政治家・菅原 一秀氏のホームページの評価と最新情報


  目次
菅原 一秀氏のホームページの最新書き込み、最新情報
菅原 一秀氏のプロフィール
菅原 一秀氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


菅原 一秀氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区東京
議員以前の職
ホームページhttp://www.isshu.net/



菅原 一秀氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 菅原 一秀氏のホームページは、ただいま調査中です。

菅原 一秀氏のホームページの最新書き込み、最新情報


菅原 一秀氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
都知事選まであと5日となった。
40名を超える候補が出るようだが、その実、小池氏対蓮舫氏の戦いに。
小池氏はどの党の推薦も受けないと決めたようだ。
今の自民党の状態では票に響くと判断したのだろう。
一方の蓮舫氏に対し、昨日あたりまで立憲は共産とともに推薦すると言っていたのが、泉代表が推薦しないと言い出した。
これには笑ってしまった。
つまり、立憲共産党のレッテルをは続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

ねりま異業種交流会で講演を。
まさに異業種の皆さんのお互いに研鑽を積む会。
経営に関すること全般にわたり、相当な切磋琢磨の場である。
その場に浪人中の不肖を呼んでくださるとは😭約30分の講演の後、質疑応答に続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

旧文通費公開すべき 2024-06-12 23:00:00

旧文通費の使途の公開や残高の国庫返納に関して、自民党と維新が歩み寄ることに。
当然だ。
毎月100万円支給される文書交通通信費はこれまで国会議員の第二の報酬と言われて、何に使っても領収書も公開義務もなかった続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

都知事選 2024-06-11 23:07:00

今回の都知事選はまさに次の衆院選や政権選択に直結する。
小池知事が明日、出馬表明する。
すでに出馬を明らかにした蓮舫氏との一騎討ちであろう。
小池氏が自民党の推薦を受けるのか?確認団体をつくって、そこで推薦する各党の協力を得る方法もあるが、小池氏がその手法をとるかどうかは未定だ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

すでに総裁選?! 2024-06-10 22:45:20

目下の話題は解散、総選挙から9月の総裁選のようだ。
誰が出馬するにしても、大胆な改革を断行できる人しか勝てない。
自民党にもとって痛みを伴う改革をやらずし続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

総裁選がヤマ 2024-06-09 23:31:00

大泉地区の近況報告会には大勢の方々集まってくださった。
質疑応答では、大臣を辞めたこと、さらに議員を辞めた本当の理由や今後の再挑戦等について。
それにしても、自民党への批判が強い。
今度は投続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

生まれ変わる覚悟 2024-06-08 23:09:35

横浜に続いて長野でも執行部刷新の声が。
これまでの自民党の歴史は、様々なスキャンダルが起きると、当時の執行部を突き続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

乗数効果のある減税を! 2024-06-07 23:39:00

日本の国民負担率は49.1%。
所得の半分を税金と社会保険料で引かれている。
しかし、ここまで物価高が続き、中小企業の賃上げ率が低く、実質賃金が下がっている時は減税することだ。
それも今回の定額減税などではなく、期間限定の消費税減税や教育費や子育て支援に関わる減税だ。
立憲民主党の前代表が、減税したらハイパーインフレになると続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

緊急事態条項 2024-06-06 23:46:00

衆議院憲法審査会で、自民党が大規模災害時の国会機能維持に関する条文に関して立憲民主党が審議拒否。
この期に及んでこんな駆け引きをしていることが信じられない。
先日もまた能登半島で地震が起きた。
首都直下地震が起きて永田町、霞が関だけが安全とは誰も保証できない。
さらに、それが総選挙をはじめとする国政選挙が行われて続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

70歳からが高齢者?! 2024-06-05 23:06:00

人生100年といわれるが、某大学病院の名誉教授によると、これからは110年だという。
そこで出てきたのが、高齢者の定義を65歳から70歳にする厚労省の案である。
これは、年金の支給開始年齢を70歳からにする狙いがあるものとみられる。
冗談じゃないよと思う人もたくさんいる一方、いや生活のために、健康のために働きたいと思う人もいる。
しかし、である。
雇う側の事業主の方は、まだま続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部