政治家・小倉 將信氏のホームページの評価と最新情報


  目次
小倉 將信氏のホームページの最新書き込み、最新情報
小倉 將信氏のプロフィール
小倉 將信氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


小倉 將信氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区東京
議員以前の職日本銀行
ホームページhttp://www.ogura-m.jp/



小倉 將信氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 小倉 將信氏のホームページは、ただいま調査中です。

小倉 將信氏のホームページの最新書き込み、最新情報


小倉 將信氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
今週の衆議院は、ほとんどの法案が既に参議院に送られていることもあり比較的静かでしたが、私が所属する委員会は、決算行政監視委員会、消費者問題特別委員会における機能性表示食品等に関する集中的質疑、環境委員会における水俣病問題に関する集続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

この1週間で4度、加藤鮎子大臣室に足を運びました。
自民党の孤独•孤立対策特命委員長、こども子育てDXプロジェクトチーム座長、「こども•若者」輝く未来創造本部事務局長、そして女性活躍特別委員長代理として、政府に提言を提出するためです。
来年度以降の予算編成方針である「骨太の方針」への反映を目指します。
今回提言した政策分野は、いずれも私の大臣時代の担務であり、加藤鮎子大臣が後任です。
「日本の大臣は一年で交代するから駄目」とよく言われ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

ノーベル経済学賞を受賞したゴールディン氏は著書『なぜ男女の賃金に格差があるのか』で、賃金格差の原因を、高賃金の職種に時間的な要求が高い仕事が多いことと、女性が「呼び出し可能な」親の役割を求められていることと指摘しています。
したがって、男女間の賃金格差解消に必要な施策は、働き方改革(長時間労働の是正、属人的な仕事の見直し、リモートワーク等の更なる推進)と固定的な性別役割分担の解消(ジェンダーバイアスの解消、「共働き共育て」の実現)です。
政府が求める企業の行動計画が、形式的なものとならず経営者が上記のポイント続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

本日は、事務総長を務める金融調査会の提言を総理に提出しました。
片山さつき会長の下、能登半島地震続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

ペスカドーラ町田の開幕戦 2024-06-02 17:55:39

ペスカドーラ町田のFリーグ開幕戦を観戦しました。
快勝でスター続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

拉致問題の解決に向けて 2024-05-31 16:22:35

久しぶりに青年局の定例会議に出席しました。
西岡力先生から、北朝鮮拉致問題の最新状況をご報告いただきました。
私が青年局長の時に西岡先生と一緒に町田駅前続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

 本年より環境委員会の理事をつとめることになりました。
今年の通常国会には例年よりも多い3本の法案が提出されています。
本日、3本目の法案を衆議院環境委員会で採決することができました。
そこで、今回は3本の法案の概要を紹介したいと思います。
 下記のとおり、一本目の(再資源化に関する)法案は「経済安全保障」の観点からも重要です。
例えば、欧州委員会で、自動車の再生材使用率25%とするELV(廃自動車)規則案が成立すれば、将来的に日本国内で約25万トン程度の安定した品質の自動車向けプラスチック再生材の供給が必要になるとの試算もあり、国際社会では、様々な製造分野において再生材の囲い込み競争が既に始まっています。
こうした中、今回の法律と予算措置により、再生材を必要とする大規模製造業と中小企業を中心とする産業廃棄物処理業との間の連携を強力に促していきます。
 一本目は「資源循環の促進のための再資源化事業等の高度化に関する

小田急多摩線の延伸を要望 2024-05-22 20:20:59

地元市議会議員と地域の方々と一緒に、尾﨑国交政務官、村田鉄道局長に、小田急多摩線の延伸要望を行いました。
同路線は、2016年の交通政策審議会において収支採算性に課題があると指摘されておりました続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

提言 2024-05-22 19:34:11

令和6年5月22日自由民主党政務調査会「こども・若者」輝く未来創造本部「こども・若者」輝く未来創造本部においては、こども政策について、有識者及び関係団体からのヒアリングを重ねてきた。
政府においては、まずは「加速化プラン」や「こどもまんなか実行計画」に基づく施策を着実に実施していくことが必要であるが、 その際、 下記の点に留意しながら政策を進めていくべきである。
1. 少子化・人口減少、 経済社会の動向への対応等〇人口減少に正面から向き合い、企業や国民全体を巻き込みつつ、人口減少が進む中でどのように社会機能を維持していくのか、少子化対策とあわせて議論を深めること。
〇 少子化・人口減少への危機感を社会に参加するすべての方々で共有し、少子化対策の強化とあわせて、社会全体の構造や意識改革に車の両輪として取り組むこと。
特に若者に対しては、若い世代の視点に徹底的に立ち、効果的な広報・意識醸成に取り組むこと。
〇 若者

孤独・孤立対策特命委員会の委員長として、総理に提言を行いました。
先月施行された世界初の孤独・孤立対策推進法の着実な実施を求めるものです(提言の概要は別添をご覧ください)続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部