政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

伊東 良孝 衆議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

大雨の影響で道東自動車道の占冠IC~十勝清水IC間【通行無料】になっています 2022-08-17 17:33:00

北海道大雨による影響で避難勧告を受けている皆様に心からお見舞いを申し上げます。
土砂流入災害による国道274号線(日勝峠)の通行止めが発生しており、通行止め解除になるまでの間、「道東自動車道の占冠IC~十勝清水IC間」を【通行無料】としていますので、ご活続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

長谷川 岳 参議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

大雨による被害状況を確認 2022-08-17 13:48:18

このたびの道内を襲った大雨による影響で避難指示が出された各地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに各地域で復旧に務められている皆様に感謝を申し上げます。
各地域より被害状況の確認をしており、観測史上最大の降水量となった今金町では、収穫を目前に控えた農作続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

伊東 良孝 衆議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

釧路戦没者追悼式並びに慰霊大祭・釧路市民戦災死没者慰霊式並びに平和祈念式に出席 2022-08-16 18:13:57

北海道連合遺族会の理事長として「釧路戦没者追悼式並びに慰霊大祭」そして「釧路市民戦災死没者慰霊式並びに平和祈念式」に出席しました。
先の大東亜戦争が終わりを告げてから早くも77年を迎え、また釧路市の誕生から100年の節目の年でもあり、改めて平和の尊さを祈らずにはいられません。
今世界に目を転じますと、新型コロナウイルスの蔓延により私たちの暮らしは一変し、またロシアのウクライナ侵攻により、罪のない多くの命が奪われ平和の尊さを最も痛感している戦没者遺族続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

伊東 良孝 衆議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

3年ぶり開催!お祭りラッシュ(益浦夏まつり・春採湖水まつり・しべちゃ夏まつり) 2022-08-14 15:51:56

お祭りラッシュ! くしろ益浦夏まつりも第11回を迎えました。
平成14年に閉山した太平洋炭礦を釧路コールマインが引き継ぎ採炭を再開、海外への技術提携はもとより、平成27年の釧路火力発電所の設立により、東北海道でのエネルギーの安定供給および石炭の地産地消により近年問題とされておりますCO2の削減にも取り組まれています。
このヤマの灯を絶やさぬよう守り続け、皆様の生活に根付いたお祭りがこれからも引き継がれていきますようお祈りしています。
益浦夏まつりのあとは、春採湖水まつりに参加してきました。
こちらの会場も家族連れの皆さんで賑わっていて盛況でした。
この春採の美しい自然をこれからも守り続け、市民憩続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

伊東 良孝 衆議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

北方領土返還要求根室市民大会 2022-08-08 09:09:31

北方領土返還要求根室市民大会が開催されました。
ソ連による不法占拠から77年という長い年月、故郷返還を願い訴え続けた元島民皆様の平均年齢も86歳を超えようとしています。
ロシアによるウクライナ侵略により更に厳しい現状とはなりましたが、この願いを次の世代に繋げるために続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

今年6月に就任された北海道観光振興機構 小金澤健司 会長はじめ役員の皆様がご来訪されました。
札幌では今日から3年ぶりに「すすきの祭り」が開催されますが、全国有数の歓楽街である「すすきの」や、道内続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

本日も来年度予算に向けた要望活動として、道内から皆様がご来訪くださいました。
根室地方総合開発期成会として根室管内1市4町の首長の皆様、北海道議会建設委員会、北海道議会水産林務委員会ならびに関係続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

長谷川 岳 参議 北海道 自民 ホームページ評価:未評価

安倍元総理に応援入り戴いた翌日に 2022-07-22 18:53:19

7/2、室蘭に選挙応援で入って戴いた翌日、地元紙「室蘭民報」一面にカラーで掲載された記事を戴きました。
このときに安倍元総理と交わしたグータッチが最後となってしまいました。
本日の閣議で、安倍晋三元内閣総理大臣の「国葬儀」(国葬)が9月27日に日本武道館で行われることが決まりました。
改めて、これからの日本のため尽力する決意であります。
本日続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

テーマ別 政治家情報