫻井 充氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
月曜日から咽頭炎で寝ていた。
はじめに喉の痛みが出てきたため、議員宿舎に置いてある抗菌剤を飲んだのだが、よくならない。
翌日はセフェム系の抗生物質に変えたのだが、症状は改善しなかった。
ここで冷静になって考えて、抗生物質が効かないのだからウイルス感染かと疑った。
新型コロナには既に感染しており、抗体があるために違うだろうが、それならば何のウイルスが原因なのか。
自分自身を観察してみると、顎下腺と耳下腺が腫れていて、おたふく風邪かと考えた。
おたふく風邪にも昔かかっているので、違うと思ったら、二度かかる人もいるらしい。
愕然としたのは、おたふく風邪には治療薬がなく、1~2週間で自然治癒するということだった。
感傷的過ぎるかもしれないが、月曜日の夜は痛みで寝れず、食事をとるのも大変だというのに、これがしばらく続くのかと思うと悲しくなった。
水曜日には話もほとんどできない状態で、食事は有り合わせのもので雑炊を作

緊急事態宣言が出されて、新型コロナの感染者数はやや減少傾向にある。
一度目の緊急事態宣言と比較すると、人出の減少率は小さい。
このままでは、予定していた時期よりも、宣言の解除は遅くなるかもしれない。
さて、中国の研究者が、新型コロナウィルス感染症専門専用病院内のトイレとトイレ以外での新型コロナウィルスの検出状況の調査を行った。
サンプルを収集し分析したところ、4点のサンプルがコロナウィルス陽性を示したが、そのサンプルは「病棟のドアハンドル」、「便座カバー」、「バスルームのドアハンドル」から検出されたものだった。
要するに、全てが新型コロナ患者のトイレに関連するものだったのである。
また、患者が使用したトイレのエアロゾル(空気中に漂う微粒子で、トイレという場所柄、糞便由来である)には、院内で検出されたコロナウィルスのほとんどが含まれていたとのことだ。
こうした結果を受けて、研究者たちは、建物の環境設計と

緊急事態宣言が出された。
マスコミが実施した世論調査によると、約8割の方が、宣言発表のタイミングが遅すぎると感じている。
私もそう感じる一人である。
Go To トラベルでどの程度感染者が増えたのか分からないが、気が緩んでしまったことは確かである。
参議員会館に向かうために地下鉄に乗ったが、乗客はほとんどいなかった。
緊急事態宣言の効果だと思う。
日本人は真面目である。
政府が方向性を出せば、その通りに行動してくれる。
しかし、今回はすでにこれだけ感染者数が増えてしまっているので、感染拡大が落ち着くのも前回と同様とは行かず、少し時間がかかってしまうかもしれない。
冬場になって急に感染者が増加した原因ははっきり分かっておらず、きちんと調査していかなければならない。
私個人の仮説だが、コロナウイルスが生体外で生き続けられる時間が長くなっているのかもしれない。
そのために、接触感染のリスクがこれまで以上に大きくなり、感染者

昨年はコロナに明け、コロナに終わった1年でした。
不覚にも、私自身コロナに感染してしまいました。
ご心配をおかけし、また多くの皆様にご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした。
お陰様で回復し、仕事に復帰しています。
この経験を生かして、国の対策をより良い内容に変えていきたいと思います。

私が感染したのは、飛沫感染ではなく、トイレに行った時の接触感染です。
トイレのドアノブを触った手でおつまみを食べたので感染したのだと思います。

トイレはコロナウィルスに汚染されている場所です。
クルーズ船でも、最も多くのコロナウィルスが検出されたのはトイレの床でした。
それは、ウィルスは便からも体外に出て、便座の蓋をしないで、水を流すと部屋中にウィルスが拡散するからです。
ですから、トイレ内に入った時、そして、出てきた後にもアルコール消毒が必要です。

私がコロナに感染した時、仙台では医療崩壊が起きていたと思います

 2020年も今日で終わります。
皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか。
私にとっては、大きな転換の年になりました。

これまで、政権交代した時期を除いて、野党議員として活動してきましたが、色々考えることがあり、与党会派でお世話になることにしました。
会派は変わりましたが、政治姿勢は変わっておらず、これからも国民の皆様のために働いてまいります。

 また、今年はコロナに始まり、コロナに終わった一年でした。
私もコロナに感染しましたが、患者となり見えてきたものがたくさんありました。
田村大臣にも話を聞いて頂きました。
どの程度反映して頂けるか分かりませんが、この経験を多くの皆様に伝えていきたいと思います。

私の地元の国分町では、全体の約4分の1にあたる600件のお店が店をたたむのではないかと言われています。
来年には、コロナワクチンの接種が始まります。
このワクチンによりコロナが沈静化し、普通の生活を取り戻し

