政治家・末松 義規氏のホームページの評価と最新情報


  目次
末松 義規氏のホームページの最新書き込み、最新情報
末松 義規氏のプロフィール
末松 義規氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


末松 義規氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党立憲
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttp://www.jin-m.com/



末松 義規氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 末松 義規氏のホームページは、ただいま調査中です。

末松 義規氏のホームページの最新書き込み、最新情報


末松 義規氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
北朝鮮による拉致被害者 の帰国が実現した場合の万景峰九十二号の入港許可など制裁緩和及び解除の条件に関する質問主意書を1月29日に提出しました。
その政府答弁を受け取りましたので、国民の皆様に共有させていただきます。
北朝鮮による拉致被害者 の帰国が実現した場合の万景峰九十二号の入港許可など制裁緩和及び解除の条件に関する質問主意書 本職は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決のために、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)への破産申立て、金正恩国務委員長への経済制裁措置、高麗航空への経済制裁措置、朝鮮総連の中央委員及び専従職員全員への再入国禁止措置、国際連合安全保障理事会(国連安保理)決議に基づく在日北朝鮮当局職員等への退去強制手続、北朝鮮関連国連決議の提出国復帰、国連安保理における北朝鮮人権状況に関する公開会合の開催要請等の具体策を提案し、政府に実現を迫ってきた。
昨年8月、我が国、アメリカ合衆国等の要請で、国連

防衛省の秘密保全体制 セキュリティークリアランス に関する質問主意書を1月31日に提出しました。
その政府答弁を受け取りましたので、国民の皆様に共有させていただきます。
防衛省の秘密保全体制に関する質問主意書 英国の新聞報道によれば、英国海軍は昨年、海軍艦艇内で中国人の民間人が洗濯職人として勤務する約80年間続いてきた慣習を、秘密保全のために廃止した。
家族が香港に居住する勤続39年の中国人職人が解雇されたほか、3人の中国人職人が空母への乗艦を禁止された。
理由は、中華人民共和国(中国)当局が中国国内にいる職人の家族に危害を加えると脅迫して英国海軍の秘密情報を漏洩させる事態が危惧されたためである。
慣習廃止の後、英国海軍の広報官は、「すべての民間人請負業者は、セキュリティ・クリアランス制度に基づく適切なアクセス権を保持していると保証する。
」と述べた。
近年、中国による不法な情報収集活動の激化に伴い、我が国が属する

周庭 氏や 黎智英 氏等に対する弾圧に関する質問主意書を1月31日に提出しました。
その政府答弁を受け取りましたので、国民の皆様に共有させていただきます。
周庭 氏や 黎智英 氏等に対する弾圧に関する質問主意書 我が国で広く知られている香港特別行政区の民主活動家の周庭氏が、昨年12月、留学先のカナダで事実上の亡命意思を表明したところ、香港警察は、「全力を挙げて逮捕する」と表明した。
周氏は、集会を扇動したなどの罪で不当な実刑判決を受けて服役し、出所後は、中国大陸で愛国教育を受けさせられ、「祖国の偉大な発展を理解することができ警察に感謝します」との謝辞や、過去の抗議活動についての反省文を書かされた。
周氏は、前述の判決とは別件で、令和2年8月、香港国家安全維持法違反容疑で逮捕されており、同罪で起訴される可能性があった。
中国共産党に批判的だった「蘋果日報」創業者の黎智英氏は、複数の裁判で実刑判決を受け、昨年12月、香港国

さる1月26日に 第213回 通常国会 が開会となりました。
冒頭、代表質問が衆議院で二日間にわたって行われました。
私 まつばら仁 が注目をしたのは、馬場伸幸 日本維新の会代表の発言です。
政治とカネの問題 馬場氏は、政治とカネの問題が大きな争点となる中で、 「日本では活発とは言い難い個人献金について、政治活動を支える重要な要素として、今後いっそう推進するべき」 と主張。
「個人献金について、献金者のプライバシーに配慮した情報公開制度や、寄付控除の範囲をすべての地方議員や首長への拡大し、税額控除の適用が必要と考える」 と発言されました。
アメリカの政治などは、極めて柔軟な個人献金のあり方が活力のある政治を支えています。
国の支援のお金だけで選挙や政治が行われるという社会主義的な発想は、結果として政治のダイナミズムを奪うものだと私は考えます。
今日の日本では、伝統的な大企業、昭和の時代からの既得権益を手放さないでいる産業

元日に発生した能登半島における大きな地震。
私まつばら仁に出来ることはないか考えました。
地元東京26区(目黒区・大田区)の仲間が、まずは募金活動により被災地を支援しようと声を上げていただき、年頭所感でお伝えしたとおり、連日 能登半島地震支援募金 の活動をすることとなりました。
本日、皆様からお預かりした義援金【2,338,989円】全額を日本赤十字社宛に送金してきました。
目黒区・大田区を中心に沢山のご支援を賜り感謝の気持ちでいっぱいです。
あらためて能登半島地震で亡くなられた方々に哀悼の意をささげるとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
そして、地域の復興に向けて国政の立場から応援をしてまいることをお誓い申し上げます。
まもなく国会が開会となりますので、一旦、募金活動は終わりますが、被災地へのご寄付を考えてらっしゃる方に向けて、日本赤十字社と石川県の義援金窓口を下記ご案内いたします。
The post 目黒区

