政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

平成30年7月豪雨と名付けられた今回の豪雨で、180名近い方々がお亡くなりになられた。
心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りする次第である。
安倍総理はフランスをはじめ、11日から18日までの外遊を取りやめ、被災地へ入った。
かなり前から決まっていた外遊で、各国との関係やTPP交渉の大事な場面もあったはずだが、被災地の救済と復旧、復興を優先した。
当然だと思う。
広島、愛媛、高知、岡山はじめ、各地で、水、食糧、衣類、仮設トイレ、エアコン等続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

菅義偉 衆議 神奈川2区 自民 ホームページ評価:未評価

TPP協定締結:自由貿易体制を力強く推進 2018-07-07 17:20:00

TPP11協定の国会承認、関連法案の成立に続く、昨日の閣議決定により、TPP11協定締結の国内手続が完了しました。
安倍総理が参加表明をしてから5年、激しい交渉や米国離脱など、様々な困難を乗り越えて、国益に適う協定を承認することができました。
TPPは、世界的に保護主義が台頭する中、日本がリーダーシップを発揮して、自由で公正な21世紀型の新しいルールを確立するものです。
人口約5億人、GDP計約10兆ドルの経済圏であり、我が国にとっても、また、アジア・太平洋地域の将来にとっても、画期的な成果です。
現在、メキシコは既に手続を完了していますが、最も経済規模の大きい日本がリード役として、協定の早期発効に向けた機運を高めていきたいと思います。
さらに、11日からベルギーを訪問する安倍総理は、ブリュッセルにおいて、日EU経済連携協定に署名する予定です。
21世紀にふさわしい、高い続きをみる『著作権保護のため

菅義偉 衆議 神奈川2区 自民 ホームページ評価:未評価

森林バンク創設:森林資源を有効に活用する 2018-06-30 20:52:00

先月、森林経営管理法が成立しました。
森林バンクを創設し、意欲ある経営者に森林の集約ができるようになります。
これまでの林野行政を大きく展開する、戦後以来の大改革です。
日本は、国土面積の3分の2が森林で覆われている世界でも有数の森林大国です。
高度成長期に植栽されたスギやヒノキなどの人工林が大きく育ち、50年超のサイクルを経て、伐採の適齢期を迎えています。
木材の自給率も34.8%と30年ぶりの高い水準に達し、これまでの森林を育てる時代から「伐って、使って、植える」という森林を利用していく政策への転換が必要となっていました。
一方で、国内の林業は、木材価格の下落が長期にわたり、伐採などの手入れや管理が十分に行われていない森林も多く見られます。
このままでは、貴重な資源が活用されないばかりか、土砂災害や水害の防止、地球温暖化対策といった森林の多面的機能が充分に発揮されません。
成立した法律では、新たに「森林経

西田昌司 参議 京都 自民 ホームページ評価:45/100点

チャンネル桜の収録 2018-06-29 14:31:41

東京事務所のおかぴです。
本日参議院では本会議が開かれ、今国会の最重要法案である「環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律整備に関する法律の一部を改正する法律案」と「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」の採決があり、可決・成立しました。
TPP関連法の採決にあたり、賛成の立場から自民党の藤川政人先生が討論をしました。
賛成の理由を成長戦略に資する点とアジア太平洋地域に21世紀型の貿易・投資ルールを広げていく上で大きな一歩となることが期待されている点を挙げ、TPPは成長戦略を高める上で必要不可欠であり、アジア太平洋地域に安定と繁栄をもたらす共通の基盤になるものであるため、速やかに成立させなければならない、と述べておられました。
働き方改革では、そのだ修光先生が時間外労働の上限規制の導入、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

西田昌司 参議 京都 自民 ホームページ評価:45/100点

国際戦略セミナー 2018-06-28 17:53:07

東京事務所きょんです今夜の満月はアメリカではストロベリームーン、ヨーロッパではローズムーンと呼ばれているようです。
本日、内閣委員会ではTPP11、厚生労働委員会では働き方改革のそれぞれの法案が最終場面を迎えている中、昼休み時に憲政記念会館で第164回・国際戦略セミナーが開催され、「経世済民こそ政治の使命だ!~今後の日本のあり方について~」というテーマで西田先生の講演がありました。
西田先生は、「安倍内閣になって経済がよくなりつつあるのは事実だと思う」と述べた上で、「その先はもう一段進んでプライマリーバランスではなくて、物価上昇率と金利と賃金の上昇率、このバランスをしっかり見ながら財政を拡大していく、そういうことをもう少し自由にやっていくことが必要。
」としました。
また、東京一極集中の現状には「東京一極集中になっているしくみを止めないと、絶対に地方のデフレは止まらない。
」「国は管理して東京だけ

