政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

菅原一秀 衆議 東京9区 自民 ホームページ評価:未評価

孤高の信念は行動で 2018-07-13 23:54:00

連日、地元で国政報告会やミニ集会を重ねさせていただいている。
すがわら一秀の話を聴いてみようと集って下さる方々に心から感謝の気持ちでいっぱいだ。
今夜も貴重なご意見や質問をいただいた。
皆さん、それぞれの人生があり、生活があり、考えや意見がある。
それをそれぞれぶつけ合うのが、国政報告会であり、ミニ集会。
憲法改正と国民投票法や自衛隊、北朝鮮問題、原発問題、人口減社会と今後の産業構造等々、この他話題は尽きなかったが、多くのご意見をいただいた。
続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

佐藤正久 参議 比例 自民 ホームページ評価:43/100点

東日本大震災復興加速化本部 第7次提言について 2018-07-12 22:25:35

佐藤正久が国内出張中である為、本日党本部で行われた東日本大震災復興加速化本部の会議の様子を秘書から皆様にご報告します。
7月10日の同会議で「復興加速化のための第7次提言(概要)(案)」が示されました。
前回議論されたことを踏まえ、本日の会議では「最終案」が提示されました。
前回7月10日のブログでも紹介しましたが、提言では主に以下の項目が記されています。
■東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水処理の安全かつ着実な実施■帰還促進・生活再建支援と復興再生拠点の整備■産業の自律的な発展に向けた基盤づくり■風評払拭・リスクコミュニケーション等の推進続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

佐藤正久 参議 比例 自民 ホームページ評価:43/100点

東日本大震災復興加速化本部 第7次提言について 2018-07-10 15:17:10

自民党本部で東日本大震災復興加速化本部の総会が開かれ、「復興加速化のための第7次提言(概要)(案)」について、谷事務局長より説明があった。
東日本大震災から7年4ヶ月が経過した。
全般的には、これまでの提言とそれを受けた政府や自治体など関係者による対応により、困難な課題の多くについて、復興は、福島の一部帰還困難区域はあるものの着実に進捗していると評価している。
福島の原子力事故災害被災地域では、帰宅困難区域を除き全ての面的除染が完了し、避難指示が解除された地域もある。
帰宅困難区域について、たとえ長い年月を要するとしても、将来的に全てを避難指示解除するとの決意の下、着実かつ段階的に帰還環境の整備に取り組む必要がある。
他の地域と異なりスタートラインにも立っていないとの認識のもと、帰還に向けて頑張らなければならない。
地震・津波被災地域においては、復興・創生期間が終わる2020年度には復興を成し遂げると

倉林明子 参議 京都 共産 ホームページ評価:未評価

2018年野党共闘を考えるつどい、中京お披露目街頭演説 2018-07-01 06:49:17+00:00

6月30日 中京後援会が、守田敏也さんを招いて、「野党共闘を考える」をテーマにトーク企画を開催しました。
その後、来年4月の統一地方選挙をめざして、中京区の府議、市議2名の予定候補が、お披露目をしました。
守田敏也さんと倉林議員のトーク企画。
1部は中京後援会の会長の挨拶の後、来年4月の統一地方選挙の予定候補・原田府議、平井市議、山田住民運動部長が決意表明しました。
そして2部はトークです。
冒頭に倉林議員が、今国会の様子、働き方改悪法が強行された様子などを含めて、野党共闘の要の日本共産党が自力をつけてこそ、と訴えた後、守田敏也さんが、原発を入り口に多岐にわたってお話されました。
その後、フロアの参加者…続きを読む

川田龍平 参議 比例 維結 ホームページ評価:未評価

米国防総省「地震大国の日本は自然エネ活用すべき」←! 2018-06-27 09:33:05

遅くなりましたが、6月17日、「川田龍平いのちのカフェin八王子」開催しました!🎈今回は「原発推進派を10人中10人論破できる男!(←✊)」の異名を持つ河合弘之弁護士と、311のずっと前から「核とエネルギー問題🔥」を追い続けているドキュメンタリー映画の鎌仲ひとみ監督をゲストに河合弁護士が監督した映画「日本と再生」を上映🎥、その後3人で激烈トークショー🎤いやぁ〜すごかったですねぇ😱この二人の凄まじいエネルギーが⚡️左右からグイグイきて⚡️まさにルール無用の爆弾トーク炸裂💣!鎌中「自民党は22基稼働すると言ってる。
今次々に再稼働してるけど昨日は桜島、南海トラフや首都圏直下型のリスクが高まってるのに防災の観念が抜けている」「311前に日本で原発映画を作っていたのは私だけ。
311後は国内外で400本できた。
みんな覚醒してきている!」 河合弁護士「アメリカは自然エネルギーを軍事に取り入れているが、それが殺戮の為なら疑問。
その辺

「SDGs達成に向けたアジア国会議員会議」に参加する為モンゴルに来ています。
主催である、公益財団法人アジア人口・開発協会の理事長、国際人口問題議員懇談会の名誉会長は、福田康夫元総理であり、明日のオープニングで私がメッセージを代読します。
アジアの人口問題は日本が深くコミットしてきた分野である事を各国の国会議員代表にお伝えする役目もあります。
日本人にとって、モンゴルはモンゴル出身力士による大相撲の牽引など親近感がある国と思います。
人口318万人、家畜6600万頭、面積は日本の約4倍、石炭、銅、ウラン、レアメタル、レアアース等抱負な鉱物資源と潜在力を持つ国です。
私にとっては初めてのモンゴルですが、中国とロシアに挟まれた地政学的特性を考えると、モンゴルが民主主義国家として成長することは日本の安全保障や、北東アジア地域の平和と安定にも深く関わ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

