政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 来月、衆議院国会対策委員会の関係で、キューバを訪問します。
 大学の卒業旅行で、ジャマイカを訪問したのがカリブ海諸国の唯一の経験ですので、非常に楽しみにしています。
 サトウキビの島、陽気な国民性、そして、キューバ危機等、安全保障の要所である点など、沖縄との類似点が多いイメージがありますが、書物や文献を捲ってみると、社会主義国やアメリカとの長い緊張関係といった制約要因があったが故に、統合医療や農業の自給率の向上や、高等教育の進学率世界一の達成など、その歴史と国家運営には、様々な挑戦の軌跡を感じ、インスピレーションがそそられます。
   

河井克行 衆議 広島3区 自民 ホームページ評価:未評価

ベトナムとオーストラリアを訪れました 2017-07-22 15:24:46

安倍晋三内閣総理大臣のご指示により、今週17日月曜日から21日金曜日までベトナム社会主義共和国とオーストラリア連邦へ出張しました。
安倍総理大臣のメッセージを伝え、安全保障協力、海洋安全保障、北朝鮮問題、TPPなどにつき実に有意義な意見交換を行いました。
ベトナムでは、フック首相、リック国防大臣、チン党中央組織委員長らと会談。
またフック首相に紹介され、ラオスのファンカム国家副主席とも立ち話を交わしました。
昼メシは大好きなフォーを本場で舌鼓を打ちました。
つづいてシドニーでは、ターンブル首相最側近のシノディノス産業・イノベーション・科学大臣、キング外交担当首相上級補佐官、アンスティ国家安全保障担当首相上級補佐官らと会談。
シノディノス氏とは一昨年11月に官房長官当時に会談して以来の再会でした。
ハノイは蒸し暑い豪雨、シドニーは一転して日本の十一月くらいの寒さで、帰国したら東京は梅雨明けの猛暑でした。
しかも、四泊

松田学 衆議 南関東 維新 ホームページ評価:未評価

トランプ政権の政策と日本の経済、金融、通商等に与える影響をどうみるか~松田まなぶの講演~ 2017-07-15 22:30:19

 過日、東京茅場町の金融ファクシミリ通信社セミナーにて、「トランプ政権の政策と日本の経済、金融、通商等に与える影響をどうみるか」と題した講演をいたしました。
 質疑応答含めて、途中休憩を除けば3時間と、長い講演でしたが、激動する国際社会の中での日本の進路をじっくり考える講演をさせていただきました。
 そのレジュメと動画を掲載します。
< レジュメ>  1.トランプ政権の誕生が意味するもの(1)民主主義の危機?と政治的トリレンマ(2)トランポノミクスで世界経済は新しい局面に?(3)強くない米国大統領権限と政策への信認の喪失 2.攪乱される国際経済と日本の対応(1)貿易赤字= 損失という誤解とマクロ経済への無理解(2)米国は対外赤字で豊かになっている国(3)基軸通貨国の米国が有する特権と米国が負う責務(4)トランプ政権の通商政策の何が問題なのか~「公正」とバイラテラリズム~(5)米国がTPPに乗る日が

菅義偉 衆議 神奈川2区 自民 ホームページ評価:未評価

EPA:EU市場を取り込み、日本の活力へ 2017-07-15 19:20:00

今月6日、安倍総理は欧州連合(EU)との首脳協議に臨み、日EU経済連携協定(EPA)について大枠合意に達したことを確認しました。
人口6億人以上、世界のGDPの約3割、世界の貿易の約4割を占める、日本とEUによる、世界で最大級の規模の自由な先進経済圏が新たに誕生することになり、アベノミクスを加速させるものです。
安倍内閣は経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)を成長戦略の重要な柱と位置づけ、EUとも協定を締結すべく4年前から交渉を進めてきました。
攻めるべきは攻め、守るべきは守り、国益の観点から、最善の道を全力で追求し、昨年11月には日EU経済連携交渉に関する主要閣僚会議を設置し、政府一丸となって交渉にあたり、今回の合意に至りました。
市場開放等による貿易・投資の活発化、雇用創出、企業の競争力強化など、巨大なEU市場を取り込むことで、経済成長につながります。
EPAが発効した時点で日本から

篠原孝 衆議 長野1区 民主 ホームページ評価:未評価

羨むべきJEFTA・TTIPに対するEUの基本戦略-日本の経済外交は自国の金儲け以外の理念はゼロ― 17.07.12 2017-07-12 14:51:52

<交渉が中断したままのTTIP> 太平洋をまたぐTPPは頓挫したのに対し、大西洋をまたぐTTIP(Transatlantic Trade and Investment Partnership)は一体どうなっているのか。
これが私の今回のブリュッセル行きの関心事の一つであった。
結論を言うと、TPPはアメリカの離脱で完全に死んだのに対し、TTIPは一応まだ生き残っているが、前途は多難のようだ。
 オバマ政権が対応力を失ったことと、それに続く自由貿易協定に反対するトランプ政権の誕生により2011年9月以来、交渉は中断している。
ロス商務長官は二国間協定だから進めてもいいと発言しているが、ナバロ国家通商会議議長は、EU は28カ国が加盟国であり、マルチと同じだからといって乗り気でない。
ライトハイザーUSTR代表は、早くとも9月のドイツの総選挙の後、今年の年末だと、どうとも取れる発言を繰り返すだけで態度は不鮮明である。
閣僚クラスとしては最後になった公聴会でも、再三にわたり議会と相談するとしか答えていない。
トラン

