政治家・佐藤 正久氏のホームページの評価と最新情報


  目次
佐藤 正久氏のホームページの最新書き込み、最新情報
佐藤 正久氏のプロフィール
佐藤 正久氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


佐藤 正久氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職防衛大臣政務官,イラク先遣隊長 復興業務支援隊初代隊長,陸上自衛隊第7普通科連隊長(福知山),米国陸軍指揮幕僚大学(カンザス州),国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長
ホームページhttp://hige-sato.jp/



佐藤 正久氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 佐藤 正久氏のホームページは、ただいま調査中です。

佐藤 正久氏のホームページの最新書き込み、最新情報


佐藤 正久氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
本日、外交部会・外交調査会・国際協力調査会の合同会議が開催された。
「令和6年度外交関係予算」「ウクライナ情勢」「イスラエル・パレスチナ情勢」などの議題について議論が行われ、佐藤からは下記2点の質問を行った。
1点目は、アメリカのダブルスタンダードに対する国際社会やアラブ諸国の見立てについて。
ロシアはウクライナに侵攻に伴って無辜の市民を殺害している。
それに対して、アメリカは日本を含む西側諸国とともにロシアへの制裁を科している。
一方、イスラエルもガザ地区にて、誰が見てもやり過ぎだと思われるような攻撃を行っている。
しかし、アメリカはイスラエルの攻撃に関して反対をしておらず、事実上は支持をしている。
このようにアメリカがダブルスタンダードの外交姿勢でいる状況で、隙を突くように国際社会あるいはアラブ諸国に対して、プーチン大統領は中東外交を展開している。
そこで、政府にはアメリカの孤立化を含めた感触はどのよ

本日、国防部会・安全保障調査会・外交部会・外交調査会の合同会議に出席した。
「ジプチにおける自衛隊の活動拠点の活用」「次期戦闘機の共同開発」「令和6年度予算折衝」などの議題について議論が交わされた。
ジプチ関連の質疑応答では、下記4点の質問を行った。
・紅海とアデン湾を分けるバブ・エル・マンデブ海峡が海賊対処行動の対象地域に入るのか。
・海賊対処行動の際、相手が海賊かフ―シ派かをどのように見分けるのか。
・ジプチ拠点における情報収集・分析強化によって、紅海の南側までの情報収集がやりやすくなるのか。
また、紅海での海警行動で日本関連船舶の直接護衛は可能なのか。
・現状、海外派遣の拠点について「施設ではなくプレハブである」という言い方をしている。
ジプチ拠点を恒久的な施設にする場合、クリアするべき法的問題点は何か。
そして、令和6年度予算関連の質疑応答では、スタンド・オフ・ミサイルの配備の前倒しの要望を伝えた

本日、国防部会・安全保障調査会の合同会議に出席した。
今回の会議では佐藤自身もメンバーとして、これまで22回与党WTで検討・議論を重ねてきた防衛装備移転三原則の運用指針改定に関する提言案について議論が交わされた。
部会では、小野寺五典WT座長より、与党国家安全保障戦略等に関する検討WTの経過と、今回の防衛装備移転に関する大きなテーマについて説明がなされた。
そして、今回の提言案の詳細について若宮幹事長より説明が行われた。
引き続き与党WTで議論を継続する事項。
提言案の主な論点の概要などの説明がされて、部会に出席した議員との質疑応答が活発に行われた。
戦後、慎重姿勢を取ってきた防衛装備移転について、我が国の安全保障に資する形で防衛装備を目指した議論を与党WTで重ね、一定続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

本日、佐藤が事務局長を務める自民党の国防議連を開催。
今回は東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏を講師に招き【ユーラシア大陸の不安定化と日本の安全保障】をテーマに、最新のロシア・ウクライナ情勢等をご講義いただいた。
まず最初に、昨年2月から始まったロシアによるウクライナ侵攻で露呈した、アメリカの秩序維持能力(意思)の低下の問題が小泉氏より話された。
ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ侵攻開始の前後に核エスカレーションを示唆する発言を行っていた。
それに対し、アメリカのバイデン大統領は通常戦力による戦闘のエスカレーションを懸念し、ウクライナに対する軍事援助を出し渋る発言を行った。
アメリカを含め西側諸国としては、第三次世界大戦を引き起こしたくない思いと、ウクライナを見捨てたくはないという二つの目的があった。
そのため、中途半端なウクライナへの軍事援助となり、戦争の長期化につながっている

本日、外交防衛委員会で以下の事項について質問・議論を行った。
①昨日発生した米軍オスプレイ墜落事故について最初に亡くなられた1名の兵士にお悔やみを申し上げるとともに、残り7名の捜索救助にあたる海保、自衛隊、米軍、その他全ての関係者に対し感謝を申し上げた。
今回の最初に救助された1名は、現地の地方水難救済会の救難所に所属する地元漁船が、現場海域で要救護者1名を発見、海保が搬送した。
海保には引き続きの救助活動全般統制を要請した。
防衛大臣には事故対応における言葉の重要性について質問した。
佐藤も陸幕や東北方面総監部防衛部で訓練班長を務め、多くの訓練事故の対応をしたが、住民との信頼関係では言いつくろいとか、ごまかしているという印象を持たれることは、訓練再開等でさらにハードルが上がると伝えた。
昨日の防衛省では「今回の事故はパイロットが最後までコントロールをしていたから不時着水」と発表された。
この説明では目達原