井上義久 衆議 東北 公明 ホームページ評価:未評価

「復興拠点」整備に力注ぐ ~党加速化本部の会合を開催 2018-05-16 22:52:05

5月16日(水)、私が本部長を務める、公明党東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で会合を開き、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域で再び生活できるようにする特定復興再生拠点区域(復興拠点)の整備状況について政府から説明を聞きました。
席上、浜田昌良復興副大臣(公明党)は、4月20日に飯舘村、今月11日に葛尾村の復興拠点の整備計画を政府として、それぞれ認定したことを報告。
復興拠点を

井上義久 衆議 東北 公明 ホームページ評価:未評価

被災地の風評払拭に弾み ~国会内で記者会見 2018-05-11 22:04:33

5月11日(金)午前、私は国会内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故後、被災地を含む10都県の日本産食品を対象に中国が実施している輸入規制に関して、9日の日中首脳会談で両国が撤廃や緩和を協議する覚書を結んだことから、「輸入規制が撤廃、緩和される可能性が出てきた。
風評被害に苦しんでいる被災地にとって大きな前進だ」と強調しました。
その上で、韓国や台湾なども日本産品への輸入規制を行っていることに触れ、「今回の

末松信介 参議 兵庫 自民 ホームページ評価:未評価

国会同意人事で日銀総裁候補の黒田東彦候補者に質問しました 2018-03-06 19:04:50

参議院議院運営委員会において、現日本銀行総裁であり、かつ次期候補者でもある黒田東彦参考人に対し質疑を行いました。
国会同意人事で特に重要な案件は、本会議での採決に先立ち衆参の議院運営委員会において候補者が所信表明を行った後、質疑応答が行われます。
これは日本銀行の総裁だけでなく、公正取引委員会委員長や原子力規制委員会の委員長などが対象です。
今回、割り当てられた時間は30分だったため、内容を絞って4点ほど質問しました。
最初はアベノミクスの三本の矢の1つである「成長戦略」についてです。
実は、2013年に現FRB議長のパウエル氏にお会いしたことがあるのですが、その際、パウエル氏から「成長戦略」について質問されたところ、的確な説明ができず気になっていたのです。
幸いなことに、今回パウエル氏の盟友である黒田総裁に質問する機会をいただけたので、黒田総裁なら中央銀行総裁としてどうお答えするのか、是非とも伺いたかったので

川田龍平 参議 比例 維結 ホームページ評価:未評価

わたしたちの未来にために、わたしたちが選択しよう 2018-02-09 19:50:42

「1日も早く原発ゼロへ」 原発ゼロ基本法案骨子を国民の皆さんと議論する、 タウンミーティング@武蔵野へ参加するために、 武蔵野スイングホールへ来ました。
立憲民主党エネルギー調査会 会長の逢坂誠二 衆議院議員の挨拶に続いて、 事務局長の山崎 誠 衆議院議員の話を聞いています。
この後、参加者の皆さんとのグループワークで、 意見交換をします。
タウンミーティングは、今週続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

渡邉美樹 参議 比例 自民 ホームページ評価:60/100点

生命は大きな流れの中でつながっている 2017-10-08 10:26:05

岐阜県美濃市にて、。
市内の企業4社とワタミが共同出資し、。
地域電力会社「みの市民エネルギー」が。
誕生しました。
設立記念シンポジウムにて。
話をさせていただきました。

私は国会議員として、。
「原発ゼロ、そして自然エネルギー100%普及」を。
環境・エネルギーにおける提言の軸としています。

宇宙服のような防護服を着て。
福島第一原発を視察し、。
やはり原発はなくしていくべきだと、。
強く思いを新たにしました。
例えば、エベレストの山頂付近では。
貝の化石が見つかるのをご存知でしょうか。
エベレストは海底だったプレートが隆起して。
つくられたのです。
何十万年もたてば地球はそれだけ変化します。

放射性廃棄物を地球の下に埋めることは、。
何十万年も人に重大な害を与える。
リスクがあります。
未来の子どもたちにそんな無責任なことは。
できません。

経済産業省は2030年におけるエネルギー全体像。
エネルギーミックスを決定していますが、。

松田公太 参議 東京 元気 ホームページ評価:10/100点

希望の党、最初で最大の経営判断 2017-09-30 11:45:00

9月28日に衆議院が解散となり事実上の選挙戦がスタートしました。
その前日に設立の記者会見を行った希望の党。
綱領や基本政策が見えてきました。
原発は2030年のゼロを目指し、消費税増税は凍結し、安保法制に関しては現実的に展開する。
日本を元気にする会が掲げていた基本ポリシーと瓜ふたつでした。
〔ご記憶の方もいるかもしれませんが、日本を元気にする会は閣議決定という形で安保法制に重要な修正をもたらしています( こちらをご覧ください →  https://ameblo.jp/koutamatsuda/entry-12074824317.html )〕また、指針とした「しがらみのない政治」、議員定数と歳費の削減、行政改革、情報公開、地方分権。
これらも全く同じです。
更に言うと、このような改革に最も力を注いでいたのがみんなの党でした。
ここまで基本政策が合致していると私の中でも自ずと期待感が高まります。
あとはどれ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

テーマ別 政治家情報