篠原孝 衆議 長野1区 民主 ホームページ評価:未評価

JEFTA(日EU・EPA)は政治的合意そのもの-獣医学部で畜産振興のふりをしつつ、JEFTAで酪農を痛めつけている大矛盾-17.7.11 2017-07-11 18:56:26

 私はTTPを必死に追いかけてきた。
もちろん日EU・EPAも気になったが、やはりアメリカの強引なやり方が許せないばかりでなく、日本の軟弱な対応に腹が立ち、TPPファーストで日EU・EPAは二の次だった。
 しかし、今回、TPP11のハノイ出張と同様に極めてにわか仕立てでのブリュッセル出張となった。
7月5〜8日まで滞在し、例によって4グループの関係者と意見交換したが、その席でJapan-EU Free Trade AgreementがJEFTA(ジェフタ)と呼ばれていることを初めて知った。
たぶん日本ではほとんど使われていないだろう。

郡司彰 参議 茨城 民主 ホームページ評価:未評価

水害被災、お見舞い申し上げます 2017-07-07 12:35:12

 7月に入り、九州を中心に水害による被災地の報道が増えています。
昨年の地震からの復興も、その途上であるのに加えてである事を想うと、行政として成せるべきは最優先で行う必要を痛感しています。
被災された方々にお見舞い申し上げます。
 6日に日欧EPA(経済連携協定)が大枠合意に達したと報じられました。
安倍総理は現地でEU首脳と会見し、「自由貿易を維持できた。
」と語りました。
 これからは、交渉の経過と国内への影

篠原孝 衆議 長野1区 民主 ホームページ評価:未評価

【加計シリーズ6】 読売新聞の限度を越えた偏向報道 -新聞(マスメディア)の本務は権力の監視・抑制ではないか- 17.07.03 2017-07-03 16:17:16

 私はTPPに関する五大紙の盲目的「TPP推進」の論調にずっとクレームをつけ続けてきた。
山本七平ではないが、ユダヤ教では「全会一致の決議は無効」というのに、日本の全国紙の経済部は、グローバリズム、経済成長、競争原理、規制緩和・・・といった20世紀の古い価値観に完全に汚染されてしまったようだ。
アメリカがTPPから離脱してもまだ揃ってTPPに固執していることが異様に映る。
<新聞も加担して戦争に突き進んだ日本> 戦前の新聞は地方紙を含め、戦争に加担する記事のオンパレードになってしまったが、幸いにして今回は大半の地方紙がTPPに反対した。
地方の疲弊がよくわかるからである。
 原発については、朝日、毎日が反対の立場であり、読売、サンケイ、日経が推進、そして東京新聞は絶対反対である。
私は新聞によって主張・論調が異なって当然だと思っている。
アメリカが離脱してもまだTPPに固執していることに情けなくなる。

大野元裕 参議 埼玉 民主 ホームページ評価:未評価

【大野もとひろ国政報告会】 2016-12-10 09:23:40

今国会も会期末を迎えようとしております。
今国会では、外交防衛委員会並びに情報監視審査会の筆頭理事、TPP特別委員会理事及び党副幹事長として、南スーダンPKO部隊への駆けつけ警護任務付与、TPP協定、ロシアにおける対艦ミサイル配備等について質問を行い、あるいは自衛隊救急救命法案起案等に取り組みました。
再延長の噂もありますが、12月18日(日)に、今国会の活動報告を行わさせていただきます。
アットホームな形で行いますので、お時間が合う方は、ぜひご参加くだ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

小泉進次郎 衆議 神奈川11区 自民 ホームページ評価:25/100点

自民党の農業改革案が決定しました 2016-11-26 00:55:36

こんばんは、小泉進次郎です。
今日は、自民党の農林部会の合同会議が開催され、私が委員長を務める農林水産業骨太方針策定プロジェクトチームのとりまとめ案を含む農業改革案が、党からの了承を得ました。
昨年10月、自民党の農林部会長に就任し、その後すぐ11月にTPP対策案をまとめました。
その際、農林水産業骨太方針策定プロジェクトチームを設置することを決め、約1年かけて、全国各地様々な農業の現場の方々、農業関係の団体・企業と議論を重ねてきました。
私のプロジェクトチームがまとめた方針に関しての詳細はこちらをご覧ください。
http://shinjiro.info/281125.pdf 今回のとりまとめは、今日合同会議を開催した他のプロジェクトチーム・小委員会の案と合わせて、来週には政府の「農林水産業・地域の活力創造プラン」に反映される予定です。
今日、とり続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

高橋克法 参議 栃木 自民 ホームページ評価:未評価

「参議院TPP特別委員会」にて質問に立ちました 2016-11-18 07:12:28+00:00

『「参議院TPP特別委員会」にて質問に立ちました』。
秘書です。
11月15日(火)午前、TPP特別委員会にて議員が質問に立ちました。
質問終了後、NHKや参議院ネット中継を視聴された方々から、「非常に的を得た良い質問でわかりやすかった。
栃木のため、日本のために頑張って欲しい」など、多くの激励の...

