政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

政府では、人生100年時代を迎えライフスタイルが多様となる中、お年寄りだけではなく、子どもたち、子育て・現役世代の安心を支えていくため、働き方の変化を中心に据えながら、全世代型社会保障を検討しています。

全世代型社会保障に関しては、2019年9月20日に第1回全世代型社会保障検討会議が開催され、同年12月に中間報告、2020年6月に第2次中間報告、2020年12月14日に最終報告がとりまとめられました。

この間、年金、労働、予防・介護、少子化対策、医療について、それぞれ以下のような成果が上がりました。

●年金。
項目。
概要。
法律。
受給開始時期の選択肢の拡大。
60歳から70歳まで選択可能な年金受給開始時期の上限を75歳に引き上げ。
「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」2020年通常国会。
厚生年金(被用者保険)の適用範囲の拡大。
厚生年金の適用対象とすべき事業所の企業規模要件を500人超から50人超規模まで段階的に引き下げ。

後藤 茂之 衆議 長野 自民 ホームページ評価:未評価

補正予算、臨時国会で成立。
 2021-12-27 08:15:30

1.12月6日から12月21日までの間の16日間、令和4年度予算編成作業と平行して臨時国会が開かれました。
12月20日には令和3年度補正予算が国会で可決され、12月21日には参議院本会議で前年度決算が審議されました。
2.補正予算は、総額31兆5,627億円の巨大な予算となっており、以下の通り、4つの柱からなります。
(1)新型コロナウイルス感染症の拡大防止【18兆6,059億円】  ①医療提供体制の確保等【4兆4,783億円】・緊急包括支援交付金(病床確保等)(20,314億円)、・ワクチンの接種体制・実施(12,954億円)、・治療薬の確保(6,019億円)  ②事業や生活・暮らしの支援【14兆1,276億円】 ・事業復活支援金(28,032億円)・時短に応じた飲食店等への交付金(地方創生臨時交付金)(64,769億円)・住民税非課税世帯に対する給付金(14,323億円)、・コロナ生活困窮者自立支援金(9

川田 龍平 参議 比例 立憲 ホームページ評価:未評価

働いたら生活が良くなる社会 2021-12-16 16:39:07

国会では補正予算の審議がされています。
15日に衆議院を通過し、16日からは参議院で審議が始まります。
今回のテーマは、「18歳以下への給付金支払い方法」です。
最初は、現金5万円とクーポン券5万円分の支給となっていました。
クーポンで支給は、支給日は来年6月頃事務処理費用が約900億円必要自治体には膨大な事務作業が増える販売店は換金の手間がかかる経済効果は未知数、など多くの問題があります。
クーポン支給にはデメリットしかないように思われることから、10万円は一括して現金給付できる法案を提出した結果、無条件で全額現金支給が可能になったことは非常に大きな成果があったと思います。
この他には、「働いても、働いても生活が楽にならない方々」を救済する法律を作ろうとしています。
党内での手続きが順調に進めば、今国会で法案を提出しようと準備しています。
生活困窮者の方々を救済するために、厚生労働部会などでも取り上げてまります。
この

勝俣 孝明 衆議 比例 自民 ホームページ評価:未評価

伊豆縦貫・東駿河湾環状線の要望活動 2021-11-16 23:43:16

こんにちは、かつまた孝明です。
 。
本日は、沼津市の頼重市長、下田市の松木市長がお越しいただき、。
国土交通省・財務省に伊豆縦貫自動車道及び東駿河湾環状道路西区間の。
早期完成に向けた要望活動を行いました。

 。
選挙戦の中でも訴えさせていただきましたが、公共投資をしっかりと。
促していくことによって民間投資が集まり、雇用が生まれ、ふるさとに。
若者が帰ってくることができます。
地元の皆さんの熱い想いをしっかりと後押しをしていく、そして、。
一日も早い完成に向け先頭に立って頑張ってまいります(^^)/。

勝俣 孝明 衆議 比例 自民 ホームページ評価:未評価

世界に誇る静岡6区 2021-10-26 23:05:56

気持ちの良い秋晴れの下、今日は、下田市、賀茂郡、そして、伊東市へ伺いました。
日本国内はもちろん、世界に誇れる観光地ばかり!。
世界中のひとりでも多くの方々に、この美しさを見ていただけるように力を尽くしたい、と考えながら走っていました。

 。

初当選した9年前から、ブレずに一貫して訴えてきた、7つの重点施策があります。

7つの重点施策。
○明確な成長戦略で経済再生・雇用創出。
○世界トップレベルの人財育成・教育改革。
○働く女性、子育て世代を支援し少子化に歯止めを。
○安心・確かな社会保障制度の確立。
○徹底した行財政改革により将来へのつけをなくす。
○国家の主権と領土を守るための毅然とした外交。
○沼津・駿東・伊豆から「日本再生」。
特に7番目の ”沼津・駿東・伊豆から「日本再生」” については、具体的に下記の目標を掲げ、活動してまいりました。
(五輪関連など終了している施策もそのまま掲載します)。
沼津・駿東・

テーマ別 政治家情報