令和6年 新しい年もどうぞ宜しくお願いいたします。
衆議院議員 まつばら仁 です。
元日に発生した能登半島における大きな地震に心がゆさぶられております。
被災地の方々を思うと居ても立っても居られない気持ちですが、2011年の東日本大震災での与党経験から現段階では現地への直接連絡は控え、救援の後押しに努めています。
政府も人間の集合体、無謬の存在ではありません。
今は余計な仕事を増やさないこと。
瑣末な批判よりも適切な情報共有が命を救います。
毎日、地元である目黒区・大田区の各地で被災地支援の募金活動を行っております。
募金全額は 日本赤十字社 を通じて被災地に届けます。
ご支援いただいた皆様のご厚情に心より感謝を申し上げます。
能登半島地震で亡くなられた方々に哀悼の意をささげるとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
そして、被災地現場で被災者の捜索、避難者の支援、復旧作業などに当たられている多くの方々に

外務省による中国の危険情報に関する質問主意書質問 答弁 朝鮮総連からの債権回収の現状に関する質問主意書質問 答弁 香港人留学生に対する香港裁判所の不当判決に関する質問主意書質問 答弁 外務省と米国国務省による中国危険情報の乖離に関する質問主意書質問 答弁 子宮頸がん予防のHPVワクチンの男性への適用に関する質問主意書質問 答弁 公安調査庁ホームページのテロ組織一覧に関する質問主意書質問 答弁 自然関連財務情報開示タスクフォースに関する政府の対応に関する質問主意書質問 質問 子供への性犯罪者データベースの活用に関する質問主意書質問 質問 カスタマーハラスメントの増加に関する質問主意書質問 質問 北朝鮮サイバー攻撃への対策に関する質問主意書質問 質問 訪朝する邦人サッカーサポーターの安全確保に関する質問主意書質問 質問 パンデミック条約への交渉姿勢に関する質問主意書質問 質問 北朝鮮とロシアの軍事協力に関する質問主意書質問

日本企業による強制労働の利用に関する質問主意書質問 答弁 安保理における金正恩委員長の人道犯罪責任追及に関する質問主意書質問 答弁 ウイグル人強制労働についての政府の認識に関する質問主意書質問 答弁 高麗航空に対する制裁措置に関する質問主意書質問 答弁 朝鮮総連中央委員及び専従職員に対する制裁措置に関する質問主意書質問 答弁 ロシア支援国へのODAに関する質問主意書質問 答弁 北朝鮮による人道に対する罪に関する質問主意書質問 答弁 日本人に不動産取得を認めていない国の者に対する日本の不動産取得に関する質問主意書質問 答弁 農地所有適格法人に対する外資規制の導入に関する質問主意書質問 答弁 国立国会図書館の蔵書のデジタル化を基盤としたエビデンス検索エンジンの構築に関する質問主意書質問 答弁 国外製スマートフォンアプリケーションの位置情報提供の強制に関する質問主意書質問 答弁 同意のないわいせつ動画像の削除義務に関する質

電気料金値上げ問題で河野太郎大臣の蛮勇に期待したい。
私が消費者担当大臣として電気料金の値上げ幅削減を実現したのが10年前。
当時は原発事故の直後でエネルギー政策への注目が集まった時期。
しかし、改革に対する電力会社の抵抗は極めて強烈だった。
私が東京電力に改革を求めたのは特権的な待遇。
例えば当時の東京電力では社会保険料の会社負担割合が7割だった。
これを一般企業並みの5割負担にするなどの改革案を作成した。
国民目線に立った提案だったが、特権を失う会社側の抵抗は極めて激しく、連日大きな圧力にさらされることになった。
しかし、震災直後という当時の状況を鑑みれば、国民生活を守るために改革はどうしても譲れない一線だった。
結果として、改革は実現し特権を失った電力会社からは激しい怒りを買った。
大きなリスクを負って勝ち取った値上げ幅圧縮は大臣時代の功績として評価された。
河野大臣も激しく恫喝されるだろうが国民のために

2月11日、朝8時からウズラ・ゼヤ米国務次官(民主主義・人権担当)と人権外交議連の国会議員4名でモーニング・ディスカッションを行った。
私から次官への質問は次の2点 ①アメリカで昨年6月に施行されたウイグル強制労働法の施行状況 ②G7など人権問題で価値を共有する国際チームで強制労働を排除するルール作りの可能性  アメリカで昨年6月に施行されたウイグル強制労働法の施行状況について。
このアメリカの新法ではサプライチェーンにウイグル産品が含まれる場合には、その過程で一切強制労働がないことを証明しなければ輸入禁止ができる。
いわば推定有罪の性格を持つものです。
この強烈な新ルールが実際に実行されているか、つまり適用を受けて輸入禁止になった商品があるのかどうか、日本側に情報がなかったため、これに対してゼヤ国務次官は「アメリカ本国側に確認をして情報を松原さんにシェアします」と約束してくれた。
② 加えて、私案としてサプライ



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部