 私が新型コロナに感染したと思われる割烹を共に利用し、感染した方に、久しぶりに会った。
私と彼の共通項は、手でおつまみを食べたことである。
どこで手にコロナウイルスが付着したのか明確な根拠はないが、私はトイレだと考えている。
いずれにせよ、大切なことは、私たちの感染経路は飛沫感染ではなく、接触感染だということである。
感染予防の対策を取るためには、どうやって感染したのかを明確にしなければならないが、そうしたことは明確にされておらず、飲食店や介護施設、病院等でクラスターが発生したという事ばかりが報道されている。
これでは、これからの感染予防において、どのような点に注意するべきなのか全く分からない。
 私は、クラスターが発生した飲食店で食事をしたことが感染の原因だと分かったが、感染経路が不明な方々もいらっしゃる。
飛沫感染には十分に注意を払っているにも関わらず感染してしまった方も多く、コロナへの感染には接

昨日は大和町の町おこしのために、前の議長さんや副町長はじめ、何人かで大和町内を回る予定だった。
ところが雪が積もっていて大変だということで、中止にしたいと連絡が入った。
残念だが、別日に延期することになった。
仙台市内でこんなに雪が積もったのは3年ぶりだと思う。
昨年は雪が降っても、積もることはなかった。
我が家の周辺は仙台市中心部に比べて雪が多いほうだが、それでも昨年は雪かきをすることはなかった。
大崎市の鳴子温泉のあたりでは、1メートルぐらい積もっているらしい。
秋田との県境ではもっと積もっているらしく、支援者の建設業者は全員総出で雪かきにあったっているという。
全国各地で、雪の被害が出ている。
事故がないように注意して頂きたいと思います。
ニュースのトップは新型コロナウィルスではなく、豪雪の話題だった。
そのぐらいひどい状況だと思うが、コロナの感染者もどんどん増えている。
深刻なのは、政府が「勝負の3週間」

8日(火)に、世耕参議院幹事長の仲介で、田村厚労大臣にお会いして来ました。
コロナに感染した私の経験をもとに、国の政策を変えて欲しかったからです。
特に強く要望したことが二つあります。
一つ目は感染経路に関して。
私の感染は、飛沫感染では説明できないものでした。
私が利用したお店のスタッフの方はフェイスシールドをされていましたし、私はそのスタッフの方ともかなり離れて座っていたからです。
一緒にお店を利用した方は5人でしたが、その中で感染したのは私を含めて2人でした。
この2人には共通点があり、だからこそ私は、人から人に感染したのではなく、「ある場所」を触ったから感染したのだと考えています。
その場所とは、トイレのドアノブです。
トイレは危険な場所です。
コロナウイルスは、咳やくしゃみだけではなく、便からも体外に排出されます。
そのため、蓋をせずにトイレを流してしまうと、ウイルスがまき散らされてしまうのです。
思い

 ご心配をおかけしましたが、今週の月曜日から仕事に復帰しました。
闘病中に励ましのメールなどを沢山の方からいただき、本当にありがとうございました。
また、ご迷惑をおかけした皆さまに心からお詫び申し上げます。
この経験を国政に反映させていただきたいと考えています。
 さて、各地で医療崩壊が叫ばれていますが、仙台市もその例外ではありませんでした。
私も、コロナに感染して発熱し、入院を希望しましたが入院できず、入院できなければ薬も処方してもらえないので、最後には自分の免疫力との戦いになりました。
 自宅療養と言えば聞こえは良いですが、本当に大変なことばかりでした。
私は医師としての経験があるので、自分の症状や体温からある程度の判断ができますが、そのような経験のない方にとっては、とても大変だと思います。
 私にも不安な事がありました。
それは、もしもコロナ肺炎になったらどうしようかということでした。
コロナ肺炎は普

11月26日(木)配信分――・11月24日(火)  この日には、体を持て余すくらい、時間が沢山あると感じました。
具合が悪い時には、眠って起きてを繰り返すうちにいつのまにか一日が終わっているという感じでしたので、本当によくなったのだと思いました。
 改めて、皆様にはご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
おかげ様で元気になりました。
多くの励ましの言葉をいただき、ありがとうございました。
・11月25日(水)  保健所から就業許可の証明書をもらったので、本当に久しぶりに東京に出てきました。
病院で検査を受けるまではじっとしているつもりで宿舎に来たのですが、そのときにも、エレベーターではなく階段を使いました。
息切れすることもなく階段を上りきることができ、体調の回復を実感しました。
   11月13日に仙台に向かうまでは、まさかコロナに感染し、こんなに長く療養することになると思っていなかったので、流しの横には、野菜がそのまま置かれてい



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部