山本太郎 参議 東京 生活 ホームページ評価:39/100点

Profiting from injustice(不正義によって利益を得ること)概要ページ翻訳 2016-11-16 23:23:29

先日のTPP特別委員会、山本太郎の質疑の中でご紹介した「Profiting from injustice」(不正義によって利益を得ること)、というレポートの件。
企業によるロビー活動が、政策、政治をゆがめないように調査し、監視し、民主的で社会正義にかなった政策提言を行う、欧州の学者や専門家で構成される2つのNGO団体が共同で行なった、投資仲裁に関する調査結果が書かれ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

現在行われている臨時国会で野党が最も力を入れていたのはTPP法案でしたが、今度は与党の年金法案に照準を合わせ「年金カット法案」といつものレッテル貼りして成立阻止を目指しています。
そんな中、11月1日、衆議院本会議で「年金制度改革法案」について質問者の指名を受けました。
何かと難解な年金をどのように分かり易く解説しながら、与党の提案がどれだけ将来を見据えて練られた法案か、そして国民の皆様にいかに納得頂くかを考えに考えて、次のように質問を始めました。
「我が国の年金制度は、現役世代に保険料を納めていただき、それに税金部分を上乗せして、高齢世代を支えるという助け合いの仕組み(賦課方式)で成り立っています。
古くから日本の多くの家庭では、子供が両親を自宅で介護して支えてきました。
そしてやがては自分たちも子供に世話になるのです。
日本は世代間の支え合いを当然のように大切にしてきた国です。
その後、経済が発展していく中

林宙紀 衆議 東北 結い ホームページ評価:未評価

トランプ氏が新大統領に。
そしてTPP。
 2016-11-10 19:37:05

アメリカ合衆国の大統領選挙は、ご存知の通りトランプ氏が事前予想を覆して大接戦を制しましたね。
フロリダ州を獲った時点で、「あ、行くかも。
」という感触が大きくなり、空気感の変動がダイナミックに伝わってきました。
  。
トランプ氏の勝因や今後どうなるかという予想はいろいろな識者が既に表明していますので、そちらに譲るとしまして。

  。
トランプ氏が今までどんなことを言っていたか、というのがイギリスBBCのページに簡潔にまとまっています。
「Donald Trump: 24 things the next president believes」。
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-34903577。
  。
次期大統領の24の信条、とでも訳せるかと思いますが、こちらにはお馴染みの「イスラム教徒はアメリカに入れるな」とか「シリア難民はトロイの木馬だ」とか過激なこともある一方、「すべての人に対して減税を行う」とか、「政府関係の職にあった人は退職後5年間ロビイストになるのを禁止する」「最低賃金を上げ

小泉進次郎 衆議 神奈川11区 自民 ホームページ評価:25/100点

TPP特別委員会で質問に立ちました 2016-10-18 20:11:24

こんばんは、小泉進次郎です。
昨日のTPP特別委員会で、TPPと農政改革について安倍総理に質問をしました。
20分と短い時間でしたが、TPP交渉の情報開示や、総理の農業の構造改革に対する決意について伺いました。
持続可能な農業、若い世代が参加してくれる農業、農家の皆さんが自由な経営を展開できる農業の実現に向けて、構造改革を進めていくという方向性を確認できた質疑になりました。
この時の映像は衆議院のビデオライブラリに公開されていますので、よろしければご覧ください。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex= VL& deli_id= 46080続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

小泉進次郎 衆議 神奈川11区 自民 ホームページ評価:25/100点

群馬・千葉の農業現場を視察しました 2016-09-27 22:53:01

こんばんは、小泉進次郎です。
昨日から臨時国会が始まりました。
今国会では、TPP承認案・関連法案の審議が大きな焦点となりますが、国会日程が入らない土日を中心に、農林部会の全国キャラバンは続けていく予定です。
先週末は群馬と千葉を訪問しました。
初日の金曜は、まず群馬県の昭和村で、主にこんにゃく芋などを作っているグリンリーフ株式会社を視察しました。
グリンリーフは新規就農者の育成に力を入れていて、未経験者を1年間研修で受け入れ、独立した後の生産物の販売も引き受けています。
こんにゃく芋の収穫を初めて体験させてもらったのですが、こんにゃく芋は春に種芋を植えて、育ったら冬に一度掘り出して保管し、春になったらまたそれを植える、ということを2回繰り返してやっと収穫に至るそうです。
こんにゃく芋ができるまでに、農家さん達の3年にも及ぶ大変な手間と苦労があるという事を知り、こんにゃくを食べる時の気持ちが大きく変化しまし

テーマ別 政治家情報