政治家・後藤 茂之氏のホームページの評価と最新情報


  目次
後藤 茂之氏のホームページの最新書き込み、最新情報
後藤 茂之氏のプロフィール
後藤 茂之氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


後藤 茂之氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区長野
議員以前の職
ホームページhttp://www.510.to/



後藤 茂之氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2001/09/12


コメント 後藤 茂之氏のホームページは、ただいま調査中です。

後藤 茂之氏のホームページの最新書き込み、最新情報


後藤 茂之氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 
1.こども・子育て政策の当面の集中的な取組である『加速化プラン』の予算規模3.6兆円程度について、 (1)既定予算の最大限の活用等【1.5兆円】のほか、徹底した歳 出改革等を行い、それによる公費節減の効果【1.1兆円】と社会保険負担軽減の効果を活用することとし、 (2)歳出改革と賃上げによって実質的な社会保険負担軽減の効果を生じさせ、その範囲内で、支援金制度【1兆円】を構築することにより、全体として、実質的な負担が生じないこととしています。
      2.既定予算の最大限の活用等については、子ども子育て拠出金など既定の保険料等財源や社会保障と税の一体改革における社会保障充実枠の執行残等の活用により、1.5兆円程度の確保を図ります。
3.歳出改革による公費節減については、これまでも、社会保障関係費の伸びを自然増から「高齢化」による増加の範囲内にとどめるという「目安」を達成する中で、こども関係

1.2月8日8:00からの「こども・若者」輝く未来創造本部、政調内閣部会合同会議において、「子ども・子育て支援法等の一部を改正する法律案」が取りまとめられました。
本法案は、全世代型社会保障制度改革大臣として作成した昨年6月の「こども未来戦略方針」や、昨年12月の「こども・若者」輝く未来創造本部長として取りまとめた「こども未来戦略」を踏まえ作成されたものです。
      2.給付の拡充として、(1)児童手当の抜本的拡充をはじめとした、ライフステージを通じた子育てに係る経済的支援の強化、(2)「こども誰でも通園制度の制度化」「児童扶養手当」の第3子加算額の引上げ、ヤングケアラーに対する支援強化など全てのこども・子育て世帯を対象とする支援の拡充、(3)両親が育児休業を取得した際にいわゆる手取り10割を実現する出生後休業支援給付の創設など、共働き・共育ての推進を行います。
3.財政基盤の強化に当た

1.「中長期の経済財政に関する試算」が公表されました。
経済の中長期的な展望については、 ①ベースラインケース:全要素生産性(TFP)上昇率が直近の景気循環の平均並み(0.5%程度)で将来にわたって推移するシナリオ。
中長期的に実質・名目0%台半ばの成長。
②成長実現ケース:TFP上昇率が、デフレ状況に入る前の期間   の平均1.4%程度まで高まるシナリオ。
中長期的に実質2%程度、   名目3%程度の成長。
 2.いずれのケースにおいても、2025年度に赤字が残るが、成長実現ケースでは、歳出効率化努力を継続した場合、2025年度のPB黒字化が視野に入ります。
公債等残高対GDP比については、ベースラインケースでは、2020年代後半に上昇に転じ、成長実現ケースでは、PBが黒字化する中で徐々に低下する姿が示されました。
3.試算結果において2024年度から2025年度にかけて大幅にPBが改善していますが

1.2月1日、第23回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nano tech 2024)の開催を記念して、nano tech実行委員会およびナノテクノロジービジネス推進協議会の共催によるナノビズ・ネットワーキング・レセプションが有明で4年ぶりに盛大に開かれました。
レセプションにおいて、ナノテク議連事務局長として、挨拶、乾盃、鏡割りをさせていただきました。
 (注)①nano tech実行委員長:川合知二    (新エネルギー・産業技術総合開発機構)   ②ナノテクノロジービジネス推進協議会会長 森川宏平((株)レゾナック・ホールディングス代表取締役会長)   ③協賛スポンサー:Deep Tech Canada、オランダ王国、日欧産業協力センター、韓国ナノ融合産業研究組合、台湾国家科学及技術委員会       2.ナノテクノロジーは、物理から化学まで広く技術の粋を結集したものであり、半導体材料が挙げられるように、素材の大きさや形を精緻に制御できる我が国の強

1.29日の党税調正副会長会議、小委員会、総会において能登半島地震をうけた税制上の特別措置について方針をとりまとめました。
年末の通常の税制改正プロセスとは異なり、確定申告に向けて時間が限られている中、早急に対応すべき事項を、22日、26日の税調インナーにおいて、事前に検討した案を税調に提示した上で小委員長代理【注】として会議を進行し、上記の案で決定をいただきました。
 【注】税制調査会インナー宮沢洋一会長、甘利明顧問、加藤勝信小委員長(前小委員長代理)、後藤茂之小委員長代理(前副会長)、森山裕副会長、塩谷立副会長、石田真敏副会長、福田達夫幹事        2.地震を含めた自然災害で被害を受けた方々については、熊本地震等を受けたこれまでの対応により、法改正なしで様々な税制上の支援が可能です。
続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

