政治家・大塚 耕平氏のホームページの評価と最新情報


  目次
大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報
大塚 耕平氏のプロフィール
大塚 耕平氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


大塚 耕平氏のプロフィール

役職内閣府副大臣(担当は、6人の大臣の下、金融、郵政改革、地域主権推進、拉致問題
議会参議
政党その他
選挙区愛知
議員以前の職日本銀行
ホームページhttp://ohtsuka-kohei.jp/



大塚 耕平氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2010/05/15


評価コメント 政策に「財源の無駄使いをなくす」といってますが、民主党政権の赤字国債発行額は史上最高。政策を実行していただきたい。

コメント 大塚 耕平氏のホームページは、ただいま調査中です。

大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報


大塚 耕平氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

タワマン建て替え問題 2021-02-07 21:27:49

2月7日になりました。
1月から始まった緊急事態宣言の期限でしたが、10都府県で延長されました。
コロナ陽性者数は減少傾向を見せ始めていますが、先行きの展開は予測できません。
手洗い、マスク等の地道な取り組みを続けていくしかありません。
まもなく接種が始まるワクチンが有効であることを期待しますが、しばらく様子をみないと確定的な効果はわかりません。
引き続き、協力し合って頑張りましょう。
1.タワマン史先週、気になるニュースに遭遇しました。
東京五輪延期のため、五輪後に選手村を改修して分譲されるマンションの引き渡しが遅れることになり、購入者が売り主に遅延費用弁償を求める調停を裁判所に申し立てたそうです。
コロナ禍のため、東京都は選手村の建物借受期間1年延長を売り主(不動産会社等の企業グループ)に申し入れ、昨年11月、追加賃料38億円を支払いました。
購入者は「売り主が都の申し入れに勝手に応じた」として、引き渡し遅延の費用弁償を

世界と教育 2021-01-29 11:57:13

前号からのインターバルが短いですが、455号をお送りします。
毎年恒例のユーラシアグループの「世界10大政治リスク」と世界終末時計の「残り時間」。
メルマガで一緒にお伝えしようと思っていたところ、「残り時間」がなかなか発表されず、このタイミングとなりました。
27日、ようやく発表。
おそらく「残り時間」を減らすか否か、議論があったのだと思います。
まずは「世界10大政治リスク」からです。
1.米国の分断ユーラシアグループは1998年に政治学者イアン・ブレマーが設立した政治リスク専門のコンサルティング会社。
毎年年初に同社が発表する世界の10大政治リスク。
約10年前、僕自身が毎年1月に開催するセミナーで紹介し始めた頃は知らない人が多かったですが、最近はニュースやマーケットの材料にもなり、定着しました。
1月5日、今年の10大リスクが発表されました。
第1位は「米国の分断」。
バイデン政権発足後も、トランプ支持派が息を吹き返し、米国が混乱するこ

ブラック・エレファント 2021-01-26 11:49:43

早いもので2021年もまもなく1ヶ月が過ぎます。
1月20日、米国バイデン政権がスタート。
中国習近平主席は昨日(25日)の世界経済フォーラム(WEF)オンライン会議での講演で「新冷戦、世界を分断」と発言。
早速バイデン政権を牽制しています。
今年も米中対立の動向から目が離せません。
メルマガで適宜、ファクトと情勢分析をお伝えします。
1.中国標準20352028年に中国がGDP(国内総生産)で米国を抜いて世界一。
昨年12月公表の日本経済研究センターと英国経済ビジネス研究センターの予測が一致しました。
従来、中国が米国を上回るのは2035年頃と予測されていましたが7年前倒し。
コロナ禍の経済への影響が中国より米国の方が大きいためです。
先入観、固定観念は恐ろしい。
この状況下でも「日本は貿易で挽回できる」と主張する有識者がいることに驚きます。
データを客観的に認識することが必要でしょう。
IMFの最新データ(2020年1~5月分)によると、米国の貿易相手のシェア最大はEU18.1%、続い

↗ チャットを別画面で開きたい場合はこちらをクリック。

BIP2021 前日テクリハ 2021-01-10 09:47:28


BIP セミナー2021  2021-01-05 14:18:49

再生スタートの目安第1部 / 0:30:45 ごろから第2部 / 2:30:08 ごろから。
BIPセミナー2021 質疑応答編

単独孤立文明 2020-12-27 10:55:37

総合情報誌「FACTA」で連載はじめました。
こちらもご覧ください。
新連載 大塚耕平 「α世代」に託す日本 :FACTA ONLINEhttps://facta.co.jp/article/202012017.html。
1.米中逆転2028年1998年創設のコンサルタント会社ユーラシア・グループ。
創始者は米国政治学者イアン・ブレマー。
同社が1月に公表する「世界の10大リスク」は毎年注目の的。
このメルマガ及び毎年1月開催の僕のセミナーでも紹介していますが、去年は第1位が「米国政治の迷走」、第2位が「米中テクノロジーデカップリング」、第3が「米中関係」。
コロナ禍の前でしたので、2020年のベスト3はいずれも米中関連でした。
中国の技術力向上を警戒し、米国は緊張感を高めています。
その根拠の一例が特許を巡る動向。
特許情報の調査運営企業(アスタミューゼ)公表のデータをご紹介します。
AI、量子コンピュータ、再生医療、自動運転、ブロックチェーン、サイバーセキュリティー、VR(仮想現実)、ドローン、導電性高分子、リチウムイオン

脱炭素と技術革新 2020-12-17 15:40:37

コロナ対策が迷走しています。
ワクチンができてもコロナ根絶は困難と予測される中、ウィズコロナ、アフターコロナを巡る各国の鬩ぎ合いが激しさを増しています。
デジタル化のみならず、脱炭素、ESG投資など、世界の潮流を見誤ることなく、かつ遅れをとることのない、大胆で本気の政策対応が求められます。
1.カーボンニュートラル菅首相は所信表明に続いてG20オンライン会合でも2050年カーボンニュートラル(温室効果<以下温効>ガス排出量ゼロ)を宣言。
年内にも実行計画をまとめるそうです。
脱炭素は世界的な潮流であり、環境負荷の小さいエネルギー技術や関連産業を創造することは日本経済の命運に関わります。
人間はローマクラブの警鐘に漸く応え始めたと言えます。
京都議定書等の経緯も含め、若者世代にとってはもはや歴史の話。
少し整理しておきます。
ローマクラブは1970年に設立された民間シンクタンク。
資源・人口・軍拡・経済・環境破壊等の地球的課題に対処す



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部