西田昌司 参議 京都 自民 ホームページ評価:45/100点

働き方改革・TPP 2018-06-26 15:14:16

東京事務所のおかぴです。
本日参議院では、内閣委員会と厚生労働委員会が開かれ、総理に対する質疑が行われました。
内閣委員会ではTPP関連法案について審議され、自民党からは豊田俊郎先生が質問に立たれました。
「米国が離脱したTPP協定は、政府の経済効果分析によるとGDPの押し上げ効果が4割減少するなど、効果を疑問視する意見があるが、我が国においてTPP協定を締結するメリットは」「遺伝子組み換え農産品輸入増大や国民皆保険への影響など、国民の間に不安の声や懸念があるが、TPPの内容に関する情報の提供について、政府はどのように取り組んでいくのか」など、総理に質問されていました。
厚生労働委員会では午前は、働き方改革関連法案について、自民党では石井みどり先生が「働き方改革に関する法律案は、戦後の労働基準法制定以来70年ぶり続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

篠原孝 衆議 長野1区 民主 ホームページ評価:未評価

【食料安保シリーズ2】小国スイスが食料安保を憲法に書き込む-東洋のスイスたる日本はなぜのほほんとしているのか‐ 18.06.07 2018-06-07 16:50:15

<国民の食材安保への不安と行動> 日本と同じような小国スイスが昨年、国民投票により、食料安全保障を憲法に書き込むことを決定している。
 スイスは国土面積僅か413万haと九州とほぼ同じであり、山岳地が多く国土の4割が海抜1300mを超えている。
そのため、放牧を中心とした山岳農業しかできない条件の悪いところである。
それにもかかわらず、1経営体あたりの平均経営面積は、20㏊と日本よりずっと大きい。
しかし、食料自給率も日本と同じような計算はしていないが、かなり低い国である。
 しかし、国民の安全保障に対する関心は高く、2017年9月24日、食料安全保障を連邦憲法に明記するということに対し国民投票が実施され、約8割近くが賛成した。
日本のめったに改正されないいわゆる硬性憲法と違い、よく改正される軟性憲法である。
憲法改正は日本もそうであるが必ず国民投票をもってなされており、今まで何度も改正されてきている。
マスコミ報道には、食料安全保

藤川政人 参議 愛知 自民 ホームページ評価:未評価

愛知県土木研究会総会(6/1) 2018-06-04 10:42:00

愛知県土木研究会総会が名古屋市内において開催されました。
本日の本会議は午前は総理入りでTPP審議が始まり、午後はTPP条約の審議がありました。
散会後直ちに東京駅に向かい総会最後に飛び込みました。
1続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

大野元裕 参議 埼玉 民主 ホームページ評価:未評価

経済産業委員会「生産性向上特別措置法案」等に関する質疑(2回目)のご報告 2018-05-30 22:15:56

前回に続き、5月10日(木)参議院の経済産業委員会において、2回目となる「生産性向上特別措置法案」などに関する質疑を行いました。
今回は主に、諸外国に比べ遅れている「データの利活用」について、我が国企業でも促進していくにあたり、データのセキュリティ面強化の重要性を指摘する一方、諸外国と同じレベルまで統計データのオープン化の範囲を広げるべきと訴えました。
※委員会質疑録の全文リンクはこちら(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/196/0063/main.html) ※「生産性向上特別措置法案」「産業競争力強化法等改正案」の概要(http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180209001/20180209001.html) 【国会質疑の要約】1.日米の経済関係について(大野)日米経済対話に加え、貿易協定についても新たな枠組みが立ち上げられたが、これは日米FTA締結に向けての協議に入ることにつながらないと断言できるか。
(大臣)日米FTAの予備協議の枠組みではない。
(大野)だとすると、なぜ新しい

古賀篤 衆議 福岡3区 自民 ホームページ評価:未評価

先週の出来事(5月21日~28日) 2018-05-29 14:22:29

福岡は昨日より梅雨入り、日々季節は変わっていきますね。
さて、先週の活動報告ですが、国会では22日(火)、24日(木)、25日(金)と本会議、茂木大臣、高鳥厚労委員長、加藤大臣の不信任案が連日野党から出され、記名採決で否決、(反対は青票、青(緑?)の木札を投じます。
)23日(水)、24日(木)、25日(金)と内閣委員会でTPP関連法案、ギャンブル等依存症対策基本法案、特定複合観光施設区域整備法案等を審議、引き続き長時間の本会議、委員会でした。
金曜夜に福岡に帰り、土曜は福岡市農政連今宿分会通常総会や福岡県続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

郡司彰 参議 茨城 民主 ホームページ評価:未評価

国会会期末まで1ヶ月。
 2018-05-21 12:55:16

 今日は5月21日。
国会の会期は6月20日までですので、もし延長無かりせば残り丁度1ヶ月となりました。
 TPPの承認案(条約)は、18日に衆議院外務委員会で、与党委員長の職権で可決され、同日中に衆院本会議へ緊急上程して採決。
条約は参議院送付30日後には自然成立しますので、これで会期内成立が確実となりました。
 本日以降はIR(統合型リゾート)法案や働き方改革法案など重要法案の、与野党および衆参での攻防