1.1月26日、国会が招集されました。
本会議において衆議院災害対策特別委員会の設置が決議され、本会議後に開かれた衆議院災害対策特別委員会において、委員長に選任されました。
1月1日16時10分に石川県能登地方で発生したマグニチュード7.6、最大震度7の大地震によって、1月26日7:00現在236名の死者、重傷者319名の人的被害が発生しています。
石川県における住居被害総数は約41,834棟におよび、未だ現在避難中の方は457箇所14,556人に達している状況です。
政府も全力を尽くしているところですが、国会としてあらゆる対応を図って参ります。
本国会中は、引き続き予算委員会にも所属します。
        2.昨年10月末に、経済再生大臣・全世代型社会保障制度改革担当大臣を辞職後、茂木幹事長の後を引き継いで任命された「こども・若者」輝く未来創造本部長として年末には『こども大綱』『こども未来戦略方

1.能登地方を震源とする最大震度7の地震が引き起こした広範囲にわたる甚大な被害に対して、道路の啓開やプッシュ型支援等による物資の支援など政府一体となって災害応急対策に取り組んできていますが、今なお多くの方々が厳しい生活を余儀なくされています。
「先が見えない」という現地の皆様の不安に応えるとともに、被災された方々が再び住み慣れた土地に戻ってこられるよう、緊急に対応すべき政策が「パッケージ」として取りまとめられました。
被災者の立場に立って全力で取り組みます。
財政措置については令和5年度、6年度の予備費を活用し、機動的に手当てをしています。
【 】内は本日決定される予備費使用1,553億円の内数になります。
        2.生活の再建(1)  ①・ホテル、旅館等への2次避難の利用額基準の特例的引上げ(7,000円⇒10,000円)、・恒久的にも使える地域型の木造住宅の活用等 【438億円】。
 

1.自民党派閥パーティーで政治資金のキックバック(還流)があったとされたことに端を発した政治資金の透明性の問題が、国民の大きな不信を引き起こしています。
ノルマ以上に販売したパーティー券の販売額を派閥の政治団体、受け手の政治資金報告のいずれにも記載することなく、政治資金の「出」と「入」が不透明になっているような事態は、全く許されるものではありません。
今回、多額のキックバックを受けた3人の議員や派閥の会計責任者などが在宅起訴、略式起訴されていますが、関係者はしっかりと説明責任を国民に対して果たしていくことが必要です。
        2.私自身は、自民党に入党して以来、20年以上無派閥を通しており、派閥に属したことは一度もありませんが、自民党所属議員、また政治家の一人として現状に強い危機意識を持っており、国民の政治への信頼を回復するために果断な対応、改革を進める必要があります。
 3.現党4役を

1.令和6年1月1日16:10に石川県能登地方(輪島の東北東30km付近)において、マグニチュード7.6(暫定値)、深さ16km(暫定値)、最大震度7(石川県志賀町)の直下型の地震が発生しました。
1月2日12:00現在で死者6名、心肺停止者4名の被害が確認されており、住家被害は現在各県において調査中ですが、大きな被害が出ていることが予想されます。
避難状況は、3県合計で955箇所57,360人(うち石川県423箇所40,688人)となっています。
        2.火事は未だ消火の活動中ですが、ライフライン等の状況については、1月2日11:20現在、停電33,000戸(うち石川県32,900戸)、断水4県24市町、携帯電話についてはエリア支障が報告されています。
新潟県、富山県、石川県及び福井県の計35市11町1村に災害救助法の適用を決定しました。
 3.まずは、① 倒壊建物からの人命救助、② 穴

令和6年 年頭にあたって 2024-01-01 09:50:47

1.あけましておめでとうございます。
迎える新年が皆様お一人おひとりにとってより良い年となることをお祈り申し上げます。
        2.本年の干支は「辰(龍)」です。
龍は十二支の中で唯一、伝説上の生き物で天高く昇ると言い伝えられています。
内外の厳しい課題解決に全力で取組み、日本の未来を切り拓いていきたいと思います。
現在問題となっている政治資金問題についても、党一丸となって対応し、説明責任を果たすことで、国民の信頼回復が図れるようしっかり取り組まねばなりません。
責任ある政策の実現を進めて参ります。
 3.国内では四半世紀のデフレの悪循環を脱し、昨年の賃上げ率が3.6%と30年ぶりの高水準となり、30年来のデフレ脱却、新たな成長段階に突入するチャンスを迎えています。
一方で足元では物価高が続き、デジタル・グリーンといった成長分野への投資も主要国と比べて遅れています。
そこ続きをみる『著作権保護のた



政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部