本日、佐藤が事務局長を務める自民党の国防議員連盟を開催。
アクティブ・サイバー・ディフェンスに関する勉強会を行った。
今回は笹川平和財団安全保障研究グループ上席研究員の小原凡司氏を講師に招き【我が国のアクティブ・サイバー・ディフェンスの課題】をご講義いただいた。
最初にアクティブ・サイバー・ディフェンスに関するアメリカの資料を基に、アクティブ・サイバー・ディフェンスは国や組織、論者によって解釈に幅があり、日本で議論される能動的サイバー防御には、インテリジェンスも含まれていると解説いただいた。
また、日本政府が政府システム、重要インフラ、民間システムへとアクティブ・サイバー・ディフェンスを拡大する場合、アーキテクチャーとパッシブ・ディフェンスの整備を十分にやることが必要であることや、アメリカのNSA(国家安全保障局)やイギリスのアクティブ・サイバー・ディフェンスに関する取り組みの紹介がなされた。
続き

本日、佐藤が事務局長を務める自民党の国防議員連盟を開催した。
今回は軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏を招き【ガザ紛争の深層と国際情勢】をテーマにご講義いただいた。
黒井氏のご講義では最初に、ハマスとは何か。
なぜ今、イスラエルを攻撃したのか。
ということについてお話をいただいた。
ハマスとはイスラエルに対する抵抗をアイデンティティとする組織であり、今回の攻撃はイスラエルによる2021年のガザ空爆から2年をかけて準備されていたという。
ハマスによるイスラエルへの攻撃の動機は、客観的事実に基づいて語られることと、推測に基づいて語られていることがあるため、そこを分けて論じることが大切であるとお話いただいた。
そして、ハマスという組織について詳細な解説もいただいた。
ハマス内部の最高指導評議会や政治続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

本日、国防部会・安全保障調査会の合同会議に出席した。
議題は11月12日に行われた日米韓防衛相テレビ会談と日比防衛協力と米比軍事協力及びOSAの現状についてであった。
国防部会での質疑応答ではいくつか質問を行った。
一つ目は「北朝鮮のミサイル関連情報の共有について」データ収集・対応能力は各国で違いがあり、さらには日本と韓国は同盟国ではないため、対応に遺漏なきようにする事は大事だが、一方、日本の収集能力を全て明らかにするような情報共有のやり方はすべきではないように政府側に要望した。
防衛省も同じ認識。
二つ目は「露朝の軍事協力について」露朝の軍事協力は日韓双方にとって脅威である。
韓国の尹大統領もAPEC首脳会議にて露朝軍事協力への対応策の議論をすることを求めている。
日米韓防衛相テレビ会談でも議論がされたのかを確認した。
三つ目は「哨戒機続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

本日、佐藤が事務局長を務める自民党の国防議員連盟を開催。
アクティブ・サイバー・ディフェンスに関する第二回勉強会である。
NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジストの松原実穂子氏を招き【ウクライナの教訓と「能動的サイバー防御」】をテーマに、ご講義いただいた。
松原氏は日本のサイバー・ディフェンスに関してトップクラスの専門家である。
今回はウクライナや台湾の教訓を踏まえたアクティブ・サイバー・ディフェンスについてお話いただいた。
2024年2月24日からロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まった。
軍事侵攻前、ウクライナはロシアによるサイバー攻撃で大規模な被害が出ると予想されていたが、ウクライナはアメリカと数年前から緊密に連携を取り始めており、「能動的サイバー防御」を構築し、軍事侵攻後のサイバー攻撃による被害を大きく防いだ。
ウクライナはいかにして「能動的サイバー防御」を構築したのか。
ウクライナのサイ続き

本日、外交防衛員会で以下の事項について質問・議論を行った。
①イスラエル情勢について中東におけるバランス外交では、関係国の顔色を伺う日和見的外交ではなく、日本自ら重心を設定して自らバランスを作り出していくことが肝要と考える。
そして今般のイスラエル情勢における重心は、イスラエルでもハマスでもなく、ガザ市民の命を守る人道支援と戦火の不拡大に置くことが大事で、色がついていない日本だからこそリードできる分野である。
そのために佐藤は、人道支援のための「海上回廊」をガザ沖に設定することを提案した。
海上は陸上よりも安全が確保しやすく、大型船による人道支援物資の運搬や避難民の脱出、各国海軍の病院船などによる医療支援が可能となる。
日本も、国際機関からの要請を受けた場合、PKO法に基づき、「国際的な人道救援活動」として医療設備が充実した海上自衛隊の輸送艦等を派遣し、人道支援に貢献できる。
あとは政府の意思決定次



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部