古賀篤 衆議 福岡3区 自民 ホームページ評価:未評価

先週の出来事(5月14日~20日) 2018-05-21 10:52:13

先週の国会は14日(月)朝から予算委員会、15日(火)、18日(金)は本会議、16日(水)~18日(金)は3日連続で内閣委員会、と慌ただしい日々でした。
16日の内閣委員会では質疑に立ち、TPPの農林水産分野に関連した質問に対し、茂木大臣、上月政務官等から答弁いただきました。
貿易、通商のグローバル化が進展しても、国内の農林水産業が振興し続けるよう取り組んでまいります続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

中山泰秀 衆議 近畿4区 自民 ホームページ評価:未評価

経済効果GDP実質7兆8000億円(約1.5%)押し上げる、TPP協定を可決させました。
 2018-05-19 13:56:28

TPP国会承認求める議案 衆院外務委で可決 衆院本会議へ5月18日 11時51分TPP NHKニュースよりこのニュースは、衆議院本会議前のニュースとなります。
従いまして当日は、午後1時から衆議院本会議が開会され、外務委員会から上程した議案が可決されました。
環太平洋連携協定TPP11。
国内総生産(GDP)が実質で7兆8000億円(約1.5%)押し上げられる。
以下、NHKニュースより日本など11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案は、衆議院外務委員会で、自民・公明両党などの賛成多数で可決されました。
与党は、18日午後の衆議院本会議に緊急上程して、採決したい考えです。
日本など11か国が参加するTPP協定は、アメリカが参加していた当初の協定の内容をほぼ踏襲する一方、アメリカが将来、復帰することも念頭に、一定続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

中山泰秀 衆議 近畿4区 自民 ホームページ評価:未評価

【TPP国会承認求める議案 衆院外務委で可決 衆院本会議へ】5月18日 11時51分TP... 2018-05-18 23:49:33

【TPP国会承認求める議案 衆院外務委で可決 衆院本会議へ】 5月18日 11時51分TPP NHKより 日本など11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案は、衆議院外務委員会で、自民・公明両党などの賛成多数で可決されました。
与党は、18日午後の衆議院本会議に緊急上程して、採決したい考えです。
日本など11か国が参加するTPP協定は、アメリカが参加していた当初の協定の内容をほぼ踏襲する一方、アメリカが将来、復帰することも念頭に、一定期間、効力を停止する22の「凍結」項目を定めています。
TPP協定の国会承認を求める議案は、18日の衆議院外務委員会で、質疑のあと採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会、希望の党の賛成多数で可決されました。
続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

山田俊男 参議 比例 自民 ホームページ評価:65/100点

「過去20年の農政のあり方を考える」―地域の農林水産業振興促進議連、生源寺教授からヒアリング― 2018-05-08 10:24:46

4月に開催した第2回総会で、食料・農業・農村政策審議会の会長等を歴任された福島大学の生源寺教授より、現下の農政に対する問題提起と危機感をご披瀝いただいたので、その内容を紹介します。
【ここ20年で、大きく振れた農政、政権交代も原因】先生の指摘は、以下の点でした。
(1)ここ20年間に、次のような変化で、政策の大きなブレが生じていることだという。
・ 1999年の食料・農業・農村基本法制定以降、2007年の参議院選挙で自民党が大敗し、2009年に民主党政権に移行し、兼業農家や小規模農家も含めて支援する戸別所得補償制度を採用した。
しかし、その後の民主党政権下で、2010年にTPP参加への前向きな動 きが出て、民主党政権でありながら、農政の方針が大きく変わった。
・ その後、2012年に、第2次安倍政権に移行し、再度の政策転換が生じた。
TPP交渉から、合意へと進み、成長戦略を高く掲げた政策が前面に出ることとなった。
・ そして、最も大き

菅義偉 衆議 神奈川2区 自民 ホームページ評価:未評価

TPP11協定:新たな貿易の取組を主導 2018-03-17 17:42:00

先週、チリにおいて茂木TPP担当大臣が他の10か国の代表と共にTPP11協定に署名しました。
米国が離脱するという困難を乗り越えて、日本が各国を主導しての署名は、日本にとってもアジア太平洋地域にとっても画期的な成果です。
この協定は、成長著しいアジア太平洋地域における自由で公正な経済秩序の更なる拡大の礎になるという、経済的・戦略的に大きな意義があります。
単に関税を下げるだけでなく、1、知的財産保護、2、環境・労働規制、3、国有企業の競争条件の規律など、幅広い分野について、二十一世紀型の自由で公正なルールを、アジア太平洋地域に創り出すものです。
市場開放等による貿易・投資の活発化、雇用創出、企業の競争力強化など、公正なルールに基づく自由貿易体制のもと、巨大な市場を取り込むことは続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

末松信介 参議 兵庫 自民 ホームページ評価:未評価

平成29年度補正予算が成立しました 2018-02-02 10:50:45

平成29年度補正予算が成立しました。
追加歳出は2兆7073億円。
内訳は、①生産性革命・人づくり革命4822億円、②災害復旧等・防災・減災事業1兆2567億円、③総合的なTPP等関連政策大綱実現に向けた施策3465億円、④その他喫緊の課題等への対応6219億円となっています。
前復興副大臣として、毎年のように各地で発生する災害への対応、防災・減災対策、インフラ老朽化対策等に関心を寄せていましたが、自然災害リスク回避等のための防災・減災対策は、今補正で最も大きな4822億円を確保しました続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

後藤茂之 衆議 長野4区 自民 ホームページ評価:低得点

TPP11、3月8日署名へ 2018-02-01 14:53:48

1.1月22日、23日と東京で開かれていたTPP11ヵ国の首席交渉官会合において協定文が確定し、3月8日、チリにおいて署名式を行うことを確認しました。
我が国としても今後署名に向けた国内手続きを進め、TPP11協定及び関連国内法案を今国会に提出する予定です。
2.TPP11については、我が国の実質GDPを約1.5%押し上げ(2016年度GDP水準で換算すると約8兆円に相当)、労働供給は約0.7%(約46万人)増加させる経済効果があると言われている一方で、TPP11発効による農林水産物の生産減少額は約900~1500億円を見込まれます。
政府としては、すでに着手している農業の構造対策についてはしっかりと取り組んでいかねばなりません。
国全体続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

松田公太 参議 東京 元気 ホームページ評価:10/100点

ベンチャー精神を持ったアーティスト 2017-12-18 12:53:50

起業→国会議員とがむしゃらに働いてきましたが、今年は22年ぶりに少し時間的余裕ができました。
そこで始めたのが油画。
誰かに教わりたいと思ってネット検索をした結果、出会ったのが三浦高宏さんという38歳の素晴らしい画家(東京芸大講師)でした。
芸術の世界にいながらベンチャー的マインドを持って会社を立ち上げ、一人でも多くの人に絵の楽しさを知ってもらいたいと、ITを駆使して基礎カリキュラムをマニュアル化したり、絵画教室に生徒を募集したりしていました。
教えるのもとても上手で、すぐに我流で描こうとする私に、それを否定することなく、分かりやすく基礎を教えてくれました。
私の本を全て読んで頂くださり、経営的な質問を積極的にされました。
政治にも興味を持たれ、TPPのメリットとデメリット(主に著作権分野)で議論も交わしました。
また、小さいお子さんのことや、二世帯住宅の計画のことなど、プライベートに関して、いつも楽しそうに話して

篠原孝 衆議 長野1区 民主 ホームページ評価:未評価

【政僚シリーズ4】自民党の質問時間を長くするといういかがわしい魂胆-政策決定からヒラメ学者、ヒラメ評論家を排すべし- 17.12.05 2017-12-05 15:39:08

<自民党の身勝手な提案> 国会の論戦というのは、予算委員会を中心に国民の関心が高いテーマはNHKでTV中継される。
16年秋の臨時国会ではTPP特別委員会がずっとTV中継された。
その時の与党と野党の質問時間の配分は、野党8・与党2と決まっていた。
ところが突然、今特別国会から5:5にするという頓珍漢なことを言い出した。
与党がずっと人数が多く、本来は議員数に応じて配分されるべきだ、というそもそも論を持ち出したのである。
そんなことを言っていたら、巨大与党ばかりが質問することになる。
そもそもこの割合は、自民党が野党に転じた時に、自民党の強い要求により確立された割合なのだ。

菅義偉 衆議 神奈川2区 自民 ホームページ評価:未評価

TPP等大綱を改定:経済成長を実現させる 2017-11-25 19:25:00

昨日、日EU経済連携協定と先々週に大筋合意したTPP11の発効を見据え、 メリットを最大限に活かすために「総合的なTPP等関連政策大綱」を決定しました。
安倍内閣は経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)を成長戦略の重要な柱と位置づけ様々な枠組みで交渉を進めてきました。
今年の6月には欧州連合との間で、人口6億人以上、世界のGDPの約3割、世界の貿易の約4割という世界で最大規模の自由な先進経済圏を生み出す、日EU・EPAが大枠合意されました。
また、米国が離脱表明をしたTPPについても、我が国が議論をリードし、11月11日に、11カ国によるTPP11が大筋合意に達しました。
市場開放等による貿易・投資の活発化、雇用創出、企業の競争力強続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

テーマ